Premiere Pro CC 2015 基本講座

トランジションのエフェクトを付加したり修正する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、トランジションの設定方法と、新しいトランジションのモーフカットの利用方法について解説します。
講師:
11:03

字幕

ここではトランジションの設定方法と 新しいトランジションのモーフカットの 利用方法について 解説します。 サンプルプロジェクト 10_02 という名前の付いたプロジェクト これを表示して下さい。 この様なシーケンスが表示されます。 まずこのシーケンスの先頭部分 ちょっとズームインしてみましょう。 クリップが一個配置されてます。 このクリップにデフォルトのトランジション これを設定してみたいと思います。 選択ツールに持ち替えて 頭の部分、クリックすると 選択されます。 ここから「シーケンス」> 「選択項目にデフォルトの トランジションを適用」 これを選択します。 そうすると 頭の部分「クロスディソルブ」 というトランジションと オーディオの方ですけど 「コンスタントパワー」という トランジションが設定されます。 設定したトランジションが 不要になった場合は トランジションを選択して Delete キーを押して下さい。 そうすると削除できます。 オーディオの方も同じように削除できます。 また、もう一度選択して 今度は「シーケンス」メニューから 「ビデオトランジションを適用」 これを選択します。 そうすると、ビデオ部分だけに トランジションが適用されます。 選択して Delete して 次に 「シーケンス」から、今度は 「オーディオトランジションを適用」 これを選択すると オーディオ部分だけに トランジションが設定されます。 隣のブロックなんですけど こちらをちょっと見てみましょうか。 こちらにはビデオとオーディオ それぞれ単独のクリップが配置されています。 この場合は、まずビデオのほうなんですけど クリックして選択して 「シーケンス」>「デフォルトの トランジションを適用」を選択すると この様にトランジションが 適用されます。 また、削除して 今度はオーディオの方ですね。 こちらを選択して「シーケンス」から 「オーディオトランジションを適用」 これを選択すると オーディオが適用されます。 更に Shift キーを押しながら 両方選択します。 この状態で今度 シーケンスメニューから 「デフォルトのトランジションを適用」 これを選択すると 両方にトランジションが適用されます。 尚、ここで設定されている デフォルトのトランジションですけど ちょっと確認してみましょうか。 エフェクトパネルを表示します。 ここで、テキストボックスで 「クロス」と入力すると 「オーディオトランジション」の 「クロスフェード」の部分に 「コンスタントパワー」という これが確認できます。 また、下の方ですね。 「ビデオトランジション」ですけど 「ディゾルブ」の中に 「クロスディゾルブ」というのがあります。 これがデフォルトのトランジションです。 尚、このデフォルトなんですけど ちょっとこれ解除して 「ビデオトランジション」の 「ディゾルブ」 この中を見ていくと 「クロスディゾルブ」 青い枠が付いていますけど これがデフォルトのトランジションなんですが デフォルトの変更をしたい場合は 利用したいトランジションを選択して 右クリックすると 「選択したトランジションをデフォルトに 設定」というメニューがでてきますので これを選びます。 後でこれやってみたいと思います。 この他、デフォルトの場合なんですけど ここに2つ、頭の部分ですね。 「クロスディゾルブ」と 「コンスタントパワー」設定してありますけど それぞれのディレーションなんですが ちょっとこれ確認してみたいと思います。 環境設定で確認することができます。 Mac の場合には 「PremiereProCC」のメニューから Windows の場合には「編集」メニューから 「環境設定」>「一般」を選んで下さい。 すると、環境設定のパネルが表示されます。 ここで「ビデオトランジションの デフォルトディレーション」 これを 30 フレームに設定されています。 また、オーディオの方なんですけど 「オーディオトランジションの デフォルトディレーション」 これは1秒に設定されています。 ここで、例えば ビデオの方なんですけど、これを 6フレームに変えてみよう 6と入力して OK ボタンをクリックします。 