Premiere Pro CC 2015 基本講座

Media Encoderで一斉に書き出す

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、シーケンスに設定した出力範囲を、出力専用のアプリケーション「Media Encoder」から出力する方法について解説します。
講師:
06:42

字幕

ここではシーケンスに 設定した出力範囲を 出力専用のアプリケーション Media Encoder から 出力する方法について 解説致します。 サンプルのプロジェクト名に 15_02 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してください。 このシーケンスには出力範囲を イン点とアウト点で指定してあります。 こちらになります。ここがイン点、 ここがアウト点で、 この範囲を Media Encoder から 出力します。 出力する範囲を確認してみます。 このような内容ですね。 ドラッグしてみましょう。 出力する範囲が確認できたら シーケンスが選択されているのを 確認して、ファイル > 書き出し > メディアを選択します。 書き出しの設定のパネルが表示されます。 この左下ですが、ここに ソース範囲という項目があります。 ここに「シーケンスイン-アウト間」と 表示されています。 これが今確認した部分なのですが メニューを表示してみます。 シーケンス全体、ワークエリア、カスタム。 これらから選択することもできますが 今回は「シーケンスイン-アウト間」が 選択されているのを確認してください。 こちらにタイムラインがありますが 出力する範囲はここに設定されています。 確認してみます。 この範囲になりますね。 次に書き出しの設定ですが ここでは事前に プリセットが登録されていれば それを使いたいと思います。 今回も登録してありますので プリセットの三角ボタンをクリックして メニューを表示します。 ここにオリジナルなプリセットを 登録してありますので これを選択します。 プリセットの内容が反映されました。 概要がありますので、 ここで設定内容を確認しておきます。 フレームのサイズですとか フレームレート、 これらを確認して、間違いが無ければ このまま出力に進みます。 出力ですが、ここでは キューを選択します。 キューを選択すると、データが Media Encoder の方に送られます。 Media Encoder に送られてきました。 キューという領域の所に送られてきた データが登録されます。 ではここで Premiere に切り替えて 別のデータを送ってみたいと思います。 今度はシーケンス全体を 出力してみたいと思います。 ファイル > 書き出し > メディアを 選択します。 先程確認したソースの範囲ですが、 「シーケンス全体」を選択します。 そうすると青いバーが 全体に広がっています。 なお、このバーですが、左右に 白い三角マークがあります。 このマークをドラッグすると、 出力範囲を限定することができます。 今回は全体ですので、 左右一杯に広げておきます。 次に出力するファイルの形式ですが、 これも変えてみたいと思います。 ここでは MPEG2 を 選択してみたいと思います。 必要であればプリセットの中も選択します。 今回はこのままキューボタンをクリックして Media Encoder に送ります。 ここに登録されました。では もう一つ追加してみたいと思います。 今度の出力する方法は ファイルメニューではなくて プロジェクトパネルの方から 指定してみたいと思います。 シーケンスを右クリックして メニューから 「メディアを書き出し」を選択します。 同じように書き出し設定の パネルが表示されます。 ここでファイルの形式、次は QuickTime で出力してみます。 選択したらキューボタンをクリックします。 ここで三つの形式で出力することが 登録されているのが分かります。 H.264 、MPEG2、QuickTime ですね。 この形式ですが、この一覧から 変更することもできます。 この三角ボタンをクリックすると 形式の選択メニューが出ます。 ここで例えば MPEG2 のDVD 形式で出力したい、 これを選択すると、 このように切り替わります。 同じようにプリセット、あるいは出力する ファイルの保存先・ファイル名なども ここで変更することが可能です。 このように複数の形式で Media Encoder から 出力することができます。 出力する時には 右上にあるこの緑色のボタン、 「キューを開始」というボタンですが これをクリックすると、 上から順番にファイルの出力が 開始されます。一つ目が 終わると自動的に 二つ目のファイルの出力が開始され、 二つ目が終わると三つ目の出力が 開始されます。 このように Premiere で1つの形式で 作成していたデータを、 Media Encoder に送って 様々な形式でまとめて 出力することができるのが、 Media Encoder の特徴です。 ここではシーケンスに 設定した出力範囲を 出力専用のアプリケーション Media Encoder から出力する 方法について解説いたしました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。