Premiere Pro CC 2015 基本講座

マルチカムのグループクリップをシンクロさせる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、複数のビデオクリップから、マルチカメラ編集で利用する「マルチカメラソースシーケンス」を作成する方法について解説します。
講師:
06:03

字幕

ここでは複数のビデオクリップから マルチカメラ編集で利用する マルチカメラソースシーケンスを 作成する方法について解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 14_01 とあるプロジェクトを表示して下さい。 ここには2つのビデオクリップが 登録されています。 このビデオクリップを利用して マルチカメラ編集で利用する マルチカメラソースシーケンスを 作成します。 ここに登録されている2つの クリップですけど 1つの写体を 別々のカメラで撮影した映像 2つが登録されています。 まず確認してみたいと思います。 上側のクリップになります。 ダブルクリックすると ソースモニターの方に 映像が表示されます。 再生してみます。 この様に若干アップ気味で、尚且つ 音声がはっきりと録れているクリップです。 2つ目のクリップに行きます。 再生してみます。 このクリップは映像が 若干引き気味なんですけど 音声の方、もう一度 確認してみて下さい。 この様に片っぽのチャンネルだけの データしか入っていません。 これは右チャンネルの方のデータだけが 入っている映像になっています。 尚、これからマルチカメラの 編集を行うわけですけど この場合、プロジェクトパネルの上側にある このクリップですね。 此方がカメラ1、そして 下側にあるクリップ、これがカメラ2 という形で振り分けられています。 まず、この2つのクリップ 両方とも選択します。 Shift キーを押しながらクリックして 2つのクリップを選択します。 選択できたら右クリックして メニューから 「マルチカメラソースシーケンスを作成」 これを選択します。 「マルチカメラソースシーケンスを作成」 というダイアログが表示されます。 ここでクリップ名、 名前なんですけど 「マルチカメラ」という風に 一応設定されています。 これ、このままでも構いませんし 自由にわかりやすい名前に変えて下さい。 ここでのポイントは「同期ポイント」 この選択になります。 2つのクリップがありましたけど これを、どのような形で同期をとるのか という所を決めていきます。 選択肢としては インポイント、アウトポイントで 同期をとる方法、あるいはタイムコードで 同期をとる方法がありますけど ここでは「オーディオ」 これを選択します。 更にトラックのチャンネルなんですけど 「1」「2」と、それと 「ミックスダウン」 3種類があります。 ここでは「2」を選択します。 これはクリップを再生して 確認して頂いた時に 1つのクリップの方は、右チャンネルしか データが入っていませんでした。 音声の方がですね。 なのでその音声データと同期をとるためには チャンネル2の方を使って同期をとる という風に設定しておかないと 同期をとることができません。 尚、オーディオで同期をとるという方法は 非常に優れた同期をとるテクニックでして 正確に同期をとることができます。 次に、ポイントになるのが 「オーディオ」ですね。 マルチカメラの場合 複数のカメラで音声を録音していますけど そのカメラの中の、どのカメラの 音声を使うかというのを選択します。 ここでは「シーケンス設定」という メニューの中にある 「カメラ1」 これを選択します。 「カメラ1」に入っている音声データを メインとして利用する ということになります。 以上の選択ができたら OK ボタンをクリックします。 OK ボタンをクリックすると プロジェクトの方ですけど マルチカメラソースシーケンスが 設定されます。 マルチカメラソースシーケンス ができると同時に それまであったクリップは 「処理済みのクリップ」という ビンが作成され その中に2つのクリップが 登録されます。 では、出来上がった マルチカメラソースシーケンス ちょっと確認してみたいと思います。 ダブルクリックします。 ソースモニターの方に表示されました。 ちょっと再生してみます。 今、1つしか表示されていません。 これはカメラ1の方に入っているデータで 同期をとった時に カメラ1の映像の方が長くて カメラ2の方の映像は まだ表示されていない状態になっています。 これ、もうちょっと先へ進めます。 この辺からカメラ2の方の 映像がでてきます。 この様にカメラ1の音声データを使って カメラ1とカメラ2の映像が 同期されているのがわかります。 この後、 マルチカメラソースシーケンスを使って マルチカメラ編集を行っていきます。 ここでは、複数のビデオクリップから マルチカメラ編集で利用する マルチカメラソースシーケンスを作成する 方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。