Google AdWordsの基礎

リマーケティング広告

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一度訪れたユーザーを再度アクセスさせるリマーケティング広告の基礎を知りましょう。
講師:
02:51

字幕

このレッスンでは、リマーケティング広告についてお伝えさせていただきます。リマーケティング広告っていうのはですねどういうものかと言いますと。まず、この例えば『沖縄○○ホテルのサイト』というページに訪問したとします。一度サイトを訪れたユーザーに対してこういうスポーツ情報のサイトニュースサイトとかまぁ他のサイトであれば何でもいいんですけどを見てても、この沖縄○○ホテルのサイトの広告を出せるというものですね。他のサイトを表示しているときに広告を掲載するというものになってます。自社サイトを閲覧したユーザーをまず、このタグを埋め込んでおいてリスト化するんですね。で、そのユーザーを追跡するという仕組みになってます。特に、検討期間が長い商品やサービスの訴求に有効です、ということですね。例えば金融系の商品とか、車とか不動産とかいいかもしれないですね。で、リマーケティング広告の特徴なんですが1つ目がディスプレイ広告同様他社サイトで訴求できるということです。自分の出した広告が他のサイトを見てるときでもどんどん追っかけていけるということで非常に有効に活用できるという形です。2つ目。ユーザーの行動によって表示・非表示を選択できる。 例えばトップページを見たユーザーだけに表示させるとかそのトップから、そのもう1つ進んだ深いページを見たところだけ見たユーザーに表示させるとかですねサイトを訪問してから(期間が)どれ位空いたユーザーだけに表示させるとかいろんな設定ができるようになってます。なのでそのサイトの目的によってですねこの表示・非表示っていうのを選択して活用していただければというところです。3つ目。これが肝ですね。複数回サイトに訪問してもらうことができるということです。1度サイトに来て検討したけどもその時は購入・申込み等にいたらなかったという場合でももう1度表示させることができるのでもう1回来てくれて、検討してくれるという流れができるわけです。この広告が無くてもしてくれるユーザーはもちろんいるかもしれませんがたまたまこの広告を見ることによってですね”あっ そうだった。あのサイト見てたんだった。もう1度あのサイトに行って検討しよう。” という流れがこのユーザーの中に心理的に起こるという可能性が非常に高くなってきますのでこのリマーケティング広告もこの Google AdWords の広告の種類の1つとして有効に使っていただければと思います。 このレッスンではリマーケティング広告について詳細をお伝えさせていただきました。

Google AdWordsの基礎

Googleアドワーズはネットの世界でもっとも利用されている広告フォーマットです。このコースではビジネスでGoogleアドワーズを活用する手順をお伝えします。Googleアドワーズで用意されている数多くのサービスやツールの紹介はもちろん、検索ワードの選び方や登録方法、運用後の解析の手順まで、初めて広告を出稿する方でも理解できるようにわかりやすく解説します。

2時間27分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
マーケティング
価格: 1,990
発売日:2016年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。