WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

作成したカスタムポストタイプに投稿する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成したカスタムポストタイプから、実際に管理画面上で投稿する方法についてご紹介します。
講師:
02:14

字幕

このレッスンでは 作成したカスタムポストタイプから 実際に管理画面上で投稿する方法について ご紹介します それでは早速画面の方を見ていきましょう 今こちらの画面に表示されているのが これまでのレッスンで作成してきた 「お知らせ」という カスタムポストタイプの設定画面です 今回はこの作成した カスタムポストタイプに対して 実際に投稿してみたいと思います このカスタムポストタイプに 投稿するためにはこちらの管理画面の 左メニューの中にあるこの「お知らせ」から 「新規追加」をクリックします するとこのように他の投稿や固定ページと同様 投稿の入稿画面が表示されてきました ちなみにこの画面に表示されている それぞれの入力項目は 前回までのレッスンで行った カスタムポストタイプでの 設定項目に従って表示されてきています それではこちらの部分に内容を 入力してみたいと思います はい 今回はこのように入力してみました ここまで入力できたらこちらの 「公開」ボタンをクリックします するとこのように「投稿を公開しました」と 表示されます それではこちらの「投稿を表示する」を クリックしてみましょう するとこのように入力した内容が ウェブサイト上に表示されています そして注目して頂きたい部分は こちらの URL の部分です こちらの URL を見ると このようにカスタムポストタイプの スラッグが付いているのがわかりますね これが通常の投稿や固定ページの 違いとなります 要するにカスタムポストタイプを利用すれば サイトの中でのある特定のテーマに対して 投稿を行っていく事ががという事になります これがカスタムポストタイプの 一般的な利用方法となります 以上でレッスンは終了です 今回は作成したカスタムポストタイプから 実際に管理画面上で投稿する方法 についてご紹介しました

WordPressプラグインのカスタム投稿タイプとタクソノミーを使おう

WordPressは無料ブログソフト/CMSです。Custom Post Type UIというプラグインでその機能をさらに拡張すれば、さまざまな種類の投稿(カスタム投稿タイプ)や分類方法(タクソノミー)を追加できるようになり、テーマごとにコンテンツの管理や整理を手軽に行うことができます。このコースではこれらの作成方法や各種設定方法について詳しく解説します。

1時間05分 (17 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2016年02月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。