Google AdWordsの基礎

広告が表示される仕組み

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ユーザーの行動に対し、どのように広告が表示されるのかを知っておきましょう。
講師:
05:43

字幕

このレッスンでは、広告が表示される仕組みについてお伝えさせていただきます。まずですねこの Google AdWords の広告っていうのは3種類ありまして1つ目が「検索ネットワーク」。2つ目が「ディスプレイネットワーク」。3つ目が「リターゲティング」というものになってます。それぞれですねmどういうふうに広告が表示されるかっていうのをこのレッスンではお伝えさせていただきます。まずですね、検索ネットワークで広告が表示される仕組みなんですけど例えば、検索で「沖縄 旅行」というふうに検索した場合にですね「沖縄行くなら○○旅行社」という検索結果に対しての広告を表示させるということです。これは○○旅行者さんが「沖縄 旅行」というキーワードを検索された場合にですね自分の会社の広告を出してくださいという形でAdWords を設定しているということになります。もう1つ事例をお伝えします。「京都駅 美容院」と検索をした場合「京都駅からすぐ○○美容院」というふうに表示させるというようなこともできますね。これも、この○○美容院さんが「京都駅 美容院」と検索した人に対して自社の自分のお店の広告を出してくださいという設定をされているということです。 広告主が設定したキーワードで検索された場合に表示される。これが、検索ネットワークで広告が表示される仕組みになります。次ですね、ディスプレイネットワークで広告が表示される仕組みなんですけどもこれ、たとえばですね今ここに出てるのが「沖縄食べあるきブログ」というブログの表示があった場合にですねこちらの方に「沖縄○○ホテル」という広告が表示される場合があります。これはですね、サイトに関連する広告が表示されるということです。沖縄○○ホテルさんが似たようなサイトあるいは沖縄に関連のあるサイト/ブログが表示されたときに自社の広告を出してくださいという設定をしておられるのがこのディスプレイネットワークという広告の仕組みです。3つ目ですね。リターゲティングで広告が表示される仕組みなんですがたとえばこの、沖縄○○ホテルのサイトで閲覧をしていたとしましょう。沖縄に旅行に行くときに、どのホテルが良いかなと見ていたうちの1つにこのサイトがあったというイメージで見ていただければと思います。このサイト、一度サイトを訪れたユーザーに対してたとえば他のスポーツ情報全然関係ないサイトですね見ていたとします。このサイトを見ているときにももう一度以前見ていた沖縄○○ホテルのサイトの広告を出すということですね。 他のサイトを表示してるときに広告を掲載できる。これがリターゲティングという仕組みです。サイト閲覧歴のあるユーザーに再度情報を訴求してリピートしてもらうことができるということで記憶が曖昧になってきたところにですね再度この広告を見せるということで、もう1度見てもらえるという形になります。たとえば、この沖縄に旅行に行くのであればいくつか沖縄のホテルのサイトを比較して見ていてその中の1つが、このリターゲティングの仕組みが組み込まれていればそのサイトが何回か表示されるという形になります。この広告を表示する仕組みなんですけどもAdWords 広告は広告ランクが高いものから、表示されるという形になります。先ほどの例で言いますと、たとえば「京都駅 美容院」で検索したら自分のお店が表示されるようにしたい場合でも「京都駅 美容院」というキーワードを購入されてるお店って多分自社だけじゃないですよね。自分のお店だけじゃなくていくつかのお店、ライバル店が登録されていると。じゃあ、どういう優先順位で表示されるのかというお話しをここでさせていただきます。まずこの「広告ランク」というものがあります。この広告ランクによって広告が表示される優先度が決まってきます。 広告ランクはこの計算式。上限クリック単価x品質スコアというものになります。この「上限クリック単価」というのはですね広告主が入札して決めた単価になります。出稿するときにこの上限クリック単価というのを自分で入力して決めるんですね。これ任意の数値になっています。もう1つ「品質スコア」なんですけどもこれ、推定クリック率・広告の関連性。誘導先ページの利便性を基準に確定されるということです。推定クリック率というのは、この広告であればどれくらいクリックされるだろうというこの Google の膨大なデータの中からですね、はじき出すわけです。広告の関連性なんですけどこの広告と誘導先ページの関連性はどれ位あるのかというのを、これ付き合わせてですね、品質スコアに反映されるということです。最後の誘導先ページの利便性ていうのがですねたとえば、表示されるのにですねすごく時間がかかったりとかすごく見にくいページだとかということであると品質スコアは下がってくる。逆だと上がってくるということです。これらの要素が絡み合ってです。これだけじゃないんですけどもこれらの要素がすべてこの品質スコアに反映されてクリック単価と掛け合わせて広告ランクというのが決まる。 その広告ランクが高いものから順番に広告が表示されるという仕組みになってます。なので、広告出しても全然表示されてないなということが分かった場合はですね単価を上げるもしくは、品質スコア上げるという努力をしないといけないんですよという形になってきますので覚えておいてください。このレッスンでは Google 広告が表示される仕組みについてお話しさせていただきました。

Google AdWordsの基礎

Googleアドワーズはネットの世界でもっとも利用されている広告フォーマットです。このコースではビジネスでGoogleアドワーズを活用する手順をお伝えします。Googleアドワーズで用意されている数多くのサービスやツールの紹介はもちろん、検索ワードの選び方や登録方法、運用後の解析の手順まで、初めて広告を出稿する方でも理解できるようにわかりやすく解説します。

2時間27分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
マーケティング
価格: 1,990
発売日:2016年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。