WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

投稿や固定ページの編集画面の表示項目を制御する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フィールドグループのオプション設定を使って、投稿や固定ページの編集画面の表示項目を制御し、運営上必要のない項目を非表示にする方法について、解説していきます。
講師:
04:11

字幕

このレッスンでは Advanced Custom Fields略して「 ACF 」を使って投稿や固定ページの編集画面の表示項目を制御する方法について解説していきます。まずは画面の方を確認してみましょう。こちらの画面は投稿の入力画面となっていますね。このようにこちらの入力画面には様々な入力項目が存在しています。このように画面をスクロールしていっても様々な入力項目があるのが分かりますね。Advanced Custom Fields を使うとこういったこの投稿画面の中に表示されている入力項目を表示したり表示させなくしたりすることも可能になっています。今回その機能について見ていきたいと思います。それではこちらの左メニューから「カスタムフィールド」をクリックします。そしてこちらの「カスタムフィールド」をクリックします。するとこのように「フィールドグループ」が表示されてきましたね。今回はこちらの「補足情報」をクリックします。するとフィールドグループの編集画面に入りました。そして今回注目していただきたい部分はこちらの画面の中のこちらの部分となります。こちらの枠の部分ではこのように「画面に表示しない」と書いていますね。 要するにここにずらっと書かれている表示項目のこちらのチェックボックスにチェックを入れるとそのチェックを入れた表示項目が非表示になるといった形になります。ここで不必要な項目を隠すことによって投稿の入力画面をシンプルにかつ分かりやすくすることができるようになっています。それでは今回このように設定していきたいと思います。まず「抜粋」にチェックそして「カスタムフィールド」そして「ディスカッション」「コメント」そして「スラッグ」「フォーマット」に「カテゴリー」「タグ」 「 トラックバック」このようにチェックを入れたものが非表示になります。ちなみにこちらの「カスタムフィールド」というものですが、これは Advanced Custom Fields で生成されたカスタムフィールドのことではなくてWordPress の標準の機能のカスタムフィールドのことを指します。それではこちらの状態でこちらの「更新」ボタンをクリックします。そうするとここで選択された内容が保存されました。それでは改めてこちらの投稿画面の方をみてみましょう。そしてこちらの「カピバラ」をチェックしてみましょう。すると先程確認した時と比べてこのように項目が減っているのが分かるかと思います。 先程はこちらの「公開」や「アイキャッチ画像」の間には「カテゴリー」や「タグ」「フォーマット」など表示されていたかと思いますが、それが今なくなっているのが分かりますね。このように Advanced Custom Fields を使えば投稿画面の表示項目を制御することもできるわけです。ちなみにこちらの機能ですがこのように一つの投稿画面の中で複数のフィールドグループが存在している場合表示順序が早いフィールドグループの方で設定された内容がこちらの投稿画面に反映されてきます。つまり今回の場合ですとこちらの補足情報で設定されたものがこちらの投稿画面に反映されてそしてこちらの関連情報で設定した内容は無視される、といった状態になりますのでその点だけ覚えておきましょう。以上でレッスンは終了です。今回は Advanced Custom Fields を使って投稿や固定ページの編集画面の表示項目を制御する方法について解説致しました。

WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

WordPressは世界中で使われている無料のWeb制作ソフト/CMSです。その機能を拡張してさらに便利にしてくれるのがAdvanced Custom Fieldsです。このコースではその機能の紹介からプラグインの入手先やインストール方法、さらにはフィールドグループの作成やサイトへの出力まで詳しく紹介します。

1時間36分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年01月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。