Facebook広告の基礎

検索連動広告との相違点

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ネット広告の代表格である検索連動型広告との相違点を理解しておきましょう。
講師:
03:05

字幕

はい このレッスンでは検索連動広告とフェイスブック広告の相違点についてお話しをさせていただきますまずですね 表にまとめましたので一つずつ見ていきましょう検索連動広告とフェイスブック広告相違点まず ユーザーのところですねこの検索連動広告が表示されるユーザーっていうのは自発的に自分で検索をしたユーザーその検索したキーワードに対して それに関連する広告が表示されるとという仕組みになってますフェイスブック広告の場合ユーザーは自動的ですフェイスブックのニュースフィードに流れてくる友達の投稿であるとか自分がファンになっているフェイスブックページの投稿そのなかに広告も入ってくるという形になってますのでユーザーは自分からその広告 もしくはその広告に関連する情報を別に見ようと思ってるわけではないですねなので 自然とフェイスブックを使っていると眼の中に飛び込んでくるというのがフェイスブック広告でありますよということですはい 表示方法なんですが検索連動広告の場合は検索窓に語句を入力するとそれに対して広告が表示されるという動きになります対してフェイスブック広告の場合はですねフェードに表示されるフェイスブックをログインした時に表示されるニュースフィードにどんどん流れてくるということですねはい この広告の情報の種類なんですけども基本的には検索連動広告の場合はユーザーが直接的に求めてる情報 あるいは近しい情報が流れてくるという形です検索連動広告の中に例えばフェイスブック広告という形で検索をするとフェイスブック広告を代行する業者さんの広告が流れてきたりというようなことですね対してフェイスブック広告の場合は繋がってる知人が勧めている情報であるとかもしくはそのユーザーのプロフィールですね に適した情報がフェイスブックニュースフィードに自動的に流れてくるという形になってきます誰々がいいねしています誰々が勧めていますという形でこのニュースフィード上に流れてきたりそのプロフィールに合わせて情報が流れてくるという形ですここでですね ご理解いただきたいのは検索連動広告とフェイスブック広告これどっちがいい 悪いじゃなくてそれぞれ違うんですよということをまずご認識頂く必要があるかと思ってますフェイスブック広告は検索連動広告ではリーチできないユーザーに自社の情報を見せることができるということなのでそれぞれですね その広告の目的対象とするターゲットの性質などに合わせてですねそれぞれ使い分けていただければなと思いますはい このレッスンでは検索連動広告とフェイスブック広告の相違点についてお話しさせていただきました

Facebook広告の基礎

企業のFacebookページの運用では広告の活用が必須です。このコースではFacebook広告の運用方法について詳しくお伝えします。基本的な出稿の手順からターゲットの設定方法、効果解析画面の見方まで丁寧に解説します。このコースを最後まで見れば、Facebook広告を自分できちんと運用できるようになるでしょう。

2時間28分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。