Google AdWordsの基礎

ABテストで広告の効果を比較する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の類似した広告を出稿して効果を比較しましょう。
講師:
03:28

字幕

このレッスンでは A/B テストで広告の効果を比較する というところを お伝えしますA/B テストというのは二つもしくは三つ以上のまあ この場合は広告ですねこの 世に出してみてどれが効果があるかどちらが効果があるのかを見極めて効果があるほうに資産を寄せていく という考え方のことなんですけどこの Google AdWords の場合どうするのか というところを伝えさせていただきます見方なんですけどまず 「キャンペーン」 ですねクリックしますはい で この中で今この「Twitter 炎上防止」というキャンペーンがありますこちらクリックしますはい で この中にはですね「ガイドラインダウンロード」という広告があるんですがこれをクリックしてみましてこの中に「広告」というタグがありますこちらをクリックしますはい そうするとこのグループにはですね2 種類の広告が走ってますもうちょっと上ですねはい で 上のほうが「従業員の Twitter 炎上防止」というタイトルの広告です下のほうが「従業員の SNS 炎上防止」という広告ですはい で 書いてあることってほとんど一緒なんですよねタイトルがあって「パートバイト社員の Twitter 炎上防止ガイドライン無料ダウンロード」というところとこの下の場合は「パートバイト社員ソーシャルメディア炎上防止ルール無料ダウンロード」ということですねで このタイトルが ですねTwitter かSNS かによってですねどう効果が違うのか というのをテストしたのが こちらになりますで これ ずっと見てますとやっぱり比較するのはクリック数とあと やっぱりこの平均クリック単価ですよねこれ 13 円ぐらい変わってきてますなので 費用は当然ながらこちらのほうがですねたくさん クリックされてますのでかかってますが 効果は断然こっちのほうが良い というかたちになりますなので たとえば この場合ですとこちら「従業員の SNS 炎上防止」というもののこのタイトルを変えるのかもしくはこの 書いてる下のですね「パートバイト社員ソーシャルメディア炎上防止ルール無料ダウンロード」というのを変えるのか もしくはこれをやめてですねTwitter だけにして走らせるのか という判断をしていくわけですねで これ ほぼ同じでちょっと一部分を変えておくことによってだいぶ効果の差が出ることがありますのでこういうふうに この場合だったらTwitter と SNS という違いなんですけどたとえば これ Facebook っていうのをつけてもおもしろいかもしれないですしソーシャルメディアにしちゃっても良いかもしれないですねで そういうふうに比較をしていっていいものにどんどん寄せていくという対策が打てる という検証の方法ですですので みなさんも広告を作るのでは一つだけ走らせるのじゃなくて最低限二つ作ってですね ちょっとだけ違いを出しながらどちらのほうが効果が良いのかを見て効果が良いほうに資産を寄せていく という運用をしていただければな と思いますはい このレッスンではA/B テストで 広告の効果を比較する方法についてお伝えさせていただきました

Google AdWordsの基礎

Googleアドワーズはネットの世界でもっとも利用されている広告フォーマットです。このコースではビジネスでGoogleアドワーズを活用する手順をお伝えします。Googleアドワーズで用意されている数多くのサービスやツールの紹介はもちろん、検索ワードの選び方や登録方法、運用後の解析の手順まで、初めて広告を出稿する方でも理解できるようにわかりやすく解説します。

2時間27分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
マーケティング
価格: 1,990
発売日:2016年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。