WordPressプラグインでコンタクトフォームを実装する

送信者へ自動返信メールを送信するように設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Contact Form 7」プラグインで作成したフォームから、ユーザーが送信した際に、そのユーザーに自動返信メールを送信する方法について、解説致します。
講師:
04:47

字幕

このレッスンでは Contact Form 7 の プラグインで作成したフォームから ユーザが送信した際に そのユーザーに自動返信 メールを送信する方法について解説致します それでは早速画面の方を見ていきましょう 今この画面には 前回までのレッスンで作成してきた 「お問い合わせ」というコンタクトフォームの 編集画面が表示されています 前回のレッスンでは このフォームから送信された内容を 管理者にメールで送るという設定を 行いましたが 今度はその逆で ユーザーにいわゆる サンキューメール こちらを自動返信する方法について 見ていきたいと思います それではこちらのタブメニューの中の 「メール」をクリックします すると こちらの部分に 前回までのレッスンで設定した 管理者宛のメールの設定が記載されています 今回 新たにユーザー向けに 自動返信メールを設定したいわけですが その設定はどこからやるかというと こちらの画面を下にスクロールしていって こちらの部分 「メール (2)」と 書かれた部分ですね こちらの「メール (2) を使用」と いうところにチェックボックスを入れることで このように 新たにメールの設定を 行う画面が表示されてきます こちらの部分で そのユーザーに対する 自動返信メールを 作成することができようになります こちらの「メール (2)」でも同様に メールタグを利用することが できるようになっています これらを使ってメッセージや 送信先を設定していきます それでは順番に見ていきます まず「送信先」ですが your-email と書かれていますね これは前回までのレッスンで 作成したフォームの中にある メールアドレス記入欄となっています そこに入力された E メールアドレスと こちらのタグが差し代わるといった感じですね これでユーザーにメールを 送ることができるようになります そして次は「送信元」 今回はウェブサイトの管理者の E メールアドレスを指定してあげます そして次はこちらの「題名」です 今 現状は ユーザーがフォームの中で入力した 題名と差し代わるようになっていますが それですと少し変になりますので こちらの部分を変えてあげましょう 例えば 今回はこのように書いておきましょう 「お問い合わせありがとうございます」 このように入力しておくことで ユーザーに対する印象も良くなりますね そしてこちらは「追加ヘッダー」を 設定することができるようになっています 前回の管理者宛のメールと同様に もし Cc や Bcc を設定したい場合は こちらで設定してあげましょう 続いて こちらのメッセージ本文です こちらのメッセージ本文は実際に ユーザーに届くメールの本文を 設定することができます このようにデフォルトで 内容が入力されていますが この部分を自分で編集することも 可能になっています この部分は ユーザーが 実際に読む部分となりますので きちんとした文章にしておいた方が 良いかと思います それでは少し編集してみましょう はい 今回はサンプルで このように編集してみました このように ユーザーの名前をつけてあげて そして お問い合わせ ありがとうございますということで メールを書いてあげることによって ユーザーも安心するかと思います それではどんどん次を見ていきましょう 次はこちらのファイル添付ですね これも前回の管理者宛のメールと同様に もし ユーザーが送信するフォームの中に ファイルアップロード機能があった場合 そこにアップロードされたファイルを こちらの入力枠の中に メールタグを入力してあげることによって メールの添付ファイルとして 送ることができるといものになっています ただし ユーザーへの サンキューメールに対して ユーザーが送ったファイルを 添付して返すといったことは あまり考えにくいと思いますので こちらは空白にしておきましょう 全て完了したら こちらの「保存」ボタンを押します これで設定が完了して ユーザーにも 自動的に返信メールが届くようになりました 以上でレッスンは終了です 今回は Contact Form 7 プラグインで 作成したフォームから ユーザが送信した際に そのユーザーに自動返信メールを 送信する方法について解説致しました

WordPressプラグインでコンタクトフォームを実装する

このコースではWordPressの機能を人気のプラグインJetpackとContact Form 7、およびMW WP Formでさらに拡張し、簡単にサイト上に問い合わせフォームを設置する方法を解説します。それぞれの特徴や入手先、インストール方法、さらには管理者への通知メールやサンキューメールの設定方法などについても詳しく説明します。

1時間54分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年01月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。