Photoshop Camera Raw 入門コース

色縁の修正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
被写体の色の縁ににじんだ色を修正します。
講師:
03:50

字幕

Camera Raw を使っての被写体の色ぶちの修正方法について見ていきたいと思います。なお、画面に表示してあるManhattan Bridge のデータはプロジェクトファイルに入っています。ファイルから取り出してもらうと同じように試してもらうことができます。それでは画面に表示してあるこの写真を使って色ぶち修正について見ていきましょう。まず最初は、この画像の一部分を拡大してみたいと思います。例えば、この部分をこのように拡大してみたいと思います。拡大して見ますとこのビルの周りに例えば、こちら右側の方にはマジェンダの色が少しにじみ出ているのが分かります。この辺りにも出ています。そして、左側のこの辺これがちょうどシアンですねシアン色がこの辺で少しにじみ出ています。このように部分部分を拡大してみるとこのようないろいろな色がにじみ出ている場合がよくあります。ここでは、これら色ぶち、いわゆる被写体の縁についた、色のこのにじみ具合をこれから修正していく方法を見ていきます。それでは修正方法です。まず、「基本補正」のここの設定値から「レンズ補正」に入ってください。「レンズ補正」のここを押します。そして、「カラー」の部分を選択します。 「カラー」の画面を出していただくとこのように「色収差を除去」とこういうふうな形のチェックボックスの項目があります。ここをまずチェックボックス入れてみます。入れますと今この段階で元画像から自動修正されました。もう一度チェックボックス外してみますので画面の方をご覧になっていてください。それではチェックボックス外します。外しました。今、これ、元画像です。この辺りを見ていただくとマジェンダがはっきり出ています。もう一度チェックを入れます。だいぶこれで落ち着きました。ただこの段階ではまだ少しこの辺りにはマジェンダがにじみ出ていますしここにもあります。これを、今これからこの設定画面で修正していきたいと思います。ここには「フリンジ軽減」とあります。この中では「紫の適用量」と「緑の適用量」この両方を使って色ぶちの修正をしていきます。まず最初、このマジェンダのこの部分を完全に取り去りたいと思います。ここでは「紫の適用量」を若干上げてみます。画面の方を見ていてください。少し上げていきますと、このようにこれで大分消えていったのが分かります。もともとあった少し残っていたマジェンダの部分がこれでほぼ消えてなくなりました。 プレビューで比較してみるとよく分かると思います。これが最初の段階です。自動補正で、ある程度薄くなりましたけれども今、さらに「紫の適用量」を上げたことでかなりなくなりました。プレビューで戻します。これ、今補正後です。ただこちら左側見ていただくとまだシアンの部分まだ大分残っています。これは緑の方で修正していきましょう。多少「緑の適用量」をここで上げていきます。この段階ではまだ消えていかないのでグリーンのこの「色相」の部分、ここを使ってさらに整えていきたいと思います。ここを少し上げていくとこれで大分消えた感じになりましたでしょうか。これも今プレビューで、これ今修正の段階を見てますけれども元画像と比較してみましょう。元画像を見ると、こちらの方はマジェンダ大分強かったです。そして左側の縁もこのようにシアンの色がかなり出ていました。修正後の写真をもう一回比較してみます。これで大分修正されています。このように「レンズ補正」の中の「カラー」の部分を使ってもらうことによって被写体の縁にできた色のにじみを修正することができます。状況に応じて活用してみてください。

Photoshop Camera Raw 入門コース

Rawファイルで撮影した画像を最大限に活用するには、可能な限りベストな方法でその画像を変換する必要があります。このコースでは変換された画像をできるだけ高品質なものにするために、Camera Rawに含まれるすべての利用可能なオプションとさまざまなテクニックを紹介します。

2時間03分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年03月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。