Premiere Pro CC 2015 基本講座

エフェクトをキーフレームする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、ビデオエフェクトを、キーフレームを利用してアニメーションしながら適用する方法について解説します。
講師:
09:35

字幕

ここでは、ビデオエフェクトを キーフレームを利用して アニメーションしながら 適用する方法について解説します。 最初にサンプルプロジェクト、 これを表示します。 先頭に「10_05」という数字が付いた プロジェクトを表示してください。 これを表示すると、2 つのクリップが 配置されたシーケンス、これが表示できます。 この内の左側のクリップ、これには、 今回設定するエフェクトすべてを適用した― 完成系のクリップとして配置してあります。 まず、内容を確認してみましょう。 ♪ (カントリーミュージック)♪ このようにエフェクトが アニメーションしながら適用されているのが 分かります。 では、設定されているエフェクト、 ちょっと確認してみましょう。 クリップを選択してエフェクトコントロール パネル、これを表示します。 そうすると、「モーション」のところ、 「位置」と「スケール」という オプションがあります。 ここのところにキーフレームが 設定されています。 また下の方ですが、「色かぶり補正」という エフェクトが設定されています。 ここの「色合いの量」、 ここにまたキーフレームが 設定されているのが分かります。 さらに、「ポスタリゼーション」という エフェクトも設定されていて、 これのレベルにキーフレームがやはり 同じように設定されています。 このような設定を右側のクリップに対して 設定していきます。 ちょっと右側のクリップを 再生してみましょう。 ♪ (カントリーミュージック) ♪ エフェクトが何も 設定されていないのが分かりますね。 クリップを選択してエフェクトコントロール パネルを見ると、デフォルト以外の エフェクトが何も 設定されていないのが分かります。 尚、作業の都合用、BGM の方 ちょっとミュートさせていただきます。 M ボタン、これをクリックすると、 BGM がミュートできます。 では、このクリップに エフェクトを設定していきます。 エフェクトはエフェクトパネルで 検索して適用します。 ボタンをクリックして エフェクトを選択してください。 エフェクトパネルが表示されます。 ここでまず最初に、「色かぶり補正」 これを検索して適用します。 では、 「色かぶり」検索すると、ビデオエフェクトの 中の「カラー補正」 ここに「色かぶり補正」があります。 これをこちらのクリップに適用します。 ドラッグ・アンド・ドロップでも 適用できますが、今回はクリップを選択して ダブルクリックで適用してみます。 適用すると、こちらに設定が表示されます。 次に、「ポスタリゼーション」 これを設定します。 「ポスタリゼーション」検索できました。 ビデオエフェクトの中の 「スタイライズ」ここの中に 「ポスタリゼーション」があります。 これをダブルクリックして適用します。 このように、エフェクトコントロールパネルに 表示されました。 次に、各種設定を行う前に再生ヘッドを このように一番左端に移動しておきます。 次に、この「モーション」です。 エフェクトの「モーション」を展開して 「オプション」を表示します。 この内の「位置」と「スケール」 この「ストップウオッチ」 これをクリックしてください。 「ストップウオッチ」をクリックすると、 ここにキーフレームが設定されます。 さらに、「スケール」のところ、 100 になっていますが、これを スクラブで値を変更して 例えば、これくらいに設定しておきます。 この状態でスケールが変更されました。 これをダブルクリックして更に表示位置を 調整しておきます。 次に、再生ヘッドを 真ん中辺りに移動させます。 キーフレーム追加します。 キーフレームの追加ですが、ここに 「キーフレームの追加削除」 というボタンが出来ています。 これをクリックしてください。 そうすると、キーフレームが追加されます。 さらに、再生ヘッドを 一番後ろまで移動させます。 ここで同じくキーフレームを追加します。 これでキーフレームが 3 箇所に ブロック的に配置できました。 便宜用ここでは、最初の方のグループを 第 1 セットという風に呼びます。 2 つ目の方のグループを第 2 セット、 3 つ目のグループを第 3 セット、 という風に呼んでいきたいと思います。 また、キーフレームとこの再生ヘッド、 これうまく合わせながら、 設定していくのですが、その際に このボタン、「前のキーフレームに移動」とか 或いは「次のキーフレームに移動」 これをクリックすると、 再生ヘッドをキーフレームの位置にピッタリと 合わせて移動させることができます。 では、再生ヘッドを最後の第 3 セットの ところに移動させます。 移動できたら、ここに「パラメーターを リセット」というボタンがあります。 これをクリックしてください。 第 3 セットにキーフレームに 設定されていたエフェクトがクリアされます。 ちょっと再生ヘッドを移動しながら、 見てみましょう。 先頭から見てくると、エフェクトが 設定されていて第 2 セットを 通過していくと、このようにエフェクトが クリアされていて、 元の状態に戻るときに アニメーションしていることが分かります。 ここで更に作業がしやすいように、 ワークエリアのデザインを ちょっと変更しておきます。 再生ヘッドを第 2 セットに 移動しておきます。 次に、「色かぶり補正」 これのパラメーターを調整します。 まず、「ブラックをマップ」のカラーボックス これをクリックしてください。 カラーピッカーが表示されるので、 ちょっと濃いめのブルーの色を選択して OK ボタンをクリックします。 このような状態になりました。 次に、「ホワイトをマップ」の カラーボックスをクリックして 今度はちょっと明るめの ブルーを選択してあげて、 OK ボタンをクリックしてください。 このような状態になりました。 この状態で再生ヘッドを移動させてみます。 先頭がこんな感じですね。 第 2 セット、第 3 セット、 こんな感じになっています。 これ第 2 セットに戻しておきます。 ここで更に「色かぶり補正」の「色合いの量」 ここのところのストップウオッチを クリックします。 これでキーフレームが設定できました。 同じように、ちょっと下げて、 「ポスタリゼーション」のレベルのところ、 このストップウオッチをクリックします。 これでまたキーフレームが設定できました。 次に、再生ヘッドを 第 3 セットに移動します。 このボタンをクリックしてください。 ここで「色合いの量」と「レベル」、 それぞれにまたキーフレームを追加します。 キーフレームを設定した状態で ちょっと確認してみると、 こんな感じになっていますね。 ここで再生ヘッドを第 3 セットの方に 移動しておきます。 この状態で「色合いの量」、 これのキーフレームを選択します。 選択したら、「色合いの量」 これを 0 に戻します。 次に、こちら「レベル」の方ですが、 「ポスタリゼーション」のレベルの キーフレームを選択して「パラメーターを リセット」これをクリックしてください。 こうして先頭から再生してみると、 このような状態になります。 これに音をミュートしてありますので、 ミュートを解除して また先頭から再生してみます。 ♪ (カントリーミュージック) ♪ このようにエフェクトが設定されて 更にエフェクトがキーフレームを利用する事で アニメーションされていることがわかります。 ここでは、ビデオエフェクトを キーフレームを利用して、 アニメーションしながら適用する 方法について解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日
再生時間:10時間02分 (84 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。