Photoshop CC 画像修正入門講座

切り抜きツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の一部分を切り抜く方法について解説します。
講師:
03:16

字幕

画像の一部分を切り抜く切り抜きツールの方法をご紹介します。切り抜きはトリミングとも呼ばれ画像修正の中で多用される技法の一つです。ここでは切り抜きの基本動作を見ていくことと致しましょう。画像を切り抜く時は画像のどの部分を切り落とすのか最初に決めておく必要があります。不要な部分があって一部分を切り抜くわけですからその部分の見極めはとても大事になります。それではこの表示している画面を参考に見ていきましょう。この部分では例えばこの左下のこの部分黒いスポットのようなものが見られます。これはデジタル画像ではレンズの汚れだったり、センサー部分に埃が付着することでよく見受けられるものです。ここではこの部分を切り抜きたいと思います。さらに見ていくと、この左端の縦のラインのちょうど中央部分、この部分に木がフレームに差し掛かって写っているのが見えます。これも少し中途半端に感じますのでこの部分を切り抜きたいと思います。この木の部分と黒いスポットこの二ヶ所を切り抜きたいと思います。それでは切り抜きツールを起動させます。左側にあるツールパネルのうち、この部分が切り抜きツールの部分になります。ここをクリックします。(ダブルクリック)ダブルクリックすることで起動されました。 そしてポイントをそのまま画面の中に持っていき、一度左クリックします。(クリック)そうすると九分割されたラインが表示されました。さらにこの四隅の部分と縦横の真ん中の部分にハンドルと呼ばれる箇所がここに作られます。この部分にポイントを持っていき、画面の中に動かすことで切り抜く場所を自分で自由に設定できるようになるわけです。さらには画面の外枠にポイントを持っていきクリックしながら左、もしくは右に変えることで角度を変えた切り抜きもこれで対応ができます。ここでは角度を変える必要がありませんのでこのまま、平行のままで動かします。先ほど言いましたこの左のスポット、黒い部分とこの木の部分ここを切り抜きたいと思います。ちょうどサイズ的にはこんな感じでしょうか。これで切り抜きたい部分の設定は完了しました。ここで切り抜く前に一つ大事なポイントがあります。上のツールバーに切り抜いたピクセルを削除と書かれたチェックボックスが入っている項目があります。実はここは、オフにしておくことで元画像のデータを保持してくれます。もし万が一、切り抜く部分を失敗した場合ここをオフにしておけば元画像のところに戻してくれるというそういう機能なわけです。 ですから、ここはチェックボックスを外してオフにしておくことをお勧めします。それでは先ほど決めた場所の切り抜きを進めていきましょう。切り抜き範囲が決まりましたら次にポイントを画面の中に入れるもしくは Enter キーを押すことで切り抜きが完了します。これで切り抜きが完了です。とても簡単ですけれどよく使われる機能ですのでこの一連の動作、覚えておくようにしたいものです。

Photoshop CC 画像修正入門講座

このコースでは初めてPhotoshopを使う人を対象に、画像修整のさいに知っておきたい基礎知識や、基本的な修正の手順をわかりやすく解説します。コースの後半には明るさの部分修正やマニュアルパッチによる修復など少し高度な修正方法にもチャレンジします。

2時間16分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。