Photoshop Camera Raw 入門コース

補正ブラシ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
特定の場所を指定して修正するブラシの使い方について解説します。
講師:
05:24

字幕

Camera Raw を使っての「補正ブラシ」の使い方について見ていきたいと思います。なお、画面に表示してある画像Golden Pavilion のデータはプロジェクトファイルに入っています。ファイルから取り出して頂ければ同じ様に試して頂く事ができます。それでは、この画像の金閣寺の写真を使って「補正ブラシ」ツールの使い方について見ていきたいと思います。まず、「補正ブラシ」の起動の方法です。上にあるツールパネルからこのブラシの形をしたアイコンこの部分を押して頂きます。ここをクリックしますと右側の方に「補正ブラシ」という表示がされパネルが表示されました。そして、カーソルを画面上に持ってきて頂くとこの様にブラシが表示されます。このブラシの大きさの変え方ですけどもパネルの下の方にある「サイズ」というこの部分ここを変えて頂くと例えば「サイズ」の数値を上げていくとこの様にブラシのサイズが大きくなります。下げれば小さくなります。ただ、作業中にこちらの方にカーソルを持ってきて、またこちらのパネルに行くそれが少し面倒だという様な時はキーボードにありますブラケットキー日本語表記のカギ括弧の部分の左側を指す方をクリックして頂くと、小さくなり右側を示す方を押して頂くとこの様に大きくなります。 ですので、キーボードのブラケットキーを使ってこの様にサイズを変えて頂いても結構です。それでは、まず最初修正のし方としてこの金閣寺のこの側面の部分この部分を修正してみたいと思います。まず、ちょうどブラシのサイズがこの幅に合うぐらいまでこの様に形を整えます。そして、修正する方法ですけども例えば今でしたらこの側面ですからこの部分、この部分をクリックアンドドラッグでなぞります。今これ分かり易い様に「露光量」を下げておきます。今この様に一番下まであえて下げておきます。では、この部分をクリックアンドドラッグでなぞっていきます。この様に、今「露光量」を下げてますので暗くなってます。同じ様に上の方もなぞります。これで今二つの場所を指定できました。今ブラシで金閣寺の側面をこれで指定しました。これ指定したところというのはもう既にこの右側の「色温度」から「彩度」までのそれぞれの項目全てこれ同調してる様になってます。例えば一度下げた「露光量」これを少し上げてみます。上げますとこの様に、元の明るさに戻り更にもっと明るくすることができます。せっかくですので、このままこの金閣寺の色を更に光らせてみたいと思います。もう既に大分光ってますけども「コントラスト」比を少し上げてみたりとか「ハイライト」をより明るくしてこんな感じでいかがでしょうか。 これを元画像と比較してみます。上の「プレビュー」ボタンのチェックを外して元画像を見てみます。元の色はこの色でした。それが今補正したことでここまで明るくなったわけです。まずこれが「補正ブラシ」の一つの使い方です。一度補正したものを取り消すときはこの右下のこの「すべてを消去」ここを押して頂くと補正したものは一度全部消されます。今ここを消しますからここを押しておきます。これで元画像に戻りました。それでは、今の方法を応用してもう一つの補正のし方を見ていきましょう。例えば、この空とこの木の部分境目がある分部ですけども今空の部分だけを修正したいその様な時に、今の方法を応用してやるとどの様になるでしょうか。例えば、先ほどみたいになぞってみます。今空の部分だけを変えたいという想定です。この様になぞるとどうしても空の部分だけではなく境目のところのこの木の部分まで一緒に塗り込んでしまいます。この様な境目のところをハッキリと区別したいそういう様な時の指定のし方について見ていきます。この様な時は一度これを消しますね。「すべてを消去」で消します。この様な時は、下にあります「自動マスク」というものをチェック入れます。 これをチェック入れることによってマスクが起動されます。例えば今の部分の様な空の部分でしたらこの様に、境目の際のところをなぞっていきます。木には掛からない程度のところを上の方をずっとなぞっていきます。これを少し拡大してみましょう。例えばこの辺の部分。こうすると今マスクが掛かったお陰で全てきれいにこのエッジの部分木の部分と空の部分がこの様に境を作って指定されました。マスクはこの様に、自動的に被写体の形を読み込んでくれそして、そのエッジの部分で境目を作ってくれる、そういう機能です。ですので、この様な空の部分だけを修正したいという様な時はこの様に「自動マスク」を設定してそして、同じ様に設定値を変えて、空の色を変えてみるそういう風な修正の方法があります。この様に「補正ブラシ」は特定の場所を指定して修正するのに向いているツールです。細かなところの修正に役立ててみて下さい。

Photoshop Camera Raw 入門コース

Rawファイルで撮影した画像を最大限に活用するには、可能な限りベストな方法でその画像を変換する必要があります。このコースでは変換された画像をできるだけ高品質なものにするために、Camera Rawに含まれるすべての利用可能なオプションとさまざまなテクニックを紹介します。

2時間03分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年03月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。