WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

カスタムポストタイプの各種設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成したカスタムポストタイプの、アーカイブの有無やスラッグの書き換えなどといった挙動の設定方法について、ご紹介します。
講師:
05:46

字幕

このレッスンでは作成した カスタムポストタイプのアーカイブの有無や スラッグの書き換えなどといった 挙動の設定方法についてご紹介します それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらに表示されているのが 前回までのレッスンで作成した 「お知らせ」というカスタムポストタイプの 設定画面となります そして今回注目して頂きたい部分が こちらの画面の下の方にある こちらの Settings と書かれている 以下の部分となります この部分でこのカスタムポストタイプの 各種設定を行う事ができるようになっています いろいろな項目を設定していく事が できるようになっていますが 今回は特に変更の可能性がある部分について お勧めしていきたいと思います まずこちらの Has Archive と 書かれている部分ですが こちらの部分ではこのカスタムポストタイプが アーカイブページを持てるかどうか といった事を設定する事ができます デフォルト値は False になっています False が選択されていると アーカイブページを持たないという事になって 専用の投稿一覧ページを 作成できなくなってしまいます こちらを True にしておくと 専用の投稿一覧ページを 作成する事ができるようになります そしてこちらの下の部分では そのアーカイブページの URL で 使用されるスラッグを指定する事が できるようになっていますが 通常はデフォルトのままでいいでしょう 今回はこちらの Has Archive の所を True としておきます そして次にこちらの Exclude From Search という部分です こちらの部分ではこのカスタムポストタイプに 投稿された内容を ワードプレスの検索機能で ヒットさせるかヒットさせないか といった内容の設定を行う事が できるようになっています 現状は False となっていますね これを True にしてあげることによって ワードプレスの検索機能に こちらのカスタムポストタイプに 投稿された内容を 表示させる事ができるようになります そして次にこちらの「階層」です こちらの「階層」では通常値が False になっています これが False になっていると このカスタムポストタイプで投稿された 投稿内容に親子関係を作る事が できなくなっていますが こちらを True にすることによって 投稿同士で親子関係を作ることが 出来るようになります そして次にこちらの「リライト」と 「カスタムリライトスラッグ」です この「リライト」ではカスタムポストタイプに 投稿された内容を ワードプレスのウェブサイト上で確認する時 もちろんそれぞれに URL が付いていますが その URL で利用されるスラッグ 要するに今回ですと news という アルファベットの文字です それを別の言葉に書き換えることが できるようになっています それを利用するためにはこちらを True にして こちらの「カスタムリライトスラッグ」 のところに 変更したい文字列を入力します そして次に注目して頂きたいのが こちらの「メニューの位置」です この「メニューの位置」ですが こちらの左メニューに表示される順番を 指定することができるようになっています こちらにも記載の通り 5 から 100 を 指定できるようになっています 特に順番を変更しないのであれば 空白のままでオッケーです そしてこちらの Menu Icon では こちらにアイコンのパスを 入力してあげることによって こちらの左メニューに表示されてくる こちらのアイコンですね このアイコンを差し替えることが できるようになっています そして最後にこちらの「サポート」について 見ていきたいと思います こちらの「サポート」では カスタムポストタイプの 記事入稿画面において 表示するそれぞれの項目を設定することが できるようになっています たとえばタイトルやエディターなどの 入力項目や設定項目がそれに当たります こちらにチェックを入れることによって その項目が利用できるといった形になります 例えばここでは Title と Editor に チェックを入れておきましょう そしてもう一つこちらの 「ビルトイン分類」です こちらの部分では このカスタムポストタイプに カテゴリーやタグを紐付けるかどうかを 選択できるようになっています ここでチェックを入れると このカスタムポストタイプの入稿画面で カテゴリーやタグが利用できるようになります 今回はこのままの状態にしておきましょう 以上がカスタムポストタイプの 主な設定項目となります ご紹介していない項目に関しては 一般的に変更する必要がない項目であったり 高度な機能の設定だったりするので 通常の利用においては 気にしなくても良いでしょう それではここまでの設定が完了したら 最後にこちらを保存します 保存する前に先ほどのこちらの Exclude From Search の所で True に値を変更してしまっていたので こちらを False にしておきます そして画面を上の方に戻って そしてこちらの Save Post Type を クリックします これで設定内容が保存されました 以上でレッスンは終了です 今回は作成したカスタムポストタイプの アーカイブの有無や スラッグの書き換えなどといった 挙動の設定方法についてご紹介しました

WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

WordPressは無料ブログソフト/CMSです。Custom Post Type UIというプラグインでその機能をさらに拡張すれば、さまざまな種類の投稿(カスタム投稿タイプ)や分類方法(タクソノミー)を追加できるようになり、テーマごとにコンテンツの管理や整理を手軽に行うことができます。このコースではこれらの作成方法や各種設定方法について詳しく解説します。

1時間05分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。