WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

タブやメッセージフィールドを使って、管理画面の使い勝手を向上させる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ACF」のタブフィールドを使って、カスタムフィールドをタブでグループ化したり、メッセージフィールドを利用して案内文などを表示する方法について解説していきます。
講師:
05:07

字幕

このレッスンでは Advanced Custom Fields略して「 ACF 」のタブやメッセージフィルドを使って管理画面の使い勝手を向上される方法について解説していきます。それではまずそのタブやメッセージフィールドを使った場合どういったことができるのかを確認しておきたいと思います。画面の方をみていきます。まずこちらが投稿の入力画面ですね。こちらの下の方のフィールドグループの方をみていきます。はいこちらの補足情報のフィールドグループこちらの部分に今回はメッセージとタブを設置しています。まずはこちらの部分がメッセージとなっています。このようにフィールドグループの中で任意の好きな文字列を表示させることができるのがこのメッセージフィールドです。そして次にタブです。タブはこちらの部分ですね。このようにフィールドグループの中でタブ切り換え機能を実装することができます。そして作成したそれぞれのタブに対してこのようにそれぞれのタブに属するカスタムフィールドを設定して表示・非表示を切り替えることができるようになっています。今回はこちらの「補足内容」というタブには「補足タイトル」と「補足本文」をそしてこちらの「筆者情報」というタブには「補足情報の筆者」のセレクトボックスを紐付けるようにそういうさせています。 それではこういったメッセージやタブの実装方法についてみていきたいと思います。こちらの左メニューの中の「カスタムフィールド」をクリックします。そうするとフィールドグループの一覧が表示されてきますのでこちらの「補足情報」をクリックします。するとフィールドグループの編集画面に遷移します。注目していただきたい部分はこちらの部分となります。このように既にメッセージフィールドとタブフィールドを利用して構築している状態となっていますね。ではまずメッセージの方をみてみましょう。こちらの「補足情報とは」をクリックします。するとこのようにメッセージフィールドの設定画面が表示されてきます。まずメッセージフィールドを利用する為にはこちらの「フィールドタイプ」からこの「メッセージ」を選択してあげることによって利用することが可能になります。そしてこちらの「フィールドラベル」にはそのメッセージのタイトルをそしてこちらの部分にはそのメッセージの本文を入力することができるようになっています。ちなみにこちらの本文の部分ではhtml タグなども利用することが可能になっています。そして入力が完了したらこちらの「フィールドを閉じる」をクリックしてこのようにします。 ここで作成したカスタムフィールドはこのようにドラッグすることによって表示する順番を変更することも可能になっています。今回はこのようにフィールドグループの中で一番初めに表示するように設定しています。それでは次にタブフィールドの方をみてみましょう。タブはこちらの部分ですね。では「補足内容」というラベルをクリックします。するとこのようにタブの設定項目が表示されてきます。タブフィールドを利用する為にはこちらの「フィールドタイプ」からこの「タブ」を選択することによって利用することが可能になっています。そしてこちらのフィールドラベルにはタブの中に表示させる文字列を入力することができます。今回は「補足内容」としていますね。ここまで入力したらこちらの「フィールドを閉じる」ボタンをクリックします。そしてもう一つ今回はタブを作っていますねそれがこちらの部分です。そしてタイトルを「筆者情報」としています。こうして作成したタブはこのようにドラッグ&ドロップで同様に順序を変えることもできるようになっていますが、このそれぞれのタブの後に設置されたカスタムフィールドか゛その上のタブに紐付くようになります。要するにこちらの「補足内容」というタブには「補足タイトル」と「補足本文」がそしてこちらの「筆者情報」というタブにはこちらの「補足情報の筆者」というカスタムフィールドが紐付いて処理される形になります。 このようにタブを利用することによってカスタムフィールドの数が増えてきてしまった場合などにその情報ごとにタブにそれぞれのカスタムフィールドを紐付けさせて管理画面の視認性や操作性をあげることができるようになるわげです。以上でレッスンは終了です。今回は Advanced Custom Fields のタブやメッセージフィールドを使って管理画面の使い勝手を向上させる方法について解説致しました。

WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

WordPressは世界中で使われている無料のWeb制作ソフト/CMSです。その機能を拡張してさらに便利にしてくれるのがAdvanced Custom Fieldsです。このコースではその機能の紹介からプラグインの入手先やインストール方法、さらにはフィールドグループの作成やサイトへの出力まで詳しく紹介します。

1時間36分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年01月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。