Google AdWordsの基礎

キーワードマッチ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
検索連動広告の基本的な仕組みであるキーワードマッチについて学びましょう。
講師:
02:44

字幕

このレッスンでは、キーワードマッチについてお話しさせていただきます。キーワードマッチというのは検索連動型広告のときに採用される仕組みのことなんですけれどもまずですね、ユーザーが検索したキーワードに合致した広告を表示させる仕組みのことをいいます。その中で、どの範囲まで広告を配信するかを3種類の方式によって選択して確定をさせるというものになってます。これ、どういうことかというのを1つ1つ見ていきますね。1つ目が「部分一致」と呼ばれるものがあります。これは類義語・関連語を入力した場合でも表示されるということなんですけれども例えばですね、この検索連動型広告のキーワードとして「沖縄ホテル」というキーワードを登録しておいたとしましょう。その場合でも「沖縄宿泊」とか「沖縄旅行」とか「沖縄ツアー」とかですね1つその中で合ってる箇所が1つでもあればそれを拡大して予測して関連あるであろうキーワードを入力された場合でも表示されるという形のものです。次ですね、「完全一致」というものです。これは文字通り分かると思います。入力したキーワードと完全に一致した場合のみ表示されるということです。先ほどお話した例で言いますと「沖縄ホテル」というキーワードを登録しておくと「沖縄ホテル」というキーワードは入力されたときにしか広告は表示されないということですね。 これ、逆になってもダメです。「ホテル沖縄」だったらダメですし、当然ながら「沖縄宿泊」とかでもダメです。「沖縄ホテル」だけが表示されるというものですね。で、3つ目 「フレーズ一致」というものがあります。複数キーワードで検索された場合、入力した順所が異なったりその一部が合致した場合にも表示されるということなんですけども例えばこれも「沖縄ホテル」だったらこれは逆でも大丈夫です。「ホテル沖縄」でも表示されます。かつですね、「沖縄ホテル価格」とか「沖縄ホテル期間」とか「沖縄ホテルツアー」とかですねこのフレーズが完全に一致していたらその他ですね、プラスで他のワードが付け加えられたとしてもこの「フレーズ一致」の仕組みを採用していると表示されるという形になります。なので、この3つのタイプをですね理解した上で今回出す広告はどのタイプにして運用するのかというのを選択しながらこの検索連動型広告を活用してください。このレッスンでは、キーワードマッチについてお話しさせていただきました。

Google AdWordsの基礎

Googleアドワーズはネットの世界でもっとも利用されている広告フォーマットです。このコースではビジネスでGoogleアドワーズを活用する手順をお伝えします。Googleアドワーズで用意されている数多くのサービスやツールの紹介はもちろん、検索ワードの選び方や登録方法、運用後の解析の手順まで、初めて広告を出稿する方でも理解できるようにわかりやすく解説します。

2時間27分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
マーケティング
価格: 1,990
発売日:2016年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。