Premiere Pro CC 2015 基本講座

入れ替え編集の方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、シーケンスに配置したクリップの一部分を、プロジェクトパネルのクリップで入れ替える方法について解説します。
講師:
08:36

字幕

ここでは、シーケンスに配置した クリップの一部を プロジェクトパネルのクリップで 入れ替える方法について解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に「06_01」 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 2 つのクリップが配置されています。 このレッスンでは、シーケンスに 配置されているクリップの一部の映像や 音声部分をプロジェクトパネルにある クリップの一部と入れ替える操作を 行ってみます。 最初に入れ替えを行うクリップですが、 シーケンスに配置されているクリップ、 内容をちょっと確認してみたいと思います。 再生ヘッドをドラッグします。 このように犬が家の中から外へ 出ていくというシーンになっています。 次に、プロジェクトパネルの方で クリップを確認します。 dogs going というファイル名の クリップがありますので、 これをダブルクリックします。 ソースパネルに表示されますので、 再生ヘッドをドラッグして中を確認します。 このように、外から撮影している映像で 家の中から外へ犬が出てくる― というシーンになっています。 ここでシーケンスに配置されていた 家の中から犬が出ていくシーンの後に このちょうど外へ出てくるシーンを繋げて 一本のムービーにしようという、 そういった作業を行っていきたいと思います。 まず最初に、家の中から 出ていくシーンですが、どこで分割するのか、 分割位置を決めます。 ちょうどこの犬がまとまって 出ていくシーン辺りでここで 分割してみたいと思います。 分割する時には、レーザーツールを使います。 レーザーツールでクリップを分割すると、 このように通常ですと、 映像部分と音声部分、両方が一遍に 分割されてしまいます。 今回はこの音声部分は分割しないで そのまま使いたいので、 この方法ではちょっと使えません。 ですので、別の方法で分割します。 ちょっと元に戻します。 Windows の場合には Ctrl キーを押しながら、 Mac の場合には Cmd キーを押しながら、 Shift キーを押すと、 1 つ前に戻ります。 このレーザーツールでクリックする時ですが、 Windows の場合には Alt キーを押しながら、 Mac の場合には、 Option キーを押しながら、映像の クリップの上でクリックすると、 今度は映像部分だけが分割されて 音声の方は分割されないで済みます。 次に、外へ出てくるシーンですが、 どこから使うかをまず決めます。 ちょうどこの辺りから使いたいということで、 ここで分割していきます。 分割といってもレーザーツールを使って 分割するというのではなくて、 ここから使いますよ、 というマークを設定します。 ここで「インをマーク」 このボタンをクリックします。 そうしますと、ここに マークインが設定されます。 ここから映像を使い始めるよ、 というかたちでこちらの方に持ってきます。 挿入の仕方ですが、この映像部分を このクリップの上に持ってきます。 ただ、デュレーションが違いますので、 この長さが合っていません。 このようなときには、 Windows の場合には、 Alt キーを押しながら、 Mac の場合には Option キーを押しながら、 クリップの上に重ねます。 そうすると、下になっているクリップと同じ デュレーションに調整してくれます。 ここでボタンを離します。 そうすると、入れ替えてくれます。 ちょっと再生してみましょう。 このように、ちょうどうまく 合わせることができました。 次に、2 つ目のクリップも 同じように映像部分だけを 入れ替えていきたいと思います。 このシーンですが、 中をちょっと確認してみます。 このように、女性と犬が ボールで遊ぶシーンですが、 これに対応したクリップが プロジェクトパネルの方に用意されています。 Barbara とあるクリップですが、 ダブルクリックして中を確認します。 このように、ちょうどこちらのシーンの アップの部分が用意されている、 というかたちになります。 それでまず、2 つ目のこのクリップですが、 どこで分割して入れ替えるか、 というのを決めます。 ちょうどこのボールが地面に着く辺りの ところから前の部分を こちらのアップに入れ替えよう というかたちで作業を進めていきます。 ここでまず、シーンを分割しますが、 ちょっとズームインします。 レーザーツールを使って Windows の場合には Alt キーを押しながら Mac の場合には Option キーを押しながら 映像部分でクリックします。 そうすると、映像の部分だけが分割され、 音声の方は分割されていません。 ここでちょっと前の部分を確認してみます。 このようなシーンですが、ここのちょうど ボールが手から離れるこの位置辺りに 再生ヘッドを合わせます。 これに合わせてソースの方のシーンも 同じところを探します。 大体この辺が同じところですね。 同じところを見付けたら、今度、先程の 分割した前のもの クリップ ここの部分で右クリックします。 右クリックしてメニューが表示されましたら、 メニューの中にある「クリップで置き換え」 これを選択します。 サブメニューが表示されるので、 「ソースモニターから(マッチフレーム)」 これを選択します。 そうすると、ソースの方で選んだシーンと ちょうど同じシーンが シーケンスの方のクリップにも適用されます。 これを再生してみます。 ちょうどうまくボールが手から離れたと同時に シーンが切り替わって犬が追っかけていく というシーンに繋がっていきます。 ここで音声部分をちょっと 入れ替えてみましょう。 再生ヘッドをこの頭の部分に うまく合わせます。 この場合、Shift キーを押しながら ドラッグしていくと、 スナップすることができます。 ここでスナップしました。 ここでシーケンスの方から ちょうどこの映像の部分と マッチする部分を探してきます。 「シーケンス」>「マッチフレーム」 これを選択します。 そうすると、ソースモニターの方 シーケンスの方に配置されているクリップと 一致している部分を見付けてきます。 これはちょうどこの全体のクリップの中で どこを使っているのか、 というのを確認することができます。 今回は頭の部分からの 音声を使いたいので、アウトの部分 これをドラッグしていくと、 長めに取っておきます。 この後、シーケンスの方ですが、 V1 とあるこのソースパッチ これを OFF にしておきます。 この状態で今度はソースパネルの方の 「上書き」 このボタンをクリックします。 そうすると、こちらの方、 シーケンスの方の音声部分が ソースの方のデータに 置き換えることができました。 このように、映像部分ですとか、 音声部分を入れ替えていきます。 ここでは、シーケンスに配置した クリップの一部を プロジェクトパネルのクリップで入れ替える 操作方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。