Premiere Pro CC 2015 基本講座

モーションエフェクトの基本的な設定方法をマスターする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、モーションエフェクトの「ピクチャー・イン・ピクチャー」と、ベベルエッジというビデオエフェクトの基本的な使い方について解説します。
講師:
07:07

字幕

ここでは音声エフェクトの ピクチャー・イン・ピクチャーと べベルエッジというビデオエフェクトの 基本的な使い方について解説します。 最初にサンプルプロジェクト 10_01 というプロジェクト これを表示して下さい。 ここにはシーケンスが登録されています。 このシーケンスには3つのクリップが 配置されています。 ちょっと確認してみましょう。 まず Video3 トラックですけど ここにはこの様な ドッグランのクリップが配置され Video2 にも、この様なドッグラン Video1 には、この様なドッグランの クリップがそれぞれ配置されています。 これらのクリップのサイズを変更して ピクチャー・イン・ピクチャーを 実現していきます。 Video1 に配置したクリップ これを選択して 「エフェクトコントロール」パネル このタブを表示します。 ここにはデフォルトのエフェクトが 3つ登録されています。 この中の「モーション」 これを開きます。 開くとオプションがいくつか選択できますけど この中にある「スケール」ですね。 この数値を変更していきます。 スクラブで変更すると この様にフレームの ズームイン、ズームアウトが可能になります。 例えばここで サイズをこれくらいにしてみましょうか。 次にこのクリップの表示位置 これを変更します。 位置の変更は「オプション」の 「位置」の この数値をスクラブして、変更して 位置を変えることもできるんですけど プログラムモニター上で フレームをダブルクリックして選択し ドラッグしてダイレクトに 変更することも可能です。 同じように、トラック2に配置したクリップ これも 「エフェクトコントロール」パネルの 「モーション」で 「スケール」を変更します。 例えば、これぐらいにしておきましょうか。 この感じでサイズを変更したら ダブルクリックして 表示位置を変更します。 同じように、トラック3の ビデオも「モーション」で 「スケール」を変更し これくらいにしておきましょうか。 これをダブルクリックして こんな風に表示を変更することができます。 配置ができたら ちょっと再生してみましょう。 (再生音) この様なピクチャー・イン・ピクチャーを 実現することができます。 次に、今配置した このピクチャー・イン・ピクチャーの クリップなんですけど、この中の この2つ目 この Video2 トラック2ですね、配置したクリップの フレームのこの辺りの部分 緑が多いので、これをカットしたい この様な時に クロップというエフェクトを使って 調整していきます。 まずエフェクトのクロップ これを見つけてみましょう。 「エフェクト」パネルを表示します。 「エフェクト」パネルの中の これからクロップを探し出すのですが 結構大変だったりしますので 検索機能を使って見つけ出していきます。 検索ボックスにこれから探したい エフェクトの名前を入れます。 例えば 「クロップ」と入力すると ビデオエフェクトの中の 「トランスフォーム」の中にある 「クロップ」が選択されます。 これを選んで適用するんですけど 適用方法、またいくつかあります。 このエフェクトを クリップ上にドラッグ&ドロップする方法とか あと、これを「エフェクトコントロール」 パネルにドラッグ&ドロップする この方法でも適用できます。 クロップを適用したら ちょっと下の方に降りていって ここに「左」とか「上」「右」 「下」という設定オプションがあります。 この内の例えば「右」というのを この数字、スクラブで変更してあげると この様にフレームを カットすることができます。 これをクロップするという風に言いますね。 同じように、今度は このクリップ 3つ目のクリップですが、こちらの方にも 同じようにクロップを適用します。 適用の方法ですが クリップを選択して、このクロップ エフェクトをダブルクリックします。 この状態でも適用することができます。 クロップの実現方法ですが この数値を変更する方法の他に この名前をクリックします。 クリックすると、プログラムモニター上の こちらの方に マーカーが表示されます。 このマーカーをドラッグしても 同じようにクロップできます。 それぞれクロップが終了したら 例えば、これの表示位置を 変えたりとか こちらも表示位置を変える、あるいは サイズも変更することができます。 こんな風にして 調整していきます。 この様な感じになります。 ちょっと再生してみましょう。 (再生音) このような感じでクロップしたものが 適用されます。 次に、各それぞれのクリップに対して エフェクトを設定していこうということを ちょっとやってみたいと思います。 エフェクトにはべベルエッジという クリップの周辺に 効果を設定するエフェクトがあります。 それをちょっと設定してみたいと思います。 ここからですね 「べベル」と入れると この中に「べベルエッジ」という エフェクトがでてきます。 これはプリセットとして 登録されているものです。 このエフェクトをすべてのクリップに対して 適用したいので シーケンス上で3つのクリップ これを選びます。 「べベルエッジ」 太いのと細いのとありますね。 この細いの、これをドラッグ&ドロップで 適用します。 そうすると、各クリップに べベルエッジのエフェクトが適用されます。 尚、プリセットに登録されている エフェクトなんですけども これがドラッグ&ドロップをすることでしか 適用できませんので、注意して下さい。 ここでは、モーションエフェクトの ピクチャー・イン・ピクチャーと べベルエッジというビデオエフェクトの 基本的な使い方について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。