After Effectsで行う画像編集

芝生のテクスチャを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
エフェクト「CC Hair」を使って、リアルで奥行きのある質感を持つ芝生のテクスチャを作成します。
講師:
05:37

字幕

このレッスンではAfterEffects を使って芝生のテクスチャを描いてみましょう。それでは、今、新しいプロジェクトが開かれています。新しいコンポジションを作りましょう。コンポジションから新規コンポジションそして今回は、幅と高さを 1000ピクセルでやってみましょう。正方形ですね。はい、OKします。ここに対して新しく平面を作ります。右クリックして、新規、平面を適用します。黒平面が出来ました。ここにエフェクトをかけます。右クリックして、エフェクトのシミュレーションから、CC Hair といものがあるので、これを実行します。そうすると、何かぶつぶつした様な模様が出てきました。少し拡大率を上げてみましょう―50%位にすると、こんな感じですね。では、これだと何か分かりにくいですが、この Length という所ですね、これを 40 にしてみると、この様な感じとなりました。この CC Hair というのは、読んで字の如くこの、毛みたいな感じですね。動物の毛みたいな質感のテクスチャを作るエフェクトです。このままだとよく分からないのですが、これ、うまく活用すると、色んなものが描けます。では、芝生っぽくするには、まず Hair Color ですね。 これを緑っぽくして行って、ちょっと濃い目の緑ですね、これ位にしてみましょう。はい、OKします。色は大分変りましたけど、まだちょっと芝生っぽくはないですね。ではこの詳細の中にあるAdd Noise というのがあるので、これを増やして行きます。するとこの様にして、どんどんランダムになって行きますので、これを大体 35位にすると、結構いい感じですね。この様な形で、この CC Hair を使うと、こうした芝生の様な雰囲気を簡単に出すことが出来ます。ただこれ一個だけだと、ちょっと単調な感じがして、やはり作りもの感が出てしまうんですね。これもっとリアリティを出すには、ちょっとひと工夫が必要です。ではそれをやってみましょう。では、今、一枚だけ、このレイヤーがありますけど、これをエフェクトがかかったままの状態で、複製します。レイヤーが選ばれている状態で、編集の複製を実行します。そうすると全く同じレイヤーがもう一枚出来ました。今全く一緒なので、重なった部分がちょっと濃くなるだけですね。そしたら、上のレイヤーですね、これの Hair Color を変えます。今、この濃い緑ですが、これをもっとくっきりと黄色い位にですね、持って行ってしまって構いません。 こんな感じにしてみましょう。もうかなり明るい黄緑ですね。色の感じが大分変りました。そしたら Add Noise の値をもっと大きくしましょう。すると更に細かく縮れたような感じになりました。そしてこの Density、これをコントロールすると、密度が減って行くのでこんな感じに、大分下地も見えてきます。Length も、ちょっと短くしてやると、これで複数の色が混じった感じですね。それで単純に重ねただけだとまだ馴染んでないですけど、上のレイヤーの描画モードをこれを例えばオーバーレイにしてやると、あくまでこの下の色が、メインとなるのですけど、そこに丁度いい感じで混じりましたね。この辺ですね、例えば、オーバーレイとか、ソフトライトにするともう少し柔らかい感じですね。ハードライトだともう少し明るさがくっきりすると。この様に描画モードによってちょっとずつ見え方が変わるので、これによって好みの感じに変えていくということが出来ます。この様な感じにすると、大分芝生の様な雰囲気が出ていると思います。Photoshop を使って、ブラシなんかを使って作っていくとちょっと手間がかかりそうなテクスチャですが、AfterEffects のエフェクトを使うと、非常に簡単にこうしたテクスチャの素材を作ることが出来ます。 この CC Hair ですね、かなり様々な応用が出来ます。勿論動物の毛皮のようなものも出来ますしもっと Noise を少なくして、Add Noise を少なくして、方向が揃った様な形をキープすると、今度は木目みたいなものも表現出来ますね。様々な応用法が考えられます。非常に面白いエフェクトなので、是非とも活用してみて下さい。

After Effectsで行う画像編集

After Effectsといえば動画を作るためのソフトだと思われていますが、実はその強力なエフェクト機能は静止画の加工や編集にも大きく役立てることが可能です。このコースではAfter Effectsで静止画を作るための基本的なやり方や画像の加工方法、図形やオブジェクトの描画、光や自然現象などの表現、3D機能の活用法などを解説します。

3時間05分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。