Premiere Pro CC 2015 基本講座

アジャスメントレイヤーとネストにエフェクトをつける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、調整レイヤーを利用したエフェクトの設定方法について解説します。
講師:
11:05

字幕

ここでは、調整レイヤーを利用した エフェクトの設定方法について解説します。 最初に、サンプルプロジェクト これを表示します。 10_06 と数字の付いたプロジェクト、 これを表示すると、 このように、トラックに 3 つのブロックに クリップが配置されたシーケンス、 これが表示できます。 この内の先頭にあるクリップ、これをちょっと ズームインしてみたいと思います。 このようにエフェクトが設定されています。 設定されているエフェクトですが、 これを確認してみると、 クリップを選択して、 「エフェクトコントロール」パネル、 これを表示します。 そうすると、「モノクロ」ですとか、 或いは「色かぶり補正」、 「ブラー」といったエフェクトが 設定されているのが分かります。 次に、これらのエフェクトを別のクリップに 例えばコピーしたいという場合ですが、 隣にたくさんのクリップを並べた 固まりがあります。 この固まりに、ここにある それぞれのエフェクトを適用したい場合には、 コピー・アンド・ペーストで設定する という方法もあるのですが、 その場合、数が多いので 結構大変だったりします。 この中のエフェクトの一部の設定を 変更したいという場合には、 またその変更を すべてのクリップに適用させるというのも、 なかなかまた、大変な作業だったりします。 このような時に利用したいのが 調整レイヤーという機能です。 まず、調整レイヤーを設定してみましょう。 「プロジェクトパネル」を選択して、 右下にある「新規項目」 これをクリックします。 この中から「調整レイヤー」 これを選択します。 調整レイヤー設定用の ダイアログが出ますので、 ここで OK ボタンをクリックします。 プロジェクトパネルに調整レイヤーという クリップ、これが登録されます。 これをビデオ 2 トラックに配置します。 配置したら、クリップの長さを 目的のクリップと同じ長さに トリミングします。 この調整レイヤーですが、まだ現在、 何も設定していませんので、 中は非常にノーマルな状態になっております。 この調整レイヤーに、先程確認した このクリップのエフェクト、 これをコピー・アンド・ペーストします。 まず、このクリップの 「エフェクトコントロール」パネルで コピーしたいエフェクトを選択します。 Windows の場合には Ctr キーを押しながら、 Mac の場合には、 Command キーを押しながら、 コピーしたいエフェクト、 これをクリックして選択します。 選択できたら、「編集」>「コピー」 これを選択します。 次に、シーケンスに配置した 「調整レイヤー」、 これを選択して「編集」>「ペースト」 これを選択してください。 そうすると、レイヤーに 選択したエフェクトが すべてコピーされます。 ちょっと確認してみます。 このように、すべてのクリップに、 同じエフェクトが 適用されているのが分かります。 また、この調整レイヤーに設定した エフェクトですが、 このエフェクトを変更すると、 また、その変更がすべての クリップに適用されます。 例えば、ここで「色かぶり補正」 この中の「ブラックをマップ」 それと「ホワイトをマップ」 この値をちょっと 変更してみたいと思います。 まず、「ブラックをマップ」のカラーボックス これをクリックします。 クリックすると、 「カラーピッカー」が表示されます。 ここでちょっと濃いブルー系の色を 選択して OK ボタンをクリックします。 そうすると、このような状態になりますね。 さらに、「ホワイトをマップ」の カラーボックスをクリックして 今度は明るい系のブルーを選択して OK ボタンをクリックします。 そうすると、このようなかたちの色に 設定されます。 この設定をすべてのクリップに 適用されているのが分かります。 この状態のクリップですが、 調整レイヤーを使っているときには、 クリップには影響が全くありません。 このクリップを選択してみると、 「エフェクトコントロール」パネルには、 何のエフェクトも設定されておりません。 しかし、調整レイヤーを利用すると、 このようなエフェクトを 設定することができます。 尚、調整レイヤーを利用したんだけども、 この中で一部分だけ例えば、 設定を変更したいというような場合は、 この調整レイヤーを分割して、 それぞれの調整レイヤーに 設定を変更していきます。 例えば、まずレーザーツールを利用して この部分で 「調整レイヤー」をカットしてみます。 