WordPressプラグインでコンタクトフォームを実装する

Bitnamiを使ったWordPressのデモ環境の準備

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WordPressプラグインを利用する為には、WordPressで構築されたWebサイトが必要です。Bitnamiを使って、手軽に作成して試せるWordPressのデモ環境を準備する方法について、いくつかご紹介します。
講師:
06:12

字幕

このレッスンでは bitnami を使った WordPress のデモ環境の 準備方法についてご紹介します このコースでご紹介していく WordPress プラグインを 利用するためには もちろん WordPress で構築された ウェブサイトを持っている 必要があります ただそれを既に持っていれば特に 問題がないかと思いますが まだ 持っていなかったり かつこのコースで ご紹介していくような WordPress のプラグインの機能を 簡単に試してみたいという場合には このレッスンは役に立つかもしれません このレッスンでは そういった場合に簡単に WordPress の環境を準備する 方法についてご紹介していきたいと思います それでは 画面の方を見てみましょう 今こちらの画面には bitnami というウェブサイトを表示しています この bitnami というウェブサイトを 利用すれば簡単に WordPress の デモ環境を準備する事が 可能になっています WordPress を構築するためには通常 WordPress を載せるための ウェブサーバーを契約したり そして WordPress のインストール作業を 行ったりする必要がありますが この bitnami を利用すればそういった 面倒な手順をはぶいて簡単にデモ環境を 準備する事ができるようになっています それでは その手順について見ていきます まずはこちらのサイトの中の 「Applications」という メニューをクリックします するとこのようなページに 遷移していきますので こちらの WordPress をクリックします するとこのようなページが表示されます このページでは WordPress の 環境を準備するための三つの方法が 提供されています それが こちらの部分です まず こちらのオレンジボタンはブラウザで 簡単にデモ環境を構築する方法です そしてこちらの二つ目は Cloud 上に WordPress をインストールする 方法です そして三つ目がローカル環境上 要するに PC 上に WordPress を インストールする方法です 今回はもっとも簡単なこちら 「Demo In Browser」を 選択してみたいと思います それではこちらを クリックしてみましょう するとこのように ログインを 求められる画面が表示されました このサービスを利用するためには bitnami に会員登録を行っておく 必要があります もし会員登録を まだしていなければ こちらの 「Create one」という ところから会員登録を行ってください すでに会員登録をしている方は こちらからログインを行ってください それでは今回は ログインから 進んでみたいと思います するとこのように Launching WordPress demo という事で bitnami がサーバー上に仮の WordPress のデモ環境を 構築してくれています この構築にはしばらく時間がかかるため しばらくこの状態で待ちましょう はい このような画面が表示されれば WordPress のデモ環境の 構築は完了です こちらのボタンを クリックする事によってそのデモ環境に アクセスする事が できるようになっています そしてその WordPress の デモ環境のアカウントがこちらに 記載されています 今回はユーザーネームが 「user」パスワードが 「bitnami」となっていますね こちらの情報を使ってデモ環境の WordPress の管理画面に アクセスする事ができます それでは 一度 こちらの「Open your− demo」をクリックしてみましょう するとこのように WordPress の デモ環境が表示されました それでは次にこちらのサイトの WordPress 管理画面に アクセスしてみたいと思います こちらの管理画面にアクセスするためには こちらの URL の後ろに 「/wp-login.php」 と打ちます そして Enter キーを押します するとこのように ログイン画面が出てきました それでは入力していきましょう そして入力が終わったら こちらの 「Log In」ボタンをクリックします するとこのように WordPress の 管理画面に入る事ができました ただこのように構築されたデモ環境の WordPress は英語表記 となっていますので こちらを 日本語表記に変更しましょう 日本語表記に変更するためには こちらの左メニューの 「Settings」から 「General」を選択します そしてこの General Settings というページが 表示されたら画面の下に スクロールして こちらの 「Site Language」 こちらの部分から「日本語」を選択します 日本語を選択した 状態で こちらの「Save− Changes」をクリックします するとこのように管理画面が 日本語化されましたね これでデモ環境の準備は完了となります ただしこのデモ環境 何点か 注意事項があります まず一点目 こちらのデモ環境はその名の通り あくまでデモっとなっていますので こちらのサイトにアクセスできる時間が 構築から一時間の間と決まっています 一時間立つと自動的にこちらのサイトは 消滅してしまうので注意が必要です そして二点目 それはこのデモ環境においては WordPress のいくつかの機能が 制限されているという点です 例えば WordPress から発信される メール機能等は利用できなくなっています 今回のこのコースでも メールの 送信機能について取り上げますが もし実際にメールの送信機能等の 動作を確認したければ 例えば 先程の bitnami を使って ローカル PC 上に構築して そして メール設定を行ったり 実際に サーバー上で WordPress を 構築する必要があります これらの点を注意しながら 利用するようにしましょう 以上でレッスンは終了です 今回は bitnami を使った WordPress のデモ環境の 準備方法についてご紹介しました

WordPressプラグインでコンタクトフォームを実装する

このコースではWordPressの機能を人気のプラグインJetpackとContact Form 7、およびMW WP Formでさらに拡張し、簡単にサイト上に問い合わせフォームを設置する方法を解説します。それぞれの特徴や入手先、インストール方法、さらには管理者への通知メールやサンキューメールの設定方法などについても詳しく説明します。

1時間54分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年01月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。