WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

フィールドグループを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Advanced Custom Fields(ACF)」を使ってフィールドグループを作成して、カスタムフィールドを格納する為の枠を準備する方法について解説していきます。
講師:
05:11

字幕

このレッスンでは Advanced Custom Fields略して「 ACF 」を使ってフィールドグループを作成する方法について解説していきます。フィールドグループとは複数の関連したカスタムフィールドを一つの纏まりにしたものを指します。Advanced Custom Fields を使ってカスタムフィールドを作っていく時まずはこのフィールドグループという大枠から作って、その中に関連したカスタムフィールドを作成していくと言った手順になります。まずは画面をみてみましょう。こちらは WordPress で作成したウェブサイトとなっています。今回はこちらのウェブサイトの中のこちらの投稿の本文の下に追加の情報をカスタムフィールドを使って実装をしたいと思います。では先に完成したいイメージをみておきましょう。はいこれが完成したいイメージとなっていてこの「カピバラ」の投稿の本分の下の部分にこのように「補足情報」ということで新たに枠を設けて追加の情報をカスタムフィールドを使って表示させたいと思います。それでは WordPress の管理画面に移ります。はいこれが WordPress の管理画面ですね。Advanced Custom Fields を使ってフィールドグループを作成する際にはこちらの左メニューの中のこの「カスタムフィールド」のメニューの中に入っているこちらの「カスタムフィールド」をクリックします。 するとこのように「フィールドグループ」と書かれた画面が表示されます。そしてこちらの「新規追加」ボタンをクリックします。するとこのようにフィールドグループを作成する為の画面がでてきます。まずこちらの部分にそのフィールドグループのタイトルを入力します。この部分は日本語でも入力することができます。では今回はこの部分に「補足情報」と入力しておきます。そして次にこちらの部分をみましょう。「位置」と書いていますね。この部分ではカスタムフィールドグループを表示させる投稿を指定することができるようになっています。現在ではこちらに「投稿タイプ」と書かれていて「等しい」そした「 post 」と書かれていますね。これが投稿タイプ post の時このカスタムフィールドグループを表示させると言った形になります。今回はこちらの「投稿画面」に表示させると言った内容になっています。この部分はこのように様々な選択肢がありますので自分が表示させたい投稿画面にのみこのカスタムフィールドグループを表示させることができるようになっています。またこちらの「 and 」ボタンやこちらの「 Add rule group 」ボタンをクリックすることによって複数の投稿タイプに対してカスタムフィールドグループを表示させたり、またいずれかの条件に一致した場合のみカスタムフィールドグループを表示させると言った条件を作成することもできるようになっています。 では次にこちらの「オプション」と書かれている部分をみてみましょう。こちらの「順序番号」は一つの投稿画面の中に複数のカスタムフィールドグループがあった場合その表示させる順番を指定することができるようになっています。次にこちらの「位置」ですが、このようにその投稿画面の中でタイトル入力枠の後に置くのかそれとも本分の入力枠の後に置くのかもしくはサイドメニューのところに置くのかというものを選ぶことができるようになっています。そしてこのちらの「 style 」はその追加するカスタムフィールドグループの見た目を選択とることができるようになっています。今回はこちらの部分を「 standard 」というこにしておきましょう。ではここまで入力ができたらこちらの「公開」ボタンをクリックします。するとこのように「フィールドグループを公開しました」ということでフィールドグループの作成が完了いたしました。ではもう一度こちらの左メニューからこちらの「カスタムフィールド」をクリックするとこのようにフィールドグループの画面に先程作成した「補足情報」というものが追加されていますね。これでフィールドグループの作成が完了となります。 以降はこの作成した補足情報というフィールドグループに対して様々な種類のカスタムフィールドを入れ込んでいってみたいと思います。以上でレッスンは終了です。今回は Advanced Custom Fields を使ってフィールドグループを作成する方法について解説いたしました。

WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

WordPressは世界中で使われている無料のWeb制作ソフト/CMSです。その機能を拡張してさらに便利にしてくれるのがAdvanced Custom Fieldsです。このコースではその機能の紹介からプラグインの入手先やインストール方法、さらにはフィールドグループの作成やサイトへの出力まで詳しく紹介します。

1時間36分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年01月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。