Photoshop CC 画像修正入門講座

スマートオブジェクトの注意点

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
RAW画像をスマートオブジェクトで開くときの方法を説明します。
講師:
02:32

字幕

Photoshop は元画像の質の保持したまま解像度などの変更を行なえるスマートオブジェクトと呼ばれる機能があります。使い方によっては便利なこの機能ですが場合によっては思わぬ結果になることもあります。その事例をご紹介しましょう。ここでは Raw 画像を開いていきます。すでに作ってあるRaw 画像をここで開きます。ここに表示されたのがRaw 画像です。そして画面の下にあるAdobe RGP と書かれたここをクリックします。クリックしますとPhotoshop でスマートオブジェクトとして開くと書かれたチェックボックスがあります。この項目にチェックを入れてOK を押します。そしてオブジェクトとして開くここをクリックします。すると Photoshop の中にスマートオブジェクトが表記されました。ちなみにここのアイコンの中のこのマークですけれどもこれがスマートオブジェクトのマークです。ここをもう一度ダブルクリックすると先ほどの Raw 画像の画面に戻ります。スマートオブジェクトに戻しておきます。そしてここでレイヤーを一つ作っておきましょう。それからスポット修復ブラシツールをここで選択します。そしてこの画像の中のいくつかスポット部分をこれで修復していきます。 このような所とかこのような所さらに、こことかこの黒いような所これでいくつか修復してみました。今修復した部分をレイヤー画面で見てみると、このようになります。この部分が今修復した部分です。ここでまた Raw 画像に戻ります。そしてここでここのホワイトバランスの色温度これをあえて極端に一番最高値まで上げていきます。色のかぶり補正もこれも上げていきます。ここは変化の違いを見るためにあえて極端なカラーバランスにしていますそして OK を押します。そうすると結果はこのようになります。つまりこの結果は元の画像を保持したまま、スマートオブジェクトを使い途中で修復すると、元画像の修正部分が後に修復した部分の画像と合わせるとこのように色が合わなくなってしまうこのような結果になるということです。便利なスマートオブジェクトという機能ですが使い方によってはこのような結果になるということになります。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。