After Effects エクスプレッション入門

エクスプレッションで時間を操る際のコツ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
エクスプレッションを使ってタイムリマップの項目をコントロールする際の、独特のポイントなどについて解説します。
講師:
05:48

字幕

このレッスンではエクスプレッションでタイムリマップを操作する際のコツについて解説しますはいそれではですねこのレッスンのサンプルプロジェクトですがまずコンポ1という方ですねコンポジションの中にはこのシェイプがですね10 秒かけて左から右に動いていくモーションと後時間の流れが分かりやすいようにここですねタイムコードが表示してありますはい それではコンポ2の方を開けるとこっちは 10 秒間空になってるのでコンポ 1 をドラッグしてきてはい こんな感じでですねレイヤーとして配置しますでは このですねレイヤーをタイムリマップ オンにしてエクスプレッションを使って操作してみましょうレイヤーを右クリックして「時間」から「タイムリマップ使用可能」これをオンにしますはいそうすると タイムリマップが出てきてキーフレームがですね2つ付いてますこれは1番先頭の部分の時間と1番終わりの部分の時間ですね2つのキーフレームが作成されますさて 通常ですねエクスプレッションだけで操作をするというときはキーフレームなくてもいいというのが一般的ですのでじゃあたとえばキーフレームはいらないといった形で全部ですね 削除してしまうとはい 実はタイムリマップの場合にはキーフレームを全部取るとタイムリマップ自体がなくなってしまいますはいでは コマンドもしくはctrl+Z で戻しますはい この時ですねキーフレームが1個でも残っていればタイムリマップは有効なままとなりますはい なので全体ですねエクスプレッションだけを使ってタイムリマップを操作したいときにはキーフレームを1個だけ削除してこの先頭部分ですね残しておく形にしましょうはいそうすると これずっと0秒地点のままなので 止まった状態となっていますではここに対して「アニメーション」の「エクスプレッションを追加」これを実行しますはい ではですね時間をランダムに前後させるという例でやってみましょうでは はい 「Property」の「wiggle」ですねこれを入れてでは前の2つの値ですね設定しましょうではフリー --- これは1そして「,」を打ってはい タイムリマップを扱うときなんですがこのアンプの値は1で1秒となります今回 10 秒あるのでじゃあ試しに 10 と入れてみましょうはいこれでですね10 秒の範囲内で時間が前後に動くはずですはい これどうなるか見てみるとはい 動作はするんですが今出てきたようにわりとですね0秒で固まってしまう時間というのが多くなりますこれなぜかというと今基準になってるのが1番先頭の時間0秒なんですねここから 10 秒のランダムとしたいのですがこの書き方にしてしまうと1秒から 10 秒まで動くのと同時にマイナス方向にも動いてしまってマイナスの時間というのはありませんのでマイナス時間になってるときはずっと0秒で固まってしまうとこういった動作になってしまいますはい では1回ですねエクスプレッション なくしておきましょうはい なのでフルにですね1秒から10 秒の間で動かしたいというときにはこのような設定にしてくださいまず先頭の部分の このキーフレームですねタイムリマップのキーフレームこれを先頭ではなくて真ん中の時間にしておきます今回 10 秒間あるのではい これを5秒にしておきましょうはいそうするとちょうど5秒目のところにきましたねこれで全体の真ん中のところに時間位置があるのでここにですねエクスプレッションを入れてやってはい そしたら wiggle ですねで 数値の設定ですがはいフリー --1のままでこういった場合5にしてくださいそうするとプラスマイナス方向に5秒ずつなんで結果として 10 秒全体をカバーできるということになりますさあ これで再生するとはいこのようにですねさっきのように0秒で固まってしまう時間がなくてちゃんとフルに 10 秒の範囲の中でランダムに動いていることになりますはい ランダムでもそうですしたとえば反復運動させたりですねそういった場合にも真ん中の時間を引き順にすればプラスマイナスで全体をカバーできるという そのような動作となりますタイムリマップですね他のプロパティよりも若干くせのある項目となるのでこのような項目を抑えておくとより自由にですね全体をエクスプレッションでコントロールすることが可能となりますこの辺 是非とも覚えておいてください

After Effects エクスプレッション入門

After Effectsはエクスプレッションというスクリプトを使うことで、モーションを作るさいのさまざまな手間を大きく軽減させることが可能です。このコースではエクスプレッションの基本やパラメータ同士の連携、一定の法則やランダムな動きの表現、ループなどの時間処理やエクスプレッションを使った描画の実例などを学ぶことができます。

2時間09分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。