Premiere Pro CC 2015 基本講座

マルチカム編集を行う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、事前に作成してある「マルチカメラソースシーケンス」を利用して、マルチカメラ編集を行う手順を解説します。
講師:
07:44

字幕

ここでは事前に作成してある マルチカメラソースシーケンスを利用して マルチカメラ編集を行う手順を 解説いたします。 サンプルのプロジェクト名に 14_02 とあるプロジェクトを表示して下さい。 プロジェクトパネルには一本の マルチカメラソースシーケンスが 登録されています。 これを利用して、これから マルチカメラ編集を行ってみます。 まず最初に このマルチカメラソースシーケンスを 編集するためのシーケンス これを設定します。 即ち、シーケンスを設定しその中で マルチカメラソースシーケンスを編集するので シーケンスをネストした形で 編集するということになります。 プロジェクトパネルのシーケンスの上で 右クリックしてメニューを表示します。 この中から「クリップに最適な 新規シーケンス」、これを選択します。 そうすると、シーケンスが設定され 更にその中に マルチカメラソースシーケンスが 配置されています。 こちらがプロジェクトパネルの上にあるのが マルチカメラソースシーケンスで その下にあるのが これが通常のシーケンスになります。 次に、マルチカメラ編集を行うための 操作ボタン、これを登録します。 プログラムモニターの右下なんですけど ここに+ボタンがあります。 これをクリックすると ボタンエディターが起動してきます。 ボタンエディターのメニューの中に 「マルチカメラ表示を切り替え」という ボタンがあります。 これをドラッグして登録します。 登録できたら OK ボタンをクリックしてください。 ここにボタンが登録されました。 このボタンをクリックすると この様にマルチカメラ編集を行うための 画面に切り替えることができます。 もう一度クリックすると プログラムモニターに戻ります。 尚、操作しやすいように ちょっとサイズを変えておきます。 この様な形にちょっと大きくしておきます。 クリックしてみると こんな状態ですね。 更に、編集をしやすいように シーケンスの方の表示 これを変更しておきます。 まず A1 トラックですね。 オーディオの方のトラックですけど このトラックヘッダーの何もない所 ダブルクリックして この様に波形を表示しておきます。 更に V1 トラックですね。 ビデオトラックの何もない所 ここをクリックして 表示幅を変えておきます。 尚、このシーケンスですけど 再生してみると (再生音) この様にデータが登録されているのですが 最初のほう、カメラ1の映像しかありません。 カメラ2の映像なんですけど ここから登場してきます。 ですので、カメラ1の映像しかない部分を カットしていきます。 カメラ2の映像がでてる直前まで 見つけます。 ここでカメラ2の映像がでてきます。 ここでプログラムモニターウィンドウ マルチカメラ編集ウィンドウですね。 ここの「アウトをマーク」 このボタンをクリックします。 そうすると再生ヘッドのある位置から 前が選択された状態になります。 シーケンスの方を見ると アウトから前の部分が選択されています。 この状態でボタン 「リフト」と「抽出」2つありますけど 「抽出」の方 此方をクリックします。 クリックすると範囲指定した部分が 削除されます。 この状態でマルチカメラ編集を 行っていきます。 尚、マルチカメラ編集の画面なんですが 2つのカメラが表示されています。 こちら、左側が カメラ1になります。 クリックすると、こちらの方に 選択しているカメラの映像が表示されます。 右側、こちらはカメラ2の映像になります。 2の映像をクリックすると、こちらの方に 選択されている映像が表示されます。 マルチカメラ編集では 再生をしながら 利用したいカメラの方の サムネールをクリックします。 クリックすると、クリックしたサムネールの 枠が赤く表示されます。 赤く表示されている時には、そこの映像が 登録されているという形になります。 必要に応じてサムネールをクリックすることで カメラを切り替えていきます。 こちらがカメラ1 こちらがカメラ2になります。 いま現在、カメラ1が 選択されています。 では、編集を開始してみます。 再生ボタンをクリックして 再生を開始します。 (再生音) (再生音) (再生音) (再生音) (再生音) (再生音) この様にカメラを選択しながら 編集していきます。 編集を終える時には 停止ボタンをクリックすると再生が停止して そこで編集が終了します。 また、編集を続けたい場合には 再度、再生ボタンをクリックして 再生していけば、また編集を 続けることができます。 では編集した映像を ちょっと確認してみたいと思います。 (再生音) (再生音) (再生音) この様に選択したカメラの方の映像が こちらの方のプレビューに 大きく表示されています。 これをプログラムモニターに 切り替えて これに沿って見てみたいと思います。 (再生音) (再生音) (再生音) この様にカメラを切り替えた形で 編集できたことがわかります。 これがマルチカメラ編集です。 ここでは、事前に作成してある マルチカメラソースシーケンスを利用して マルチカメラ編集を行う手順について 解説しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。