Premiere Pro CC 2015 基本講座

アニメーションしている写真を使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、シーケンスに配置した写真に動きを設定し、スライドショーを作成する方法について解説します。
講師:
08:13

字幕

ここではシーケンスに 配置した写真に動きを設定し スライドショーを作成する 方法について解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 09_02 とあるプロジェクトを表示します。 シーケンスのトラックにはイメージデータと BGM 用のクリップが配置されています。 このイメージデータに動きを設定し これからスライドショーを作成します。 再生ヘッドをドラッグして どの様なイメージデータが 配置されているのか確認します。 この様に色々なサイズの写真が 混在しているのが分かります。 ここで全てのイメージデータを ドラッグして選択します。 選択したらクリップ上で右クリックして下さい。 メニューから「フレームサイズに合わせる」 これを選択します。 これでシーケンスの フレームサイズに合わせて イメージデータの フレームサイズが調整されました。 ドラッグして確認してみましょう。 この様な感じです。 次に、このイメージデータに 今度、動きを設定していきます。 動きはエフェクトコントロールパネルで 設定します。 まず最初に、先頭にあるクリップに 動きを設定してみたいと思います。 先頭のクリップを選択して 「エフェクトコントロール」パネルの タブをクリックします。 エフェクトコントロールパネルが 表示されました。 このエフェクトコントロールパネルでは 「モーション」というカテゴリーがあり これを利用します。 この「モーション」を開くと 「位置」とか「スケール」、「回転」といった 様々なオプションがありますが ここでは「位置」と「スケール」を利用します。 まず再生ヘッドが左端にあるのを確認して 位置とスケールの頭の所にある ストップウォッチをクリックします。 このストップウォッチですが アニメーションのオン/オフを 設定する C キーです。 ストップウォッチをクリックしてオンにすると キーフレームをコントロールするボタンと タイムラインには キーフレームが設定されています。 次に再生ヘッドを右端の方に移動します。 ここでキーフレームを設定します。 このコントロールボタンの真ん中にある ボタンが、キーフレームの追加/削除です。 これをクリックすると キーフレームが追加されます。 もう一度クリックすると キーフレームが削除されます。 ここでキーフレームをもう一度、追加します。 次に、この再生ヘッドを 先頭のキーフレームに戻します。 この時キーフレームにきちんと戻したいので ここにあるボタン「前のキーフレームに移動」 これをクリックして再生ヘッドを移動させます。 再生ヘッドが先頭に移動しました。 次に、このスケールを利用して この写真の使いたい部分を ズームインします。 スクラブで調整します。 こんな風にズームインしておきます。 次にプログラムモニター上で ダブルクリックして これをドラッグして 丁度この端にいる2匹の犬に ズームが合うように この様にズーム調整します。 ここで再生ヘッドを 右に少し移動してみます。 この様に写真に動きが 設定されています。 なお、この再生ヘッドですが 「次のキーフレームに移動」 このボタンをクリックすると きっちりとキーフレームに合わせてくれます。 なお、ズームアウトした時 ここに黒い帯が表示されています。 これが目障りですので、これが 表示されないようにスケール調整します。 この「スケール」の所をスクラブして 丁度、黒い帯が なくなるような状態に設定します。 なお、設定したこのキーフレームは 例えばこの様にドラッグして選択して キーフレームをドラッグすると ここに表示位置を変更することもできます。 2つ目のイメージも エフェクトコントロールパネルを使って 同じ様に動きを設定します。 まず再生ヘッドを左端に合わせます。 ここで「モーション」を展開します。 モーションを展開し「位置」と「スケール」の キーフレームを設定します。 なお、このイメージは 最初に黒い帯が出ているので これをスケールで調整しておきます。 この様な状態から開始します。 再生ヘッドを右端の方に動かします。 再生ヘッド、右端に移動しました。 ここで写真にズームインするように スケールを調整します。 プログラムモニター上で ダブルクリックして位置を調整します。 これで再生ヘッドドラッグして 確認してみます。 この様にして、残りのイメージに対しても 動きを設定していきます。 なお残りのイメージにも動きを設定した シーケンス、事前に用意してあります。 「‐1」という番号が付いたシーケンス これを表示すると、この様に... 動きが設定されています。 次にイメージが切り替わる時に トランジションを設定します。 まずイメージを全て選択して 「シーケンス」のメニューから、選択項目に 「デフォルトのトランジションを適用」 これを選択します。 そうするとイメージとイメージの接合 という風に、トランジションが設定されます。 ちょっと再生してみましょう。 この様な動きとトランジションが設定された スライドショーが作成できました。 単純に静止画を配置して 表示するだけではなく 動きを設定すると 楽しいスライドショーになります。 ここではシーケンスに 配置した写真に動きを設定し スライドショーを作成する 方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。