After Effects エクスプレッション入門

反復運動

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
サイン波の波形を利用して、オブジェクトが時計の振り子のような反復運動をするように設定する手順を解説します。
講師:
05:14

字幕

このレッスンではエクスプレッションを使って反復運動を作ります。それではこのレッスンのサンプルプロジェクトですがこのような振り子のようなシェイプが1個作ってあります。ではこれを時計の振り子のように反復運動で左右に揺れるように加工してみましょう。ではまずこの振り子なんですが、アンカーポイントがこの頭の位置にあるので回転を課すとこのように振り子上に揺れるようになっています。ここにアンカーポイントがありますね。まずこういう状態を作っておくのが前提ですね。そしたら回転にエクスプレッションを入れてこれを振り子の動きにしてみましょう。それでは回転を選んで、「アニメーション」>「エクスプレッションを追加」これを実行します。そしたらここに対してスクリプトを書いていきます。では今回はちょっと複数の式を使ってみましょう。まずは入力位置、頭までもっていきます。そしたらセミコロン、これですね。はい ; を1個入力します。これを入力しておくと、こことこことは別のスクリプトだよ、と区切ることができます。セミコロンを書いてその前の位置に別のスクリプトを書きます。それでは今回はこの回転の角度ですね。それに変数を使おうと思います。 変数というのは、アルファベットなんかに一定の数字を代入できるものです。方程式なんかで X = 何々、というの学校でやったと思いますがあの感覚で X に対して何らかの数字を入れる、とそれが変数ですね。では今回それをやってみましょう。では X= と打ちますね。そうしたらここに対してこちらのメニューから選びましょう。JavaScript Math というのがあるのでこの中のMath.sin というのがあります。S-I-N と書いてあります。これを入れます。この sin はsin cos の sin ですけど、滑らかなカーブを描く波を作れるものですね。そしたらこの value と書いてあるところ。ここは特定の数を入れますが今回は時間が進むにしたがって状態を変更させたいので、ここに time と入れます。はいそうしたら1回ここの time のところに掛けるですね。括弧の外に * を入れてやってここに 45 と入れましょう。これが最終的なこの振れ幅の角度になります。そしたら 1回こちらの右端まで来て、transform.rotation の所にプラスして、この X ですね。これを回転に足してやりましょう。 X です。これで確定します。ではとりあえずこの状態で動かしてみましょう。そうすると、非常に滑らかですね。このように、この sin の波形に従って左右の反復運動が作られます。ここでさっきの 45 という数字、これ角度であっていましたけどこれを例えば90 にしてやると、こんな感じに前横になるまでですね。振れ幅が変わる、とこうやって調整できます。ではこちらは 45 度に戻して、今ですね、この左右に揺れるスピードがこれぐらいですけどこれは time の数値を増やしていくことによってスピードを調整できます。例えば time の数値を*2 としてやると、振り子のスピードは倍になりますね。そして例えば更にもっと速く10 倍とかにしてみると、もう非常に速くなりますね。このようにしてこの2つの数字を変えるだけで振れる速さ、そして振れ幅それを簡単に調整することができます。このような角度でもそうですしこれを位置に使えば2点間の位置を反復運動させる動きを非常に簡単に作ることができます。はい この sin ですね。滑らかなカーブを描いて数値を変化させるこの手法ですね。非常に使えるところが多いので是非とも覚えておいてください。

After Effects エクスプレッション入門

After Effectsはエクスプレッションというスクリプトを使うことで、モーションを作るさいのさまざまな手間を大きく軽減させることが可能です。このコースではエクスプレッションの基本やパラメータ同士の連携、一定の法則やランダムな動きの表現、ループなどの時間処理やエクスプレッションを使った描画の実例などを学ぶことができます。

2時間09分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。