ここで分割すると、2 つの調整レイヤーに 分けることができます。 分けた調整レイヤーの内、 選択ツールに持ち替えて こちらの後の方の 「調整レイヤー」をクリックして、 「エフェクトコントロール」パネル、 これを表示します。 この中の「色かぶり補正」ですが、 ここにある値、 これをちょっと変更してみます。 「色合いの量」というのがあるのですが、 これを変えてみたいと思います。 このような状態に例えば変えました。 この設定は、この「調整レイヤー」のみに 適用されていて、 他の調整レイヤーには 影響は無いという状態になっています。 このようにして個別の設定も 可能になっています。 さらに、調整レイヤーですが、 複数利用することができます。 例えば、現在、ビデオ 2 トラックに 1 個配置されていますが、 更にもう 1 個、ビデオ 3 トラックに 「調整レイヤー」を配置します。 同じようにトリミングして長さを揃えます。 配置したこの「調整レイヤー」ですが、 これに別のエフェクトを設定していきます。 例えば、「エフェクト」パネルを表示して、 ここで例えば 3D と 検索ボックスに入力してみてください。 そうすると、3D の関連エフェクトが 出てきます。 この中の「基本 3D」 ですね。 これをこの調整レイヤーに適用します。 そうすると、このようなオプション、 これが表示されます。 この中の例えば、「スウィベル」、 この値を変更すると、 こんなかたちで調整できます。 さらに、「画像までの距離」 この値を変えてあげると、 こんな状態で変更できます。 このように調整レイヤーを使うと、複数の エフェクトを適用できるのですが、 例えば、ここで今適用したエフェクト、 例えば、これは トラックの V3 に設定してありますが、 この表示をオフにしてみましょう。 オフにすると、ここがオフになります。 逆に、ビデオ 2 、このトラックに 配置してある表示をオフにすると、 このように、このビデオ 2 に設定されている 調整レイヤーのエフェクトがオフになります。 このようにして、 複雑な設定も可能になります。 今度は調整レイヤーとは別に コンテナー機能 ... ネストというのですが、 このコンテナー機能を利用した エフェクトの設定の方法について ちょっと見てみたいと思います。 この隣のブロックなのですが、 こちらにも複数のクリップを 並べたブロックがあります。 これ、まず、このブロック、 これをすべて選択します。 選択したら、右クリックしてみてください。 メニューが表示されてきます。 このメニューの中の、この「ネスト」 これを選択します。 そうすると、ネストの名前を入力する ダイアログボックスが表示されます。 ここで名前を確認して OK ボタンをクリックしてください。 クリップが緑の状態に変わります。 この時にクリップが1つになっていますね。 これはコンテナーと呼ばれるもので、 先程あった複数のクリップが 1 つにまとめられているという状態です。 このコンテナーですが、 これをダブルクリックすると、 別のシーケンスが表示され、そこには 先程選択した複数のクリップ、 これが登録されているのが分かります。 次に、この今設定した このコンテナーですが、 このコンテナーにエフェクトを設定していきます。 例えば、エフェクト ... 先程設定したこちらのレイヤーの このレイヤーをコピーした、この、 それぞれのエフェクトですが、 これをこちらのコンテナーに コピーしてみたいと思います。 まず、レイヤーを選択して右クリック、 「コピー」を選択してください。 次に、コピー先の、このコンテナー、 これを選択して右クリックで、 「属性をペースト」これを選択してください。 そうすると、「属性をペースト」の ダイアログボックスが表示されます。 ここで、どのエフェクトを適用するのか、 ここで選択することができます。 とりあえず、3 つとも全部適用したいので、 この状態を確認して、 OK ボタンをクリックします。 そうすると、こちらの確認すると、 このようにコピーしたエフェクトが こちらの方に適用されているのが分かります。 さらに、別のレイヤーに設定してある エフェクトですが、これも同じように コピーして、こちらの方に 「属性をペースト」を選択してあげると、 今度は、1 つのコンテナーの中に 複数のエフェクトを 追加することができるようになります。 このように、調整レイヤー 或いはネスト機能を使うと、 簡単に複数のクリップに対して 多くのエフェクトを設定することが できるようになります。 ここでは、調整レイヤーを利用した エフェクトの設定方法について解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。