Premiere Pro CC 2015 基本講座

Auditionと連携させる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、Premiere Pro とAudition を連携させ、Premiere Pro のオーディオークリップをAuditionで編集する方法について解説します。
講師:
04:23

字幕

ここでは Premiere Pro と Audition を連携させ Premiere Pro の オーディオクリップを Audition で編集する方法について 解説します。 サンプルのプロジェクト名に 07_08 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 シーケンスには複数のクリップが 配置されています。 この中から一部のクリップの オーディオデータ部分を オーディオデータ編集専用のアプリ、 Adobe Audition で 編集してみたいと思います。 Audition はオーディオデータ専用の 編集ツールです。 データの音量ですとか、音質調整 あるいはオーディオ内のノイズ除去など オーディオデータの編集に 特化したアプリケーションです。 Premire Pro もオーディオ編集の 機能を備えていますが Audition を利用した方が高品質な 作品を作ることができます。 なお Audition との連携方法は 複数あるのですけれども ここでは最も簡単な連携方法を ご紹介いたします。 まず、編集したいクリップを選択します。 シーケンスをズームインしてみます。 このクリップなんですけれども 再生してみますね。 (再生音) この様なインタビューのクリップです。 ダブルクリックをして波形を ちょっと確認してみたいと思います。 この様な波形になっています。 これを Audition の方で編集して 振幅を調整してみたいと思います。 振幅の調整程度ですと Preemiere でもできるのですが ここでは操作の見本という事で 振幅の調整をしてみたいと思います。 まず編集したいクリップ、 これを右クリックします。 右クリックをするとメニューが出てきますので この中にある「Adobe Audition で クリップを編集」 これを選択します。 そうすると Audition が起動します。 まるで、Premiere Pro の 機能の一部であるかのように Audition が起動してきます。 ここでちょっと音声を 再生してみたいと思いますね。 (再生音) この様な音声状態になっています。 これの振幅を調整します。 振幅の調整方法も いろいろあるんですけれども ここで最も簡単に これを使ってみたいと思います。 ここで振幅を、 この様に調整します。 大きくしたい場合には、この様に調整しますし 小さくしたい場合は、 この様にしますね。 これくらいにして調整が終わったところで これをいったん保存します。 「ファイル」>「保存」を選択してください。 保存して Premiere の方に戻ります。 Premiere に戻ってくると 振幅がこのように変更されています。 では、クリップの色なんですけれども 変更前は青い色でしたけれども Audition で編集すると 緑色に変更されています。 これをちょっと再生してみましょうか。 (再生音) このようにインタビューの音声部分の 振幅が調整されているのが分かります。 なお、再編集したい場合には このままもう一度 Audition の方に画面を切り替えて ここで再編集して保存すれば 編集が反映されます。 なお、編集しない場合は このまま、Audition を 終了してしまって構いません。 このようにして、Premiere と Audition の連携を行います。 ここでは、Premiere Pro と Audition を連携させ Premiere Pro の オーディオクリップを Audition で編集する方法について 解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。