するとデフォルトで、これからは 6フレームで設定されるんですけど 既に設定されているものに関しては 変更することができませんので ここで、変えたい場合には 手動でドラッグして 変更することができます。 では、今変えたディレーションで 設定するとどうなるかというと 例えば、この接合部分 クリップとクリップの接合部分 これを選択して 「シーケンス」メニューから 「選択項目にデフォルトの トランジションを適用」 これを選択すると 今度は6フレームで設定されます。 6フレームでちょっと短い という場合は、手動で ドラッグして変更することができます。 また、この配置位置なんですけど ドラッグして この様に変更することができます。 この時に上の プログラムモニターの方には 前のクリップのお尻の部分のフレームと 後の部分のクリップのフレームの部分 どこから始まってどこで終わるか、 というのが確認できますので 確認しながら調整していきます。 尚、細かい調整は「エフェクトコントロール」 パネルでもできます。 「トランジション」を選択して 「エフェクトコントロール」パネルの タブをクリックします。 そうすると、この様な状態で 表示されます。ここにあるのが、 トランジションです。 ドラッグすると位置を変えられますし お尻の部分、あるいは頭の部分を ドラッグしてディレーションも変更できます。 また表示位置なんですけど 「配置」というオプションがあります。 ここで「クリップ B の先頭を基準」 これを選んであげると クリップ B の頭の部分から トランジションが始まるようになります。 元に戻すには 「クリップ A と B の中央」を選びますね。 また、ディレーションなんですけど ここの部分に例えば 「06」という風に入れて Enter キーを押すと 6フレームでの設定に変えることができます。 この設定で例えば、複数のクリップに 纏めてトランジションを設定しよう ということもできます。 例えば、クリップまとめて このように選びます。 選択して「シーケンス」メニューから 「デフォルトのトランジションを適用」 これを選びます。 そうすると すべてのクリップに トランジションが設定されます。 再生すると (音楽) この様な状態でトランジションを 確認することができます。 また、既にトランジションが 設定されている状態で 例えば他のトランジションを設定したい ということもあるかと思います。 例えば、ここで先ほど デフォルトになっていたのが 「クロスディゾルブ」ですけど 例えばここで「ホワイトアウト」 これを右クリックして デフォルトに設定してみたいと思います。 これでデフォルトが変更されました。 この状態で、今設定した 所に、選択して 同じように「シーケンス」から 「デフォルトのトランジション」 これ適用します。 そうすると、設定した所の トランジションが変更されます。 (音楽) この様にトランジションを 切り替えることができます。 じゃあこれは元に戻しておきましょう。 「クロスディゾルブ」を選択して 右クリック デフォルトに戻します。 また先程「環境設定」で 変えておきましたので 「環境設定」>「一般」を選んで ここの所、6フレームになってますけど これを 30 に戻して OK ボタンをクリックします。 次にモーフカット この新しいトランジションについて ご説明したいと思います。 後ろの方にクリップ、用意してあります。 これを見ていくと インタビューの映像なんですけど 途中の所、カットした部分があります。 例えば、この接合点なんですけど 矢印キーで見てみます。 ここですね、カクカクと なってる所があります。 再生すると こんな感じなんですけど ここの所、流れをスムーズな状態に 変えてくれるのがモーフカットという 新しいトランジションになります。 ではモーフカット 設定してみたいと思います。 「モーフカット」を検索して モーフカットがでてきました。 これを接合部分に ドラッグ&ドロップで適用します。 「バックグラウンドで分析中」 というのがでてきます。 これは接合部分をどのように 合わせるかというのを計算してくれています。 終わりますと 再生してみましょう。 この様に非常にスムーズな形で 接合されているのがわかります。 また、クリップのディレーションが短くて この様にモーフカットの方が長い場合は この様に短くしてあげると 非常に綺麗な形で 短くしても接合することができます。 この状態で見てみると こんな風に非常にスムーズな形で 接合されています。 ここではトランジションの設定方法と 新しいトランジションの モーフカットの利用方法について 解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。