Premiere Pro CC 2015 基本講座

音声ミキシングの基本

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、オーディオトラックミキサーを利用し、複数のオーディオトラックをまとめて管理する、いわゆるミキシングの方法について解説します。
講師:
06:47

字幕

ここではオーディオトラックミキサーを利用し 複数のオーディオトラックをまとめて管理する 所謂ミキシングの方法について 解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 07_04 というプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 シーケンスのトラックの内 A1 のオーディオトラックには インタビューの音声部分が配置され A2 のトラック、こちらの方にも BGM 用のオーディオクリップ これが配置されています。 ここでミキシングを行うための オーディオトラックミキサーを 表示してみます。 「ウィンドウ」> 「オーディオトラックミキサー」 これを選択します。 オーディオトラックミキサーが 表示されます。 またシーケンスの方なんですけれども こちらの A1 トラックと A2 トラック こちらのキーフレームを表示させるために ちょっと表示幅を変更します。 ちょっと表示を こちらを広げていきます。 これがキーフレームの表示用ボタンです。 A2 のトラックの方もボタンを表示します。 表示できました。 ここでこのボタンをクリックして 現在はクリップのキーフレーム これが選択されていますが トラックのキーフレームの 「ボリューム」 これを選択します。 そうするとこのようにフラットな ラインが表示されます。 同じように A2 の方のトラックも変更します。 キーフレームの表示から 「トラックのキーフレーム」の 「ボリューム」 これを選択します。 そうするとフラットな ラバーバンドが表示されます。 なお、この表示ですけれども メニューから「クリップのキーフレーム」 これを選択すると もとの表示に戻すことができます。 ここでは 「トラックのキーフレーム」>「ボリューム」 を選択しておきます。 ここでオーディオクリップミキサーの方で 今ラインを調整したA1 トラックと A2 トラックのですね ゲインを調整しておきます。 現在 0.0 になっていますので A1 のトラックの方を ここですね 1.0 Enter を押します。 A2 トラックの方、こちらは -1.0 を 入力して Enter を押します。 このオーディオトラックミキサーですけれども それぞれのオーディオトラックを 個別に管理できるんですけども このマスターというのは これらすべてのトラックをまとめて これ一本で管理することができます。 なお、ここでは この A1 トラックなんですけれども この中に配置されているデータを 2つに分けて管理していきます。 事前に設定したものを シーケンスとして準備してあります。 この2つ目のシーケンスなんですけれども こちらをクリックします。 そうするとこのように A1 トラックの中にあったデータ それぞれを分けてあります。 どのように分けてあるかというと これをちょっと確認してみましょう。 トラックを非表示にして A1 トラックの方ですけれども こちらには このバーバラさんという方のインタビューの クリップだけでまとめてあります。 A2 トラックの方には バーバラさん以外の方のインタビューの クリップをまとめて配置してあります。 非表示を元に戻します。 ここではオーディオトラックミキサーを使って 今分けてある A1 トラックとA2 トラックの音量を まとめて調整しようというのが このオーディオトラックミキサーを 使う目的です。 次にトラックを1個追加します。 メニューバーの方から 「シーケンス」>「トラックの追加」 これを選択します。 トラックの追加ダイアログボックスが 表示されますけど このオーディオサブミックストラックで ここを追加していきます。 追加の数 トラックの数まず1本です。 トラックの種類なんですけれども 「アダプティブ」 これを選択します。 「アダプティブ」というのは 複数のトラックをまとめて管理する事のできる トラックのことを言います。 これを選択して OK ボタンをクリックします。 追加されたトラックを確認します。 ここに「Submix」という トラックが追加されています。 同様にオーディオトラックミキサーの方にも 追加されています。 これですね。 Submix 1 という所です。 さらにこの Submix 1 で A1 と A2 トラックを管理するために 設定を行います。 トラックの頭の部分 マスターという風に表示されています。 ここでこの三角マークをクリックすると このトラックは、Submix 1 で 管理するという事が選択できます。 同じように 隣の A2 トラックの方も マスターから Submix 1 に 変更しておきます。 これで、この A1 と A2 トラックは 全て Submix 1 の方で管理することが できるようになりました 。 この後、レベルの調整を行うときには これらのレベルの調整ですけれども こちらの Submix 1 の方の スライダーをドラッグして レベルを調整することが できるようになります。 このように複数のトラックの内 任意のトラック ここでは A1 と A2 でしたけれども この任意のトラックをまとめて ミキシングする事が可能になります。 ここではオーディオトラックミキサーを利用し 複数のオーディオトラックをまとめて管理する 所謂ミキシングの方法について 解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日
再生時間:10時間02分 (84 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。