After Effects エクスプレッション入門

四則演算を使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
加算、原産、乗算、除算の四則演算を使って、エクスプレッションの値をオフセットしたり、増減させる手順を解説します。
講師:
05:07

字幕

このレッスンではエクスプレッションで四則演算を用いる方法を解説します。それではこのレッスンのサンプルプロジェクトですが、このように2つの星が連動する動きが設定されています。こっちの白いほう、白の星のシェイプレイヤー 1 にはキーフレームを使った回転ですね。それが適用されています。そして黄色いほう、シェイプレイヤー 2 の方にはキーフレームがなくて回転にエクスプレッションが入れてあって、それがピックウイップを使ってこっちの白いほうの回転と連動されていて、両者全く同じ動きをするようになっています。ではこの黄色いほうの星のエクスプレッションにちょっとだけ手を入れて、動きに違いを作ってみましょう。そういった場合に簡単に使えるのが四則演算です。四則演算というのはつまり足す、引く、掛ける、割る、という最も基本的な計算の方法です。では今これ連動していますが連動している場合もこの部分見ると、数値がちゃんと変わっています。この数値は何かというと、これは角度です。ではこの黄色いほうの回転角度をこの白いほう、元からちょっとオフセットしてみましょう。では黄色い星のエクスプレッション、これを1回クリックするとテキストの入力状態になるので、選択外してここにテキスト入力できるよう出しておきます。 そしたらここで計算を入れてみましょう。ではまず半角で + 入れて下さい。はい + 入れて、では 60 と入れてみましょう。+60確定すると、はい星の角度が変わりましたね。これはこっちの白い星の角度より60 度プラスする、という設定になってます。これで動かしてみると、動きがずれていますね。この数字を変えてやると、例えば 45 にしてやると、こんな感じですね。角度にばらつきが出ました。このように単純にですね。このこちら側、これは白いほうの星の回転角度という状態になっていますが、そこに単純に +45 と入れてやれば45 度オフセットされる、とそのような動きになっています。後は想像通りですが、では今度はこれをマイナスにしてみると、見た目あまり変わりませんが今度はこちら側の元の角度よりも45 度マイナスされています。プラスマイナスだと単純にオフセットですね。では今度はちょっと違ったパターンやってみましょう。はい。では今度は掛け算してみましょう。では掛け算の時はこれです。はい * ですね。これを打って、では2倍してみましょう。そうするとどうなるかというと、はいどうでしょう。角度が2倍されているので黄色いほうの星が速く動いていますね。 これは回転のスピードが倍になっているということです。はい、では次はここを / にしてみましょう。そうするとどうなるかというと、今度はスピードが半分になりました。はい、これ割り算ですね。数字を2分の1にしてるというそういった計算になります。これはスクリプトを書く上でのルールですけど、掛け算の時にはこのアスタリスクですね。これを使います。そして割り算の時にはスラッシュを使います。これはこういったプログラミングの表記の時の計算式を書くときの決まり事です。このように足し算、引き算、掛け算、割り算ですね。簡単な計算の設定を行うだけでこのように動きをスピードを変えたりとかオフセットさせるという、このような調整を簡単に行うことができます。これは非常に広く応用できるので是非とも覚えておいてください。

After Effects エクスプレッション入門

After Effectsはエクスプレッションというスクリプトを使うことで、モーションを作るさいのさまざまな手間を大きく軽減させることが可能です。このコースではエクスプレッションの基本やパラメータ同士の連携、一定の法則やランダムな動きの表現、ループなどの時間処理やエクスプレッションを使った描画の実例などを学ぶことができます。

2時間09分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。