WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

WordPressテーマ自体に「ACF」を組み込む

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WordPressのテーマ自体に「ACF」の機能を組み込み、作成したフィールドグループやカスタムフィールドの構成を統合する方法について、解説していきます。
講師:
04:11

字幕

このレッスンでは WordPress のテーマ自体に Advanced Custom Fields の機能を組み込む方法について解説していきます。通常 Advanced Custom Fields で作成されたフィールドグループやカスタムフィールドはテーマとは別にAdvanced Custom Fieldsというプラグインで管理されています。今回はその Advanced Custom Fields で作成したフィールドグループやカスタムフィールドをテーマ自体に組み込んでしまうというお話になります。それでは画面の方をみていきましょう。今こちらではフィールドグループの一覧が表示されている状態です。ではこちらの「カスタムフィールド」のメニューの中の「 Export 」をクリックします。そうすると「 Export 」の画面がでてきますのでまずこちらの部分でエクスポートしたいフィールドグループを選択します。Shift を押しながら選択することによってこのように複数同時に選択することが可能になっています。それではこちらの「 Export to PHP」をクリックしましょうするとこのような画面になります。 こちらの部分では先程のフィールドグループやカスタムフィールドの内容がPHP のコードによって表示されてる状態となっています。WordPress のテーマにこちらのフィールドグループやカスタムフィールドを統合する場合にはこちらで生成されたPHP のコードを選択して、そしてこれをコピーします。そしてコピーしたこちらの PHP のコード「 functions.php 」これは WordPress のテーマの中に入っているファイルですね。こちらのファイルに貼り付けます。こうすることによって先程のフィールドグループやカスタムフィールドか゛このテーマに組み込まれた状態となります。そして次に Advanced Custom Fields のプラグインの機能自体もWordPress のテーマに組み込む方法についてみていきます。それについて書かれているのはこちらの部分です。まず Advanced Custom Fields のプラグインのフォルダをWordPress のプラグインフォルダに入れるのではなくて、テーマフォルダの中に移動させます。そしてこちらのコードですね。このコードを「 functions.php 」に追加してあげます。 このようにすることでAdvanced Custom Fields のプラグイン自体もテーマの中で一元的に管理することになります。このようにこういった PHP コードを書いたり、こちらの Advanced Custom Fields のプラグインをテーマの中に移動させてあげることによって例えばそのテーマを別のサーバーにおいてやる全く別の WordPress に移行する際にもその WordPress のテーマフォルダさえ移動させればこういったカスタムフィールドの情報やフィールドグループの情報そして Advanced Custom Fields の機能自体もそのまま引き継いで利用できるといった形になります。但し一点注意点があります。これはこちらの部分に記載されています。これはこちらの PHP コードで追加されたフィールドグループはこちらのカスタムフィールドの中のこういったリストのところに表示されてこないということです。要するに PHP コードで登録されたフィールドグループの編集などができないということですね。ですのでこの機能を利用する場合には既に完成させたフィールドグループやカスタムフィールドの構成でもってそのテーマに統合してしまう際に利用するとよいでしょう。 また Advanced Custom Fields のプラグイン自体をWordPress のテーマフォルダの中に設置した場合はWordPress の管理画面で使える様なプラグインのアップテート機能などは利用できなくなってしまうので注意が必要です。以上でレッスンは終了です。今回は WordPress のテーマ自体にAdvanced Custom Fields の機能を組み込む方法について解説致しました。

WordPressプラグインで入稿画面をカスタマイズする

WordPressは世界中で使われている無料のWeb制作ソフト/CMSです。その機能を拡張してさらに便利にしてくれるのがAdvanced Custom Fieldsです。このコースではその機能の紹介からプラグインの入手先やインストール方法、さらにはフィールドグループの作成やサイトへの出力まで詳しく紹介します。

1時間36分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年01月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。