Photoshop CC 画像修正入門講座

修正の確認

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
修正箇所の再確認についての解説します。
講師:
02:10

字幕

修正した後に最も大事なことは、最後に修正箇所の確認をしておくということです。修正後にもう一度画像全体を見直し、抜け落ち箇所がないか探してみます。ここに表示してあるのは修正を施した画像です。この画像を元に修正後の確認をしてみましょう。それではこの画像を大きく拡大してみます。(クリック)(クリック)このように拡大してみたら(クリック)まわり全体をくまなくよく見てみます。例えばこのガラスのこの部分ここに白いスポットのようなものが見つかりました。この部分ももう一度修正をしてもいい箇所かもしれません。ただ、他のガラスの部分を見てみるとこのガラスの部分全体に白いスポットのようなものがありますし例えば、この部分ガラスの写り込みこのようなものも見受けられます。このようにガラスのように写り込みや反射などさまざまなものが写るものに関してはあまり神経質にならなくてもいいかもしれません。ただ、もう一点この写真は実は大きく修正を施した箇所があります。それがこの左端の道路のこの部分です。それではこの修正した箇所の修正前の部分をレイヤー画像で見てみることに致しましょう。(クリック)これが実は修正する前の部分です。よく見るとここに草が写り込んでいるのがわかります。 ここも少し拡大してみましょう。(クリック)(クリック)(クリック)このように元はここに草が写っていたわけですけれども修正したことでこのようになりました。ただこれも拡大して見てみるとこの左端のこの部分、黒い部分が写っていたりこの草の部分一部修正し忘れている場所があります。もしくはここには道路の筋が入っていますけれども修正したことでここは消えていますし、ここの部分も消えています。このように細かく見ていくと修正し直す箇所というのが様々に見つかってきます。これはほんの一例ですけれども修正し終えた後も、今一度確認するということがとても大事なことになってきます。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。