Premiere Pro CC 2015 基本講座

書き出しのオプションを利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、ファイル出力時に利用できる各オプション設定から、主なオプションの使い方について解説します。
講師:
06:47

字幕

ここではファイル出力時に 利用できるオプション設定から 主なオプションの 使い方について解説致します。 サンプルのプロジェクト名に 15_03 とあるプロジェクトから シーケンスを表示してください。 ここではこのシーケンスを ファイルとして出力する際に 利用できるオプションを いくつか紹介したいと思います。 まず「シーケンス」を選択して 「ファイル」メニューから 「書き出し」>「メディア」を 選択するか、あるいは プロジェクトパネルの「シーケンス」を 右クリックして メニューの一番下にある 「メディア書き出し」を選択してください。 書き出し設定のパネルが表示されます。 最初のオプションは左側に 出力というタブの他に もう一つソースというタブがあります。 このソースというタブをクリックすると 例えばこの再生ヘッドを 移動させて、映像を表示させると ここに「出力ビデオ/クロップ」という ボタンがあります。 このボタンをクリックすると ハンドルをドラッグして 出力する画面の範囲を 切り取ることができます。 ここの部分が これから出力されるという風に 設定することができます。 元に戻しておきます。 出力の方に切り替えておきます。 なお出力の設定ですが、 書き出し設定の所で プリセットを利用してみたいと思います。 オリジナルのプリセットなのですが、 これを選択すると プリセットで全ての設定が 適用されます。 ここでオプションの中で エフェクトを使ってみます。 エフェクトというのは、下の方の 一番左にあります。 このエフェクトの内容ですが、 例えば一番上には 「Lemetri Look」という エフェクトがあります。 このチェックボックスをチェックして オンにします。そうすると、 「適用」のところが 選択できるようになります。 三角マークをクリックして メニューを表示すると 例えばセピアなんかを選ぶと、 全体をセピア色に加工して 白くすることができます。 ここでは「ブリーチバイパス1」を 選択してみます。 次にその下「画像のオーバーレイ」 というのがあります。 チェックボックスをオンにすると 適応が利用できるようになるので 三角ボタンをクリックして 選択を選びます。 そうするとどの画像を使うのか という選択画面が表示されるので Photoshop のデータ、 これを使いたいということで 開くボタンをクリックします。 そうすると映像の中に画像が追加されます。 なお追加した画像は、 「不透明度」を調整すると、 濃度を調整できます。 また「サイズ」ですが、この数値を変えると サイズをこのように 変更することもできます。 さらに「オフセット」これを選択すると、 表示位置を変更できます。 例えば、 このような位置から、 このような位置へ、もうちょっと上にします。 こんな風に表示させることもできます。 また別のエフェクトとして、 「タイムコード」があります。 「タイムコードオーバーレイ」という オプションなのですが、 これをチェックしてオンにすると、 タイムコードを表示できます。 ここにオフセットがありますので、 表示位置を 変更することができます。 こんなことができます。 また、新しく搭載されている エフェクトなのですが、 「タイムチューナー」というのがあります。 チェックしてオンにすると 現在のデュレーションが ここに表示されています。 1 分 26 秒 13 フレームあるのですが 目標のデュレーションという所に 1 分 30 秒ちょうどにして 出力する設定ができます。 この場合デュレーションの伸縮率が 4 % です。 例えば映像を伸ばした場合には その間に補完するフレームを入れたり、 あるいは、短くなった場合には 間引くのですが それが非常に計算の精度が高くて 非常に綺麗に 間引いたり補完するので なかなか有効な機能かなと思います。 この他のオプションとしては 下の方にある、 「最高レンダリング品質を使用」、これを 高画質な状態で出力したい場合には これを選択します。 「プロジェクトに読み込む」 というのがあります。 これをチェックしてオンにしておくと、出力が 終わった時点で出力されたファイルを クリップとして、プロジェクトパネルに 取り込んでくれます。 こうした設定ができたら、出力するのですが 出力が例えば書き出しで、 Premiere 側から出力するか 或いはキューボタンをクリックして、 Media Encoder に送って 出力するか、それぞれを 選択して実行します。 ここではファイル出力時に 利用できる各オプション設定から 主なオプションの 使い方について解説致しました。

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。