Premiere Pro CC 2015 基本講座

ビデオのエフェクトを付加、修正、保存する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、ビデオエフェクトの基本的な使い方について解説します。
講師:
11:10

字幕

ここでは、ビデオエフェクトの 基本的な使い方について解説します。 最初にサンプルプロジェクト、 これを表示しておきます。 プロジェクト名、頭に「10_03」 とついたプロジェクトを開いてください。 シーケンスがこのように表示されます。 このシーケンスの先頭に再生ヘッドを合わせて 先頭部分にズームインします。 ズームインすると、このようなドッグランの カラーのクリップが配置されています。 このクリップをモノクロに 変換するエフェクトを これから設定してみたいと思います。 エフェクトはエフェクトパネルで選択します。 まず、エフェクトパネルを表示します。 「エフェクト」を選択すると、このように エフェクトパネルが表示されます。 ここにある「ビデオエフェクト」、 この中にモノクロ用のエフェクトが 入っているのですが、 エフェクトの数が非常に多いので、 見付け出すのが結構大変です。 ですので、このようなときには、 検索ボックスを利用します。 検索ボックスに 「モノクロ」と入力すると、このように 「ビデオエフェクト」というカテゴリーの下の 「イメージコントロール」という カテゴリーの下に 「モノクロ」が表示されます。 これをクリップに適用します。 エフェクトの適用方法が いくつかあるのですが、 一番オーソドックスなのが エフェクトをクリップの上に ドラッグ・アンド・ドロップする という方法です。 これでエフェクトが設定されました。 エフェクトコントロールパネル ここを開いてみると、 「モノクロ」というエフェクトが 適用されているのが分かります。 尚、エフェクトの頭のところにある fx というボタン、これをクリックすると、 効果が ON・OFF を 確認することができます。 また、エフェクトが必要でなくなった という場合には、名前を選択して キーボードから Delete キーを 押してください。 エフェクトを削除できます。 もう一度設定してみましょう。 今度はクリップを選択した 状態にしておきます。 この状態でエフェクトパネルで エフェクトをダブルクリックしてください。 そうすると、エフェクトが適用されます。 もう 1 つの方法ですが、 Mac の場合には Cmd キーを押しながら Z キー、 Windows の場合には Ctrl キーを押しながら Z キーを押して、1 つ前に戻ります。 今度は「モノクロ」というエフェクトを エフェクトコントロールパネルに ドラッグ・アンド・ドロップして みてください。 これで同じように効果を設定できます。 さらに、今度は別のエフェクトを追加して 今のモノクロの状態から今度 セピアカラーの状態に 変えてみたいと思います。 そこで利用するエフェクトが 「色かぶり補正」というエフェクトですが、 やはり同じように検索ボックスを使って 見付けてみましょう。 「色かぶり」と入れただけで検索すると、 該当するものが見付け出されます。 ビデオエフェクトの「カラー補正」という カテゴリーの中にある「色かぶり補正」 これが見付けられます。 この見付け出したエフェクトをクリップの上に ドラッグ・アンド・ドロップして適用します。 そうすると、「色かぶり補正」 という項目が表示されます。 ここには、「ブラックをマップ」 「ホワイトをマップ」という オプションがあります。 この「ブラックをマップ」のカラーボックス、 これをクリックすると、 カラーピッカーが表示されます。 ここで利用したいセピアカラー、 これを選択します。 例えば、これくらいかな というような色を選んで、 OK ボタンをクリックします。 そうすると、ブラックの部分が 色が設定されます。 さらに、「ホワイトをマップ」 ここの部分のカラーボックスをクリックして 同じように色を選択します。 これぐらいの色で OK ボタンをクリックします。 そうすると、このようにモノクロのクリップが セピアカラーのクリップに変換されました。 ここで「色合いの量」という オプションがあります。 この数値をスクラブで変更してあげると、 このようにセピアの度合いを 変更することができます。 尚、複数のエフェクトを設定した場合は 並べる順序によって効果が変わってきます。 今現在、モノクロの上に色かぶり補正を 載せた状態になっています。 コントロールパネルの表示では、 「モノクロ」が上でその下に 「色かぶり」があるのですが、実際の プログラムモニターの方の表示では、 モノクロの上に色かぶりが載った状態で 表示されています。 