Premiere Pro CC 2015 基本講座

基本的なローワーサードタイトルを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、ニュース風の背景に帯のあるタイトルの作成方法について解説します。
講師:
08:46

字幕

ここでは、ニュース風の背景に 帯のあるタイトルの 作成方法について 解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 13_01 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してみましょう。 ここでは、このプロジェクト用の タイトルを作成してみます。 尚、これから作成するタイトルなんですけど もう1つのシーケンスの方に タイトルが設定されていますので ちょっと確認してみましょう。 これから、この様なタイトルを 作ってみたいと思います。 では切り替えます。 まず最初にタイトルを 配置する位置を見つけます。 例えば、この辺にタイトルを 設定したいと決めます。 設定する位置が決まったら 「タイトル」メニューから 「新規タイトル」>「静止タイトル」 これを選択します。 新規タイトルの ダイアログボックスが表示されます。 ここで適当なタイトル名、入れます。 タイトルツールが起動しました。 ここでまず最初に 「横書き文字ツール」 これを選択します。 文字を入力した位置で クリックします。 ここで、文字を入力します。 文字の入力ができたら 選択ツールに持ち替えて 表示位置、変更します。 必要があれば文字揃えなども調整します。 例えば、右揃えにしてみます。 次、文字のサイズなんですけど このツールバーの所で文字を サイズの所をドラッグしてあげると 文字サイズ、変更できます。 あるいは、このハンドルの部分ですけど Shift キーを押しながらドラッグしてあげると 縦横比、維持しながら サイズ変更ができます。 また、複数行に渡って 文字を入力したいような場合には 行間調整ができます。 更に、例えば 2行目の文字だけを 選択して、文字サイズを 修正することもできます。 また「カーニング」 文字間隔ですね。 これも調整することができます。 尚、文字を入力している時に 背景が邪魔な場合には 「背景ビデオを表示」 このボタンをクリックすると オフにできます。 尚、ここに表示されている背景のフレームは タイトルを作る時に 再生ヘッドを配置しましたけど その再生ヘッドを配置した所のフレームが こちらに表示されています。 次にタイトルのデザイン 設定していきます。 最も簡単なのは下の所に 「タイトルスタイル」というのがあります。 ここでスタイルを選択すると 様々なスタイルを適用することができます。 例えば、1行ずつでしたけれども 全体を選択すると それぞれの行が全部 同じようなタイトルで設定されますし 先程みたいに部分だけ 変えたいという場合には どちらかを選択して この様に変更していくこともできます。 選択ツールに持ち替えて また両方選択して 適用します。 尚、スタイルによっては 行間が迫ってくる時もありますので こういった場合には また行間調整をする必要があります。 この様にして行間を調整します。 更に、細かくデザイン設定した場合には 右の方にある「タイトルプロパティ」 こちらで細かいデザイン設定ができます。 例えば文字にグラデーションを 設定してみたいと思います。 不要なオプションは ちょっと閉じておきますね。 ここの塗りですけど デフォルトではべた塗りになっています。 ここの所を三角マークをクリックして メニューから 例えば「線形グラデーション」 これを選択します。 2つの分岐点が表示されてますので 右側の方をダブルクリックして 色を選択します。 色を選択したら OK ボタンをクリックします。 これで文字にグラデーションが 設定されました。 更に文字を目立つようにしたい場合には 「ストローク」、これを利用します。 ストロークというのは 文字の周りに罫線で囲って 文字を目立たせることができます。 ストロークには文字の内側に 設定するのか、外側に設定するのかと 選択できますので ここでは、外側を選択して 「ストローク(外側)」 オンにします。 これが表示されていない場合は この「追加」ボタンをクリックして 表示させて下さい。 「カラー」なんですけど デフォルトでは白になってますので クリックして、例えば黒とかを選んであげて OK ボタンをクリックします。 そうすると、文字が目立つようになります。 必要があれば 太さ、これらも調整していきます。 次に文字の「影」 影が必要かというのは このチェックボックス オン・オフしながら 確認してみて下さい。 影が必要であれば チェックボックスをオンにして 更に「不透明度」あるいは 「距離」とか「サイズ」とか これらのオプションを調整します。 次に背景となる 帯を作ります。 こちらに図形があります。 ここに長方形ツールがありますので この長方形ツールを選択して こういう風に文字に被る形で 図形を設定して下さい。 尚、図形は文字の上に 設定されてしまいますので 図形の上で右クリックして 「アレンジ」>「最背面へ」 これをクリックします。 文字が表にでてきます。 尚、この図形には文字のデザインが そのまま適用されていますので 「ストローク」とか 「影」とか こういったものはオフにしておきます。 更に、この帯の濃度なんですけど 不透明度を調整します。 この「カラーストップの不透明度」 これを調整します。 分岐点をクリックして 例えばここ 100 という所 例えば これくらいにしておきます。 もう1つの方の分岐点 これをクリックして 濃度を調整しておきます。 デザインが出来上がったら これを閉じます。 保存とか作業をする必要はありません。 このまま閉じちゃいます。 閉じると、プロジェクトパネルに タイトルクリップが登録されています。 これを再生ヘッド位置に 配置して 必要があれば、これをトリミングして 長さを調整します。 この様な形でタイトルが作成できました。 尚、このタイトルは プロジェクト上で右クリックして 複製をすれば 複製タイトルができますので これをダブルクリックすると 再編集ができるようになります。 ここで様々なタイトルを 変えていって利用することも可能です。 また、配置したタイトル 必要があれば トランジションなどを設定してあげると 良いかと思います。 ここでは、ニュース風の 背景に帯のあるタイトルの 作成方法について 解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。