Google AdWordsの基礎

ディスプレイ広告

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
他のサイトでも表示できるディスプレイ広告の基本について認識しましょう。
講師:
02:49

字幕

このレッスンでは、ディスプレイ広告についてお話しさせていただきます。ディスプレイ広告っていうのはブログとかサイトに表示させられるこの Google AdWords の広告のことなんですけれどもたとえばですね、こういうまぁブログ記事があったとしたら記事の最後のところ。一番下にこういうふうに表示をさせることができたりとか。あとこの、ブログとかサイトのですね。右側のこの辺りに表示させたりできることができます。関連性の高いサイトやブログなどに自社の広告を表示させることができるものの広告のことを言います。この配置なんですけど配置はこのもうブログサイトの管理者がどこに表示させるか っていうのを設定してますので出稿する側はどこに表示させるかっていうのは操作することはできません。これはもう、サイトの管理者に任されてる部分です。こういう広告なんですけどこの特徴はですね検索する前のユーザーに認知させることができるということですね。つまりこの何か、例えばスポーツのサイトを見ていたらそのスポーツグッズ関連の広告を出したりとかですね。旅行関係のサイトを見ていたときに旅行関係のサービスの広告を見せることができたりということができるので能動的に検索してる人じゃないんですよね。 サイトを閲覧している人に見せることができるので潜在ニーズを掘り起こすことができるということです。あと年齢・性別・収入などターゲット設定が可能となっています。これどこで見てるんだっていうところあるんですけどもユーザーの今までの動きとかですねどんなサイトを見てるかとかですねていうところから、この辺のターゲットっていうのは非常に設定することが可能に今なってますのでこういうところも狙っていけるということになってます。ユーザーの「購買意欲」は検索連動型広告よりも低いということはあります。当然ですね検索の場合は何々を見たい沖縄に旅行したいスポーツ用品が欲しいということで何らかのキーワードを入力して検索してるわけですからそこに見せる広告っていうのは購買意欲が高い人がクリックする可能性があるということなんですけどディスプレイ広告っていうのは受動的に見ているのでそんなに購買意欲は高いケースは少ないということは言えます。ただ、能動的に動く前のユーザーに見せることができるのでそこからですね購買意欲を刺激するというところなんかも考えられますのでこれはですね、適宜こういう広告も活用していただければなと思います。このレッスンでは、ディスプレイ広告についてお話しさせていただきました

Google AdWordsの基礎

Googleアドワーズはネットの世界でもっとも利用されている広告フォーマットです。このコースではビジネスでGoogleアドワーズを活用する手順をお伝えします。Googleアドワーズで用意されている数多くのサービスやツールの紹介はもちろん、検索ワードの選び方や登録方法、運用後の解析の手順まで、初めて広告を出稿する方でも理解できるようにわかりやすく解説します。

2時間27分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
マーケティング
価格: 1,990
発売日:2016年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。