After Effects エクスプレッション入門

エクスプレッション制御を使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ヌルオブジェクト」と「エクスプレッション制御」を用いて、複数のプロパティをまとめて変化させる手順を解説します。
講師:
05:42

字幕

このレッスンではエクスプレッション制御の使い方について解説しますはい 今このレッスンのサンプルプロジェクトですが―2つのシェープレイヤーで出来ています片方は真っ赤に塗ってあって片方は赤いふちが付いていますこれどんな状態かというと―左の方 シェープレイヤー 1 は―レイヤースタイルのカラーオーバーレイこれで赤く塗ってありますそして 右側のレイヤー 2 の方は―レイヤースタイルの境界線これを使って赤いふちが付けてありますでは この2つの赤い色を一括して直せるようにしたいのですが―例えば1個の方法として片方のカラーに―こちらのカラーをピックウイップを使って連動させる とその方法でもいいわけですがその場合―例えばこっち側のレイヤーが もう要らないということで 消してしまったらこちら側もコントロールを失ってしまいますそれが オブジェクトが増えていって依存関係が増えてくると―何か1個のレイヤーをなくしたときに―他も影響を受けてしまうというのをなるべく減らしたいわけですねはい そういった場合は―この 表示に関係のあるレイヤーにコントロールを任せないでコントロール専門のレイヤーを準備する とその方法が効率的となりますその時使うのが 実際にやってみますが―新規で作成して「ヌルオブジェクト」というものですはい ヌルオブジェクト多少は After Effects になれている方でも―使ったことないという方は多いかもしれないですがヌルオブジェクト アサインしてみると―一応 ここにこんな感じでラインが出ますが―実際 画面には何も影響しませんヌルオブジェクトは 表示に一切関係しないちょっと変わり種のレイヤーですでは何に使うか というと―ヌルオブジェクト 表示には関係しないですがエフェクトをかけることはできるんですねここに エクスプレッションをコントロールする為のエフェクトをかけて―そこから全体を制御してやる とそんな使い方をすることができますでは ヌルオブジェクトに―はい エフェクトメニューから「エクスプレッション制御」この中の項目なんですが―「3D ポイント制御」「カラー制御」「スライダー制御」と様々ありますが―ちょっと試しに ではポイント制御なんかを入れてみると―はい このような座標のコントロールが出てきましたねはい ただこれ動かしても―一応このポイントは動きますけど見た目には何も変わりませんこのエクスプレッション制御 という種類のエフェクトはこれも単体では数字が変わるだけで何も効果はないですただし これに対してリンクすれば他のパラメータを変えることができる というそのような使い方をするエフェクトがこのエクスプレッション制御のエフェクトですではポイント制御は消しておいてはい 改めて ここに―カラー制御というのを付けてみましょうはい カラーと出てきましたねこれも―これ単体で変更しても 全く変わらないですが他のプロパティと関連付けることでここでカラーが制御可能となりますでは実際にやってみましょうまずカラーオーバーレイのプロパティですねはい ではここにエクスプレッションを入れますはい そしてこのピックウイップで関連付けるんですが―ピックウイップを使う時ここの詳細同士でやってもいいですがスクロールさせるときに見えないとちょっと不便なので例えば 今回の場合は―ヌルオブジェクトですねこれを選んでいると―エフェクトコントロールにこの項目が出てきますはい この状態でこのピックウイップを伸ばしてくると―はい こちらに対してこのようにリンクさせることができるんですねこうすれば 簡単に パッとリンクさせて―これを確定すると リンクして同じ色となりましたこうすると この間をスクロールさせるよりも確実に 簡単に関連付けることができますでは こちらのカラーも 同じようにエクスプレッションを追加したうえで―はい 同じくですねヌルオブジェクト上のエクスプレッション制御に関連付けてやると―はい このようにリンクしてここで色を変えれば―連動して色が変わるようになりますはい あくまで値をコントロールしているのはこのヌルオブジェクトの方なので例えば 1個のレイヤー これをもう使わない というような場合で―消してしまっても色のコントロールはちゃんと残っている とはい こんな風に使うことができますはい ヌルオブジェクトとエクスプレッション制御ですね単体で使っても全く見た目には影響しないのでこれ何に使うのか 分からないという方も多かったと思うのですがこのように―パラメータの1か所のコントロールに便利に使うことができます是非とも試してみてください

After Effects エクスプレッション入門

After Effectsはエクスプレッションというスクリプトを使うことで、モーションを作るさいのさまざまな手間を大きく軽減させることが可能です。このコースではエクスプレッションの基本やパラメータ同士の連携、一定の法則やランダムな動きの表現、ループなどの時間処理やエクスプレッションを使った描画の実例などを学ぶことができます。

2時間09分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。