WordPressプラグインでコンタクトフォームを実装する

フィードバックの内容の確認とエクスポート

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Jetpack」プラグインで作成されたフォームから送信された内容をWordPressの管理画面内で確認する方法、およびそのデータをCSVでエクスポートする方法について解説致します。
講師:
02:51

字幕

このレッスンでは Jetpack プラグインで 作成されたフォームから 送信された内容を WordPress の 管理画面内で確認する方法 及びそのデータを csv でエクスポートする 方法について解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう こちらの画面の中では Jetpack で作成した コンタクトフォームが表示されています そして その各入力項目に対して それぞれ 内容を入力している状態となっています また このコンタクトフォームは前回までの レッスンで作成したフォームとなっていますが 一点違う点として「このサイトを どこで知りましたか?」という項目を 必須項目から外しています それでは早速こちらのフォームから この内容を送信してみたいと思います こちらのフォームの下の方にある この送信ボタンをクリックします するとこのような画面に変わりました これで入力された内容が メールで送信されました また Jetpack では 送信された 内容を WordPress の管理画面の中でも 確認できるようになっています そちらの方でも確認していきましょう それでは WordPress の管理画面に移ります WordPress の管理画面に 移ってきました 先ほど送信された内容を確認するためには こちらの左メニューの中にある この「フィードバック」をクリックします するとこのように表示されてきました この部分に先ほど送信された内容が 表示されているのがわかるかと思います このようにこの「フィードバック」という ページでは送信された内容が一覧となって 表示されてくるページとなっています また個々の送信内容に対して こちらの「編集」というボタンを クリックすることによって このようにさらに詳細に送信された内容を 確認することができるようになっています 一覧画面に戻ります また 送信された内容を csv ファイルとして エクスポートすることも可能になっています それがこちらの部分ですね まずこちらの 「ダウンロードするフィードバックを選択」で こちらのセレクトボックスからこのように その指定されたコンタクトフォームから 送信された内容のみを絞り込んで csv ファイルとして エクスポートすることが可能になっています また こちらの「すべての投稿」を 選択した状態で こちらの「ダウンロード」を クリックすることによって 全てのコンタクトフォームから 送信された内容を こちらでダウンロードすることが できるようになっています 以上でレッスンは終了です 今回は Jetpack プラグインで 作成されたフォームから 送信された内容を WordPress の 管理画面内で確認する方法 及び csv ファイルで エクスポートする方法について解説致しました

WordPressプラグインでコンタクトフォームを実装する

このコースではWordPressの機能を人気のプラグインJetpackとContact Form 7、およびMW WP Formでさらに拡張し、簡単にサイト上に問い合わせフォームを設置する方法を解説します。それぞれの特徴や入手先、インストール方法、さらには管理者への通知メールやサンキューメールの設定方法などについても詳しく説明します。

1時間54分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年01月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。