Photoshop Camera Raw 入門コース

ターゲット調整ツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
修正箇所を指定して色調などを変化させる方法を説明します。
講師:
02:43

字幕

Camera Raw を使っての「ターゲット調整ツール」の使い方について見ていきたいと思います。なお、画面に表示してある画像Belltowers のデータはプロジェクトファイルに入っています。ファイルから取り出してもらうと同じ様に試してもらうことができます。例えばこの画像空のこの部分、この部分だけを色味を変えたいまたは色調を変えたいその様な調整をしたい時にはどの様にしたらいいのでしょうか。例えば、今は「基本補正」で設定されてますがここから、「HSL / グレースケール」と書かれたここを選択します。ここに入りますと「色相」、「彩度」、「輝度」それぞれのところで各色の部分を調整することができます。例えばここ空であれば青い色ですからこの「ブルー」の所のスケールを触ればいいというのがすぐにわかります。この「ブルー」の部分スケールを上げ下げしていきますとこの様に空の色調が変わっていきます。この様に、空だったりとかその様な単色は非常にわかり易いんですけども他の色の場合はどの組合せで触れば調整できるのか非常に迷うところです。その時にとても便利なツールがあります。それは「ターゲット調整ツール」と呼ばれるものです。 「ターゲット調整ツール」は上のツールバーよりこの部分、ここが「ターゲット調整ツール」になります。ここのところを開けて頂くとこの様に、「色相」、「彩度」、「輝度」とそれぞれこちらと同じ項目が並んでいます。ここの使い方ですけども、例えば「色相」をここで選択しておきます。それで、空の部分を調整したいその場合はまずは空の部分にカーソルを持っていきます。そしてここでクリックアンドドラッグで上下に動かします。ここでクリックしまして上下にこの様に動かします。そうすると、ちょうど右のスケールの「ブルー」のとこを見ていてもらうとこの動きと同調しているのがわかります。つまり、クリックアンドドラッグをするだけでこの様に、指定したとこの色の色調を変えることができる、そういうツールです。例えばこれ、このタワーの黄色い部分ここの色味を変えたいその場合は、同じ様にここの部分にカーソルを持ってきてここをクリックアンドドラッグします。クリックして上下に動かします。そうすると右のスケールを見ると「オレンジ」と「イエロー」が同調しているのがわかります。この様に、色の組合せも自動的に「ターゲット調整ツール」が選択してくれますので調整したい色をポイントしてその部分にクリックアンドドラッグをするだけでこの様に、簡単に色の調整をすることができます。 画面の中での特定の色の調整をする時にはこの「ターゲット調整ツール」を使ってみて下さい。

Photoshop Camera Raw 入門コース

Rawファイルで撮影した画像を最大限に活用するには、可能な限りベストな方法でその画像を変換する必要があります。このコースでは変換された画像をできるだけ高品質なものにするために、Camera Rawに含まれるすべての利用可能なオプションとさまざまなテクニックを紹介します。

2時間03分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年03月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。