ですので、ここで「モノクロ」を選択して 「色かぶり」の下に持ってくると、 表示の方では、「モノクロ」の方が 上に表示された状態になります。 この状態で色かぶり補正、どのような 効果を持っているのかというと、 色かぶり補正の ON・OFF してみると、 OFF にすると、このように モノクロの度合いが変わってきます。 これが ON の状態ですね。 では、色かぶり補正を下に持ってきて 元に戻しておきましょう。 次に、別のエフェクトなのですが、 今度はもう 1 つ別のエフェクト 「ブラー」と呼ばれるエフェクトを 設定してみたいと思います。 ブラーと呼んで、ぼかしの効果を 楽しむことができるエフェクトです。 ここでマスク機能を 利用してみたいと思います。 色かぶり補正の下に マスクが 3 つ並んでいます。 「楕円」と「4 点の長方形」 それと ペンの形のマスク。 ここで「楕円」を選んでみましょう。 「楕円」をクリックすると、このように 楕円のマスクが適用されます。 ここでマスクの形を変えてきます。 このようにマスクの形を 変更することができます。 さらに、このマスクのラインの上に マウスを合わせると、 ペンの形に変わりますので、 ここでドラッグすると、 更に形を変形させることができます。 こんな状態になりました。 ここに飛び出したマーカーがあります。 これをドラッグすると、色合いの幅を 変更することができます。 ここでちょっとこれ再生してみましょう。 ♪ (ピアノ) ♪ こんな形になっていますが。 今度、これをマスクの状態を反転させます。 「マスクの拡張」というところに 「反転」とあります。 このチェックボックスを ON にしてあげると、 このように状況を変更させることができます。 では、この設定を別のクリップにも 適用してみたいと思います。 別のクリップは特にエフェクトが 設定されているわけではありませんので、 通常のエフェクトです。 それを、こちらのエフェクトを 適用していきます。 まず、エフェクトコントロールパネルの エフェクトのオプションを閉じておきます。 「モノクロ」と「色かぶり補正」ですね。 このオプションですが、 この 2 つを選択します。 Windows の場合には Ctrl キー Mac の場合には Cmd キーを押しながら選択してください。 次に、「編集」>「コピー」。 そして、エフェクトを設定したいクリップ、 これを選択します。 選択したら、「編集」>「ペースト」。 これを選択すると、同じように 効果が設定されます。 エフェクトを他のクリップに適用する場合には 属性のコピーという方法もあります。 まず、元のクリップを選択します。 ここで右クリックで「コピー」を選択します。 次に、エフェクトを適用したいクリップ、 これを選択します。 このクリップに適用します。 右クリックして今度は、メニューから 「属性をペースト」これを選択します。 「属性をペースト」というダイアログが 表示されます。 ここでエフェクトのところに「モノクロ」と 「色かぶり補正」がチェックされて ON になっています。 この状態で OK ボタンをクリックすると、 同じようにエフェクトが適用されます。 尚、設定したこれらのエフェクトは プリセットとして登録することもできます。 まず、元になるクリップを選択して エフェクトコントロールパネルで 「モノクロ」それと、「色かぶり補正」 これを選択します。 右クリックすると、 メニューが表示されるので、 「プリセットの保存」これを選択します。 そうすると、「プリセットの保存」 ダイアログが出てきます。 ここで名前が設定されていますので、 このまま OK ボタンを クリックしてください。 そうすると、今保存した設定が 登録されています。 ちょっとここを削除して プリセットを開いてみます。 開くとここに「モノクロプリセット」という 今登録したものが表示されています。 このエフェクトを別のクリップ、例えば こちらのクリップに適用します。 ドラッグ・アンド・ドロップで 適用してください。 プリセットの場合には、 ドラッグ・アンド・ドロップでしか 適用できません。 これを適用します。 そうすると、マスク部分の情報、 これは保存されていないので、 マスクに関しては手動でまた再度 設定する必要があります。 色かぶり補正のところで見ると、 マスクの情報が無くなっていますので、 ここでマスクを自分で設定して 大きさを変えていって、 これを反転させれば、このように マスクを適用させることができます。 ここでは、ビデオエフェクトの 基本的な使い方について解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。