Premiere Pro CC 2015 基本講座

Premiere Pro とAfter Effectsを連携させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、Premiere Proで編集中のプロジェクトに、After Effects のコンポジションを追加する方法について解説します。
講師:
06:19

字幕

ここでは Premiere Pro で 編集中のプロジェクトに After Effects のコンポジションを 追加する方法について解説します。 サンプルのプロジェクト名に 10_11 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 シーケンスには複数のクリップが 配置されています。 このシーケンスに After Effects を作成した タイトルアニメーションの コンポジションを追加していきます。 なお After Effects のデータは Premiere Pro から After Effects を起動し 新規に作成したコンポジションを追加します。 まずシーケンスを確認します。 シーケンスを開いてここで、どこに タイトルを追加するのか位置を決めます。 再生ヘッドをドラッグしながら このような位置に配置したいと決めます。 位置を決めたら「ファイル」メニューから 「Adobe Dynamic Link」 これを選択してください。 サブメニューから 「新規 After Effects コンポジション」 これを選択します。 なお既にAfter Effects で作成してある コンポジションを利用したいという場合 その下にある 「After Effects コンポジションを読み込み」 これを選択します。 今回は新たに作りますので 「新規 After Effects コンポジション」 これを選択します。 新規の After Effects コンポジション 設定ダイアログが出ます。 ここではシーケンスの 設定内容が反映されているので 内容を確認して OK ボタンをクリックします。 ここでプロジェクト名を保存する 画面が表示されます。 ここで適当なプロジェクト名を 何か入力します。 プロジェクト名を入力して 「保存」ボタンをクリックします。 画面が Premiere の方に 一旦切り替わります。 この時プロジェクトパネルにコンポジションの アイコンが登録されています。 ちょっと拡大してみましょう。 この様な After Effects コンポジションの アイコンが登録されています。 アイコンを確認したら After Effects の方に切り替えます。 こちらが After Effects の画面です。 なおコンポジションの設定 これを変更したい場合 「コンポジション」のメニューから 「コンポジション設定」これを選択して下さい。 ここでデュレーション 例えば30秒になっていますけれど これを 10 秒に変更したいという場合 ここで例えば 10 秒に変更します。 変更したら OK ボタンを クリックして下しさい。 次に今回はタイトルアニメーションを 作りますので、テキストを利用します。 「レイヤー」メニューから 「新規」>「テキスト」これを選択します。 コンポジションのウィンドウで 適当な何か文字を入力します。 なお必要に応じてフォントですとか 或いは、フォントサイズを調整して下さい。 更に表示位置を調整します。 次にタイムラインの方で 再生ヘッドを一番左端に合わせておきます。 またタイムラインには テキストのレイヤーが追加されています。 ここでレイヤーのオプションを 展開していきます。 三角マークをクリックすると 「テキスト」と「トランスフォーム」という オプションがあります。 ここで「トランスフォーム」を更に開きます。 今回は位置とスケール この2つのオプションを使いますので それぞれのストップウォッチをオンにして アニメーションを有効にします。 ストップウォッチをオンにすると タイムラインの方にも 自動的にキーフレームが設定されます。 この状態で、まずスケールを調整します。 今回は小さな文字が徐々に大きくなるという アニメーションを作ってみます。 あと表示位置も調整します。 例えばこの辺ですね 真ん中あたりに持ってきます。 この状態からアニメーションを反射させて 例えば5秒の所で 最大の大きさになるように調整します。 ここで更にスケールと位置を調整します。 これでアニメーションが完成です。 ちょっと確認してみます。 この様なアニメーションができました。 この状態で画面を Premiere の方に切り替えてみます。 画面は Premiere に切り替えました。 ここで既に設定されているクリップ これをコンポジションのクリップを シーケンスの方に配置します。 配置して再生してみると... この様にタイトルのアニメーションが ダイレクトに反映しているのが分かります。 更に、現在この黄色い色ですが 例えばこれを After Effects の方に切り替えて 文字の色を少し変えてみます。 例えばこの様な色に変えたとします。 OK ボタンをクリックします。 画面を Premiere の方に切り替えます。 そうすると自動的に 文字の色も変更されています。 この様に After Effects と Premiere の間が リアルタイムで編集内容が反映するのが 1つの特徴になっています。 なお、例えばこれを編集して一旦終了して 例えば After Effects を終了します。 ここで After Effects を終了します。 「保存」して終了します。 保存して終了した後、例えばもう一度 このコンポジションを再編集したい場合 右クリックして 「オリジナルを編集」これを選択すると このように After Effects が起動して 再編集することができます。 ここでは、また文字の色を 変えてみたいと思います。 この様に変えると Premiere に戻ると この様に文字の色も変わっているし もちろんアニメーションも 有効になっています。 この様にしてに After Effects を まるで Premiere Pro のタイトラーの様に 利用できるというのが1つの特徴です。 ここでは Premiere Pro で 編集中のプロジェクトに After Effects のコンポジションを 追加する方法について解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。