Premiere Pro CC 2015 基本講座

Premiere Pro のレンダリングオプション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、レンダリングとレンダリングのオプションについて解説します。
講師:
06:19

字幕

ここでは、レンダリングとレンダリングの オプションについて解説します。 一般的にレンダリングというのは タイムラインで編集した様々な素材データを 一つにまとめてファイルとして 出力することをいいます。 Premiere の場合はこの他に プログラムモニターなどに表示する― プレビューの作成処理のことも レンダリング、という風に呼んでいます。 ファイル名に「10_10」とある プロジェクトファイル、これを表示すると、 エフェクトを設定したクリップが 複数のトラックに配置されています。 そして、タイムラインのところを見ると、 黄色いラインとか赤いラインが 表示されていますね。 このラインが表示されている部分ですが、 ここ「レンダリングバー」 という風に呼んでいます。 ここに表示されている黄色いラインですが、 これはここの部分は レンダリングしていないよ、と。 ただ、レンダリングをしていないが、 リアルタイム再生など行った場合には、 スムーズな再生が可能だ、 ということを示しています。 赤いラインのところはレンダリングが 必要だ、ということを示しています。 レンダリングしないと、スムーズに再生が できなったり、或いはコマ落ちが 発生するかもしれない、 ということを教えてくれています。 このように赤く表示されるのには、 例えばクリップに 複数のエフェクトを設定したとか、或いは 今回のここの部分のように 複数のトラックにクリップを配置している というようなときに、赤く表示されます。 ここでレンダリングを実行したときに ちょっと便利なオプションを 1 個ご紹介します。 プログラムモニターの設定ボタンですが、 これをクリックすると、 メニューが表示されます。 ここにある「コマ落ちインジケーターを表示」 これを選択してください。 選択すると、タイムコードの横にグリーンの ランプが表示されます。 このランプですが、再生したときに コマ落ちが発生すると、グリーンが オレンジ色に変わってコマ落ちが 発生していることを示してくれます。 ここでちょっと再生をしてみましょう。 ここの部分、ちょっと再生してみますね。 ♪ (カントリーミュージック) ♪ ここでは、ランプがグリーンのままでした。 これが赤い部分を再生すると、 ♪ (カントリーミュージック) ♪ このようにオレンジ色に変わります。 オレンジ色のランプにマウスを合わせると、 再生中に 1 フレームのコマ落ちが 発生しました、というようにコマ落ちの フレーム数を教えてくれます。 但し、マシンのスペックによっては例えば、 メモリをたくさん搭載しているとか、 或いは利用しているグラフィックカードの 性能が良い、といったような場合には、 コマ落ちが発生しないこともあります。 また、レンダリング或いは 再生中のオプションですが、 プログラムモニターのここの部分 「再生時の解像度」というのがあります。 これをクリックすると、メニューが 表示されますが、例えば「フル画質」 これは最終出力するときの画質で 再生しましょう、ということなのですが、 その下の方「1/2 」とか「1/4」 というのがあります。 これは解像度を下げて、再生をすることで スムーズな再生を行うということができます。 デフォルトでは、1/2 に 設定されていますね。 レンダリングの実行ですが、 レンダリングを実行する場合には、 シーケンスメニューから 「インからアウトをレンダリング」 これを選択すると、 レンダリングが実行されます。 また、特定の場所をレンダリングしたい というようなときには、 イン点アウト点を使ってレンダリングする 範囲を指定することができます。 例えば、この部分をレンダリングしてみたい というときには、 レンダリングを開始する位置に 再生ヘッドを合わせて 「インをマーク」これをクリックします。 次に、レンダリングを終了したい部分、 再生ヘッドを合わせて「アウトをマーク」 これをクリックします。 そうすると、イン点アウト点が設定されます。 ここの範囲をレンダリング これから行ってみます。 同じように、「シーケンス」>「インから アウトをレンダリング」これを選択します。 そうすると、「ファイルをレンダリング」 という風に出てきますね。 レンダリング情報を見ると、 細かい情報も確認できます。 ここでレンダリングを終了すると、 ここまでバーは表示されます。 ♪ (カントリーミュージック) ♪ レンダリングが終了すると、 レンダリングした部分が再生されます。 また、レンダリングした部分ですが、 このようにグリーンのラインに変わります。 グリーンのラインはここをレンダリング 行ったよ、ということを示しています。 このイン点アウト点ですが、 これを削除する場合には、 右クリックで「インポイントと アウトポイントをクリア」 これを選択してください。 そうすると、イン点アウト点を削除できます。 尚、レンダリング実行した場合に ここの部分、まあ、実行しましたけども、 レンダリングを実行すると、実行した結果が レンダリングファイルとして 保存されています。 保存したレンダリングライルは次回から 再生するときに利用するのはもちろんですが、 最終的に出力するときにも 利用することができます。 ちょっと見てみましょうか。 シーケンスを選択して 「ファイル」>「書き出し」>「メディア」 これを選択すると、出力設定用の ダイアログが表示されます。 ここで下の方、設定メニューの 「プレビューを使用」というのがあります。 これをチェックしてあげると、 レンダリングによって出力された― レンダリングファイルを利用して 出力することができます。 これによって出力時間は 短くすることができます。 ここでは、レンダリングと レンダリングのオプションについて 解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日
再生時間:10時間02分 (84 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。