WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

基本的なカスタムポストタイプの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Custom Post Type UI」プラグインを使って、WordPress管理画面上から、基本的なカスタムポストタイプを作成する方法について、解説致します。
講師:
02:56

字幕

このレッスンでは Custom Post type UI の プラグインを使った カスタムポストタイプの作成手順について 解説していきます それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面に表示されているのが カスタムポストタイプの 作成画面となっています こちらの画面はこちらの 左メニューの中にあるこの Add/Edit Post Types を クリックする事で 表示させる事が可能になっています この画面の中で今回注目して頂きたい部分は こちらの部分となります それでは順番にやっていきましょう まず一番上のこちらの Post Type Slug ですが こちらはこのカスタムタイプポストの 英語名となります こちらの部分にそれを入力します 今回はこの部分に「 news 」と 入力しておきます 次に一つ飛ばしてこちらの 「単数形のラベル」です こちらの「単数形のラベル」には 先ほどと違って このカスタムタイプポストの 日本語名を入力してあげます 今回はこちらの部分に「お知らせ」と 入力しておきます そして一つ戻ってこちらの Plural Label というところです こちらの部分にはこの「単数形のラベル」で 入力したこちらの内容の複数形を 入力する枠となっているのですが 日本語には英語のような 明確な複数形というものが存在していないので こちらの部分には この「単数形のラベル」で入力した 同じ内容を入力しておけばオッケーです ですので今回はこちらに 「お知らせ」と入力しておきます そして最後にこちらの「説明」という部分です こちらの「説明」の部分では このカスタムポストタイプに対して 説明文を記入することが できるようになっています ただこちらは入力必須の項目では ありませんので 今回は空白にしておきます ここまで入力が完了したらこちらの Add Post Type をクリックします するとこのように 「 news has been successfully added 」 と表示されて先ほどの設定が保存されました ここまで完了したらこちらの ブラウザの更新ボタンを押してみましょう するとこちらの左側のメニューにこのように 「お知らせ」という項目が表示されてきます このように表示されればカスタムポストタイプ の作成は完了となります 以降のレッスンでは この作成したカスタムポストタイプの 管理画面上に表示される様々な 文字列を設定する方法について 見ていきたいと思います 以上でレッスンは終了です 今回は Custom Post Type UI の プラグインを使って ワードプレスの管理画面上から 基本的なカスタムポストタイプを 作成する方法について解説いたしました

WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

WordPressは無料ブログソフト/CMSです。Custom Post Type UIというプラグインでその機能をさらに拡張すれば、さまざまな種類の投稿(カスタム投稿タイプ)や分類方法(タクソノミー)を追加できるようになり、テーマごとにコンテンツの管理や整理を手軽に行うことができます。このコースではこれらの作成方法や各種設定方法について詳しく解説します。

1時間05分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。