Premiere Pro CC 2015 基本講座

写真をビデオ編集に使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、写真データをPremiere Pro に取り込み、シーケンスに配置して利用する方法について解説します。
講師:
08:30

字幕

ここでは写真データを PremierePro に取り込み シーケンスに配置して利用する 方法について解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 09_01 とあるプロジェクトを表示して下さい。 最初に写真データを取り込んだ時の ディレーションを確認しておきます。 ディレーションの確認は Mac の場合には 「PremiereProCC」から Windows の場合には 「編集」メニューから選択します。 「環境設定」>「一般」 これを表示して下さい。 ここに 「静止画像のデフォルトディレーション」 というのがあります。 ここ、デフォルトでは 5秒に設定されています。 これは写真などの静止画像を Premiere に取り込んだ場合 5秒の動画として利用する という意味です。 ディレーションを確認したら 「キャンセル」ボタンを クリックして閉じます。 次に写真を取り込みますけど 取り込んだ写真を保存する ビンを設定しておきます。 ビンの設定ですけど プロジェクトパネルの右下にある 「新規ビン」 これをクリックしてビンを設定します。 ビンの名前を適当に 設定します。 設定したら Enter キーですね。 これでビンが設定できました。 ここの中に写真データを 取り込みます。 まずビンを開いておきます。 今回はメディアブラウザーを利用して 読み込んでみようと思います。 メディアブラウザーをクリックして 表示します。 次にデータの保存されている フォルダーを選択します。 例えば SD メモリーであったり ハードディスクであったりします。 それを選択します。 ここでパネルのサイズを ちょっと変えますね。 メディアブラウザーパネルを選択して 「ウィンドウ」メニューから 「フレームを最大化」 これを選択します。 そうすると、この様に フォルダーを選択すると データが表示されます。 今リスト表示になっていますけど これをサムネイルビューに切り替えます。 そうすると、この様な形で 表示されます。 次に読み込みたいデータを 選択します。 複数選択する場合には Windows の場合には Ctrl キーを押しながら Mac の場合には Command キーを 押しながらクリックします。 例えば このような形ですね。 あるいは、全部読み込みたい という場合には ドラッグして全部を囲います。 読み込みデータを選択できたら 写真の上で右クリックして 「読み込み」を選択します。 そうすると、読み込みが開始されますけど 途中この様に レイヤーファイルの読み込みという ダイアログボックスが 表示される時があります。 これは Photoshop 等のように レイヤーを使ったデータを 読み込む時に表示されます。 ここで、読み込みの方法を選択します。 「読み込み」という メニューがありますので ここで三角ボタンをクリックして メニューを表示します。 ここで「すべてのレイヤーを統合」 これを選択します。 通常はこれを選択しておけば 間違いないでしょう。 選択したら OK ボタンをクリックします。 これでデータが読み込まれました。 ビンの方に切り替えます。 タブをビンにします。 そうすると、データが読み込まれてます。 尚、項目名の所なんですけど 「ビデオ情報」という項目があります。 これを頭の方に持ってきておくと 写真のフレームサイズを 確認する時に便利です。 項目名はドラッグで 移動できますので 先頭の方に持ってきておくと 良いでしょう。 では、サイズを元に戻します。 「ウィンドウ」メニューから 「フレームサイズを戻す」 これを選択します。 次に取り込んだ写真データを シーケンスに配置しますけど シーケンスがまだ設定されていません。 ですので、シーケンスを これから設定します。 シーケンスをビデオデータ これをタイムラインパネルに ドラッグ&ドロップして 作成すると速いです。 このビデオデータを タイムライン上にドラッグ&ドロップして シーケンスを設定します。 シーケンスが設定できたら ビデオデータの方 とりあえず今、使いませんので 選択して Delete キーで 削除しておきます。 またシーケンス名の所も 適当な名前に変更しておきます。 例えば この様な名前に変えておくと シーケンスのタブの方の名前も 自動的に切り替わります。 ここで今設定したシーケンスの 設定内容を確認しておきます。 「シーケンス」メニューから 「シーケンス設定」 これを選択します。 そうすると、下の方に 「ビデオプレビュー」という項目の中に プレイ用のサイズがあります。 幅が 1280 の高さが 720 これがフレームのサイズになります。 確認したら「キャンセル」ボタンを クリックします。 では、写真を取り込んでみましょう。 取り込みやすいように ちょっとサイズ変えます。 こうすると、写真の名前と ビデオ情報でフレームのサイズが 確認しやすくなります。 では、写真を配置してみましょう。 まず最初にシーケンスのサイズと 同じようなサイズの 写真を選択してみます。 これですね、これを配置します。 次に、そのフレームサイズよりも ちょっと大きめの サイズの写真を選択します。 これくらいでいいですかね。 これを この様に配置します。 今度はシーケンスの設定よりも 小さなフレームサイズで選択します。 これを使ってみましょう。 この様に配置します。 写真が取り込めたら ワークスペースのデザインも ちょっと変えておきます。 この様に調整しておきましょう。 まず最初に取り込んだ 写真ですけど 丁度、いっぱいいっぱい 表示されています。 次に取り込んだ写真 これは大きめの写真でしたけど この様に写真が大きいために 写真の一部しか表示されていません。 この様な場合は まず写真をクリップを選択して 右クリックでメニューを表示します。 この中から 「フレームサイズに合わせる」 これを選択してみます。 そうすると、フレームのサイズに合わせて この写真の場合には 写真の左右のサイズが フレームのサイズに合わされています。 次に、小さめの写真 これですけど、フレームのサイズよりも 写真の方が かなり小さくなってます。 そのため黒い領域が表示されています。 この様な写真の場合は 写真をダブルクリックします。 ダブルクリックすると マーカーが表示されます。 このマーカーをドラッグします。 そうすると、サイズを変えることができます。 例えば、フレームいっぱいいっぱいに 表示させてみます。 この様な形にサイズを調整します。 この様にして いろんなサイズの写真を Premiere に取り込んで それをシーケンスに配置して 動画データとして利用することが できるようになります。 ここでは、写真データを PremierePro に取り込み シーケンスに配置して 利用する方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。