Premiere Pro CC 2015 基本講座

ビデオを高音質の音声と同調させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、ビデオクリップとオーディオクリップを同期させ、1つのクリップに統合する方法について解説します。
講師:
06:02

字幕

ここではビデオクリップと オーディオクリップを同期させ 1つのクリップに統合する 方法について解説します。 サンプルのプロジェクト名に 07_07 というプロジェクトを 表示して下さい。 プロジェクトパネルには ビデオクリップとオーディオクリップが 1つずつ登録されています。 今回はシーケンスファイルは 登録されていません。 これらを確認してみましょう。 映像クリップです。 ダブルクリックして ソースモニターで確認します。 再生してみます。 (再生音) (再生音) (再生音) このようなインタビューの 映像クリップになっています。 次にオーディオクリップの方です。 (再生音) (再生音) これは、こちらの映像クリップの 映像を撮影しながら オーディオ専用のハードウェアを使って 録音した音声だけのデータになっています。 通常、プロの撮影現場では このように映像部分と音声部分を 分けて録画・録音されるのが一般的です。 編集でこの映像部分とオーディオ部分を 合成していくという形になります。 この時に重要なのが どこをポイントとして同期をするかと いうことなんですけども まず同期のとり方なんですが この映像クリップと音声クリップ 2つ選択して Shift キーを押しながら 選択します。 右クリックしてメニューを表示して 「クリップを統合」を選択します。 すると「クリップを統合」という ダイアログボックスが表示されます。 ここの「同期ポイント」という所なんですが インポイント・アウトポイント・タイムコード ・クリップマーカー・オーディオという 5つの同期ポイントがあります。 この中のクリップマーカーですけども これはどんな機能かと言うと ちょっとキャンセルしてみます。 映像の中に (カチンという音) こういうカチンコと呼ばれるものを使って 映像と音を入れてあります。 また、音声データの方ですが 音声の方にも (再生音 ....カチン) このようにカチンコの音が録音されていて その部分にマーカーが設定してあります。 それとほぼ同じように マーカーが設定してあります。 このマーカー部分を一致させることで 同期をとろう、というのが 先程のマーカーによる同期です。 もう1度ダイアログボックスを表示します。 これが「クリップマーカー」なんですけども 今回はその下にある「オーディオ」という 同期ポイントを利用してみます。 これは何かと言うと 映像部分の中に入っている音声の 波形部分のデータと オーディオデータの波形部分を 比較して 同期をとるという非常に正確な同期を とることができる機能です。 今回はこれを利用してみます。 もう1つ、「オーディオ」の下に オプションがあります。 「ビデオに含まれるオーディオを削除」の チェックマークをオンにしておいて下さい。 これは何かと言うと 映像データの方に入っている 音声部分は不要なので 削除してしまうということです。 そしてオーディオクリップの中にある オーディオデータを 映像と一緒にすることで 1本のムービーにするという形になります。 ここまでできたら、あと名前です。 ここの所に適当な名前を何か入れておきます。 名前が入力できたら 「OK」ボタンをクリックします。 すると統合が実行されて 実行されると データがプロジェクトパネルの方に 登録されます。 こちらが統合されたデータです。 ダブルクリックしてみます。 再生してみましょう。 (再生音) この部分ですね。 再生してみます。 (再生音) (再生音) このように映像と音声部分が統合されて 音声部分は非常に高音質な音声を 利用することができるようになっています。 このクリップなんですけども これをタイムラインの方に ドラッグ&ドロップすれば このような普通のシーケンスとして 利用することが出来ます。 (再生音) (再生音) このようにして映像データと音声データを 統合していきます。 ここではビデオクリップと オーディオクリップを同期させ 1つのクリップに統合する 方法について解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。