Premiere Pro CC 2015 基本講座

4ポイント編集を利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、4ポイント編集を利用し、クリップの再生速度を楽しむムービー作りのテクニックをご紹介します。
講師:
06:21

字幕

ここでは4ポイント編集を利用し クリップの再生速度を楽しむ ムービーづくりのテクニックを ご紹介します。 サンプルのプロジェクト名に 11_02 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 ここに配置されているクリップを利用して 4ポイント編集を行ってみます。 まず最初に特定のディレーションのクリップを そのクリップのデュレーションより 長いデュレーションのクリップで 入れ替えてみたいと思います。 入れ替えの対象のクリップですけど このクリップ、使ってみたいと思います。 ちょっと再生してみますね。 (再生音) こういうドッグランのクリップです。 このクリップですけども 「シーケンス」メニューから 「マッチフレーム」 これを選択すると 元のクリップのどの部分を 使っているのかということがわかります。 ここでは、このクリップの ここの部分を利用してますね。 ここのイン点から アウト点を利用してます。 デュレーションは 4秒弱ですね。 次にこのイン点とアウト点 ちょっと変更してみます。 長めにしますね。 例えばこの辺から この辺まで使ってみますか。 約 15 秒くらいになります。 ちょっと再生してみますか。 (再生音) (再生音) (再生音) こういうムービーですね。 尚、この時のイン点とアウト点ですけど このイン点が1ポイント目 このアウト点が2ポイント目になります。 次に、この貼り込み先なんですけど シーケンスの方を見ると V2 トラックに配置してあります。 ここで、トラックのソースのパッチと ターゲットトラック これを確認しておきます。 で、この V2 トラック こちらに設定しておきます。 それと、オーディオの方 設定されている場合には こちら、オフにしておきます。 次に、このクリップのデュレーションに 置き換えたいので このクリップの範囲を指定します。 再生ヘッドを合わせて 「マーカー」メニューから 「クリップをマーク」 これを選択します。 そうすると、シーケンスのタイムラインの方に イン点とアウト点が設定されます。 この場合のイン点は3ポイント目 アウト点が4ポイント目になります。 では、貼り込んでみましょう。 ソースモニターの方の 「上書き」ボタン、これをクリックします。 そうすると「ペースト範囲の調整という」 ダイアログボックスが表示されます。 ここで「オプション」の所で 一番上にある 「範囲に合わせてクリップ速度を変更」 これを選択します。 選択したら OK ボタンをクリックして下さい。 これで貼り込まれました。 ちょっと貼り込んだ範囲を 再生してみましょう。 (再生音) このように、早送りの ムービーになっています。 今度は逆に短い範囲のデュレーションの クリップを長い範囲のデュレーションに 貼り込んでみたいと思います。 利用するクリップはこちらになります。 ここからですね ちょっと再生してみますね。 (再生音) こういうシーンになります。 このデュレーション 確認してみると 右クリックで 「速度・デュレーション」 これを選択します。 そうすると、約7秒のデュレーション ということがわかります。 確認したら「キャンセル」ボタン クリックします。 ソースの方ですけど 今度は この辺りから これくらいまでの範囲を利用してみます。 ちょっと再生してみます。 (再生音) 2秒 18 フレームありますね。 ここも同じように 再生ヘッドをクリップに合わせて 「マーカー」メニューから 「クリップをマーク」 これを選択します。 そうすると、イン点とアウト点が 設定されます。 この場合も4ポイントになりますね。 まずソースの方ですけど ソースの方のイン点、アウト点 これで1ポイント目、2ポイント目 そして、シーケンスの方のイン点、アウト点 これが3ポイント目、 4ポイント目になります。 ここでまた同じようにソースモニターの方の 「上書き」ボタン、これをクリックします。 すると、同じように 「ペースト範囲の調整」という ダイアログボックスが表示されるので ここで「範囲に合わせてクリップ速度を変更」 これを選択して OK ボタンをクリックします。 これで貼り込まれました。 ちょっと再生してみましょう。 (再生音) 今度はこの様に スローモーションのムービーになりました。 この様に4ポイント編集を利用すると 楽しいムービーを 簡単に作ることができます。 ここでは4ポイント編集を利用し クリップの再生速度を楽しむ ムービー作りのテクニックを ご紹介いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。