Premiere Pro CC 2015 基本講座

音ズレを直す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、映像と音声部分がズレて、音ズレを発生しているクリップの修正方法について解説します。
講師:
06:15

字幕

ここでは映像と音声部分がずれて 音ずれを発生しているクリップの 修正方法について解説します。 サンプルのプロジェクト名に 07_05 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 このシーケンスには音ずれを発生している クリップが配置されています。 通常、映像クリップの場合 移動しても音ずれが生じないように ペアで動くようになっています。 見てみましょう。 先頭のクリップは映像のクリップなんですが 選択してドラッグすると 映像と音声部分がペアで移動してくれます。 通常このようにペアで移動するんですが 例えば「リンクされた選択」がオフの場合 このように映像部分とオーディオ部分が 別個で移動することが出来ます。 この場合音ずれ等が発生します。 音ずれが発生すると このように情報が表示されます。 これはどれ位ずれているかというのを示す 非同期インジケーターと呼ばれるものです。 この場合は映像部分の方からみると オーディオ部分とマイナス 1.02 秒フレーム ずれていることを示しています。 オーディオ部分の方からみると 映像部分と+1.02 秒フレーム ずれていることを示しています。 この場合には 「リンクされた選択」がオフの時には ずれているクリップを移動させれば 修正する事が出来ます。 他の修正方法もあります。 例えばこのクリップですが 音ずれしています。 再生してみます。 (再生音) このように音ずれしているんですけども この音ずれを修正する場合には ここに非同期インジケーターが 表示されていますが この非同期インジケーター上で 右クリックしてメニューを表示します。 すると「移動して同期」或いは 「スリップして同期」が選択できますが ここでは「移動して同期」を選択します。 すると音ずれが修正されます。 但し、ここで注意してほしいのは ここにギャップが生じています。 ですので、このギャップなどを考慮しながら 修正する必要があります。 元に戻します。 Windows では Ctrl キーを押しながら Z キー Mac では Command キーを押しながら Z キーを押して元に戻します。 この場合は映像の方で修正するのではなくて 音声の方で修正します。 こちらで「移動して同期」を選択すると ギャップを生じないで 修正することが出来ます。 このように後ろ或いは前の方に 余裕がある場合は良いんですが 例えばこのクリップの場合 音ずれしているんですが 前後にクリップがあります。 再生してみます。 (再生音) かなり激しく音ずれしています。 これを修正する時は やはり非同期インジケーターの所で 右クリックしてメニューから 今度は「スリップして同期」を選択します。 すると同期が修正されます。 再生してみます。 (再生音) このように音ずれが修正されています。 今までのように非同期インジケーターが 表示されている場合は問題無いんですが 例えばこのクリップですが 再生してみます。 (再生音) これも音ずれしてるんですけども 非同期インジケーターが表示されていません。 ですのでこういった場合は再生してみて 初めて気付くパターンなんですけども このような音ずれを修正する場合は 非同期インジケーターが表示されていないので 非同期インジケーターを表示させます。 どのように表示させるかと言うと 2つのクリップを選択します。 右クリックしてメニューから 「リンク」を選択します。 リンクを選択するとこのように 非同期インジケーターが表示されます。 後は今まで紹介した通り 非同期インジケーターの中で右クリックして メニューから選択していけば 修正する事が出来ます。 もう1つの方法があります。 表示をオフにしますね。 右クリックから「リンク解除」を選択して このように表示されていない時 環境設定の方で表示を オン・オフさせることが出来ます。 環境設定を表示してみます。 Windows では「編集」メニューから Mac では Premiere Pro CC メニューから 「環境設定」>「一般」を選択します。 「一般」の真ん中辺りに 「リンクが解除されたクリップの非同期 インジケーターを表示」という オプションがあります。 ここをチェックしてオンにすると これで「OK」ボタンを押します。 今度は音ずれしている部分に このように非同期インジケーターが 表示されるようになります。 表示されたら、この非同期インジケーターを 右クリックして 「移動して同期」を選択してあげれば このように音ずれを修正できます。 ここでは映像と音声部分がずれて 音ずれを発生しているクリップの 修正方法について解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。