コンテンツマーケティングの基礎

執筆と編集

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ウェブサイトで文章を公開するときのポイントを知っておきましょう。
講師:
04:11

字幕

このレッスンでは 執筆と編集というところの 具体的な作業について お伝えさせていただきます まず この見ていただいてる 画面なんですが 私の運用しているコンテンツサイトで フォーマットは WordPress という 仕組みを使ってやってます この WordPress というのが 非常に使いやすくて こちらのメニューで 一目でですね どこを触れば何ができるのか 分かったりとか こちら 右のメニューを見ていただくと 公開日時とかも あらかじめ設定ができたりします これを使っている企業さん 最近増えてはいるんですけど 企業さん 団体さんによっては この元々あるサイトの中に コンテンツ的なものを 更新していきたいというケースも あると思いますので そこは Web の担当者の方と相談しながら どういうフォーマットを使うのか というのは 決めていただければなと思います 実際にですね タイトルをつけたりとか こういう風に 本文を 書いていくわけなんですけれども このときに注意してほしいのは このサイトの更新できる この画面に いきなり文章を書いていかない ということですね 基本的には この更新画面というのは オンラインで繋がって オンライン上で作業するということが ほとんどだと思います よくあるのが このオンライン 回線の不都合によって 今まで書いたものが全部消えちゃう という 大惨事が起こるケースがありますので 別にテキスト メモ帳とかですね テキストエディタがあると思います そちらの方に下書きをして こちらに転載をする というかたちで やっていただければなと思います ここにずーっと 文章を記載して 最後に公開したら バーンと出るんですけど まず できたものを見ていただくと こちらクリックしますね 今の下書きを見ていただいたのが こちらになります いろいろポイントはあるんですけど 最近はですね 今これパソコンで 皆さん見ていただいている もしくは タブレット等で見ていただいてる かもしれないんですが ここに書いたものっていうのは スマホで見られると思っておいて いただいて結構です スマホで見たときに 改行とかが ガタガタになっていると 非常に見にくい文章になります ひとつ目安としては この辺ですね 2~3 行書いたら 改行して 1 行空ける というところを意識して 書いてください これを意識していただくだけで 非常に見やすいものになってきます ずーっとこういう風に 話題を展開して 画像なんかも入れながら ポイントとしては こういう箇条書き的なもの この辺ですね 入れていくと 非常にまたこれも 見やすい文章になってきます この辺り 気を付けていただきながら 書いていただくと いうことをしていただくと 良いかなと思います 公開したものを 編集したいなというときも この WordPress の画面に 戻りますね はい これが 最初がですね これホーム画面に一旦戻ります この投稿というところの 投稿一覧から 今書いてた記事がですね ちょっと下に降りますね これなんですけど 編集というボタンがありますね これをクリックすると 後でいくらでも書き直せる というかたちになってます これどのシステムを使っても この機能というのは 絶対あるはずなので 例えば 何か検索でですね 非常に あるキーワードが 今 目立っているということであれば 同じような記事の中に そのキーワードを組み込んでみると それの記事に来るようになったりしますと いうことで 常にですね いったん書いたら終わりじゃなくて 常に状況を見ながら 記事も編集をしていく 新しい良い画像があったら そちらの方に加えていく ことをしていただけたら 良いかなと思います このレッスンでは 執筆と編集について 具体的な操作方法について お伝えさせていただきました

コンテンツマーケティングの基礎

コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えています。自社サイトを広告媒体とだけ捉えずに、そこに役立つ記事を投稿し続けることで親密度の高いユーザーの獲得につなげるのです。このコースでは運用体制の構築やコンテンツの作り方など基本的な運用のノウハウからビジネスにつながるコンテンツ制作の工夫まで、多くの企業のコンテンツサイト運用に関わった経験を元にお伝えします。

1時間57分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
価格: 1,990
発売日:2016年01月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。