Premiere Pro CC 2015 基本講座

二次カラー補正を行う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、二次カラー補正の利用方法について解説します。
講師:
07:23

字幕

ここでは、二次カラー補正の 利用方法について解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 12_05 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 ここでは、表示されたシーケンスに対して 二次カラー補正を適用し 映像をアレンジしてみます。 まず先頭のクリップをご覧下さい。 犬がボールと遊んでいるクリップです。 このクリップの中の このボールの色 ここだけを残して、他をモノクロに 設定するといったような設定ができます。 まず先頭クリップを選択して 「ウィンドウ」メニューから 「Lumetri カラー」 これを選択します。 「Lumetri カラー」のパネルが 表示されます。 今回はこの中にある「カーブ」 という機能を利用します。 クリックして開きます。 ここにある「色相」「彩度」「カーブ」 という、これを利用します。 この中に白いラインがありますけど ラインにマウスを合わせると 変な形に変わります。 ここでマウスをクリックすると ハンドルが表示されます。 このハンドルを中央に向かって ドラッグします。 そうすると、クリップの方 モノクロに変更されています。 今回は、このボール 赤い色ですけど 赤系統の色相を変更していきたいので こちらの赤いボタン これをクリックします。 そうすると、色相を変更する ハンドルが表示されます。 このハンドルの内 真ん中に表示されたものを 外側にドラッグしていきます。 そうすると、映像の中 赤い色だけが表示されるようになります。 このハンドルの位置をドラッグして 変更してあげると 表示される色の範囲とかが 切り替わっていきます。 例えば、こちらの方も 変わったりします。 また、クリックすると ハンドルを増やすことができて、 更にドラッグすると 此方の方の色も 表示されるようになります。 ハンドルを削除したい場合には Windows の場合には Ctrl キーを押しながら Mac の場合には Command キーを 押しながらクリックします。 そうすると、ハンドルを削除できます。 この状態でちょっと 再生してみたいと思います。 再生すると このような感じになりますね。 ボール、あるいはボールに ちょっと似ている所も色、残ってますけど ボ=-ルだけに色があって あとはモノクロの状態で クリップが再生できます。 次ですけど、こちらのクリップ ちょっと再生してみます。 最初のシーンでは 犬はオレンジ色の ボールを追っています。 ところが、切り替わるとこちらでは ボールが赤になっています。 なので、こちらの赤いボールを オレンジ色に変更してみます。 尚、ここでは 利用するツールなんですけど 3ウェイカラー補正 というツールを利用します。 まずツールを見つけます。 「エフェクトコントロール」パネルから 検索ボックスに「3」と入れます。 そうすると、下の方に 「3ウェイカラー補正」 これがでてきます。 ここで、このエフェクトを 今のこのクリップに適用します。 この状態で「エフェクトコントロール」 パネルを表示してみます。 「3ウェイカラー補正」が 適用されていますね。 今回「Lumetri カラー」は 使いませんので、閉じて置きます。 メニューの表示ボタン、クリックして 「パネルを閉じる」 これを選択します。 次に、この 「エフェクトコントロール」パネルの 「3ウェイカラー補正」ですけど ちょっと下の方を見ていきます。 ここに「二次カラー補正」という カテゴリーがあります。 この三角メニューを開いて オプションを表示します。 ここに「マスクを表示」という オプションがあります。 このチェックボックス クリックします。 そうすると、マスクが表示されて すべてが今、白くなっています。 ここでボールだけを これから選択します。 ここにスポイトがありますので スポイトの左端のスポイト これをクリックして スポイトを選択します。 この状態で、この赤いボールの所を スポイトでクリックしてあげます。 そうすると、スポイトで選択した部分が 表示されます。 更に+マークのスポイトを使って 他の部分も選択していきます。 ちょっと広くなってきました。 もうちょっと広げてみますね。 この様にボールが表示されます。 尚、この二次カラー補正には 「色相」とか「彩度」 「輝度」などのオプションがあります。 これらの設定値を変更して 更に、ここのボールの部分のマスクを もうちょっと綺麗に表示させたりできます。 この様に設定値を変えていきます。 なるべく他の要素のものが 全部入り込まない形で調整していきます。 ボールのマスクができたら、 次に、この「マスクを表示」 このチェックをオフにします。 映像が表示されます。 映像が表示されたら、今度は こちらのカラーホイールの方に 移動します。 このカラーホイールで 色相を調整しながら この赤い色がオレンジ色になるように 調整していきます。 大分オレンジ色に近くなってきていますね。 このような感じで、赤いボールを オレンジ色に変更することができます。 ちょっと再生してみます。 このように二次カラー補正を使うと 映像をアレンジすることができます。 ここでは、二次カラー補正の 利用方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。