Photoshop CC 画像修正入門講座

描画ツールの輪郭効果の違い

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
描画ツールの効果の違いを知ってより効果的な使い方を学びましょう。
講師:
03:36

字幕

Photoshop を使っての描画ツールの輪郭効果の違いについて見ていきたいと思います。なお画面に表示してあるPaint and Rust.jpg のデータはプロジェクトファイルに入っています。ファイルから取り出して頂くと同じように試してもらうことができます。ここで新しいレイヤーを一つ選びます。これでレイヤー 1 ができました。そしてここではコピースタンプツールを選択します。左側にあるツールパネルの中からハンコの形をしたコピースタンプツールここを選択しクリックします。そしてツールオプションバーからこの硬さの部分この部分を今回はあえて違いを見るために100 パーセントにまず設定します。この 100 パーセントです。一度ここは下げておきます。コピースタンプツールのコピーの仕方ですがWindows であれば alt キーMachintosh であればoption キーを押しながらコピーします。このマルの枠の中で囲まれた部分、この部分がコピーされる部分です。コピーしたい部分を定めてそして一度クリックします。ここでコピーが完了しました。このようにコピーされた部分が映像が変わるのがわかるでしょうか。 そしてこの部分を少し下げてこのあたりにスタンプしたいと思います。これでスタンプ完了です。今 100 パーセントでしたから今度は比較するために、0 パーセントに設定し直します。これで 0 パーセントになりました。今度は右側のこの部分この部分をコピーします。これでコピーができました。そしてこの隣にこの辺りにスタンプを押します。これで左側が100 パーセント、右側が 0 パーセントで今コピースタンプが完了したわけです。さあこの違いをレイヤーの画像に取り分けたもので見ていきましょう。レイヤーで見ると、このように違いがはっきり見えます。この部分を拡大して見ましょう。このように左側が100 パーセント右側が 0 パーセントのコピーして作ったものですけれどこの輪郭の違い100 パーセントのものははっきり輪郭がもうマルで囲われているのが見えますけれども0 パーセントのもの中央部分こそは画像がわかりますがその中央部分から円の端に行くに従ってもう画像がフェイドアウトして画像が見えなくなっているのがよくわかります。このように輪郭の違いが 100 パーセントにしたものと0 パーセントにしたものでは大きく違いがでます。 これを元画像の背景をこれで足して一度見てみましょう。元画像の背景を足してみると、100 パーセントのものは拡大すると輪郭がここでもよくまだ見えます。このようにどの部分がコピーしたのかというのがよく分かりますけれども0 パーセントのものもうどこにスタンプしたのかもはっきりわからないくらいです。もう一度比較してみると、この部分ですねこれに背景を足すと、このようになります。このように輪郭の違いの強弱を知っておくことはこれから画像修正する上で非常に大事なことになっていきます。描画ツールを使う時にはこの輪郭の違いこの違いが非常に大きな違いとなって出てきますからこれも一つ覚えておきたいところです